IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

癖が強いとはどういう意味?言われる人の特徴や性格を詳しく紹介

更新日:2023年01月04日

言葉の意味・例文

「癖が強い」は漫才のフレーズとしても有名になりましたが、具体的にどのような状態を表現しているのかご存知でしょうか。本記事では「癖が強い」といわれる人の性格や行動に見られる特徴を解説しています。癖が強い人とも仲良く付き合えるように、ぜひ把握しておいてください。

  • 髪型が個性的
  • ファッションやメイクにこだわりがある
  • 流行を気にしない
  • 人を寄せ付けないオーラがある

髪型が個性的

髪型が個性的過ぎると「癖が強い」人といわれることがあります。具体的にどのような髪形が「癖が強い」とされるのか明確な基準はありませんが、一般的な会社員の会議にモヒカンの人が現れたら「癖が強い人が来た」ということになるでしょう。 髪型だけでなく髪の色も、見た人にとって「奇抜」と感じるような色であれば、「癖が強い」といわれることもあります。

ファッションやメイクにこだわりがある

ファッションやメイクに強いこだわりが見られる人も「癖が強い」人です。「癖が強い」とされるのは、今年のトレンドを取り入れた服装やメイクをしている人ではなく、むしろ流行に左右されない独自路線を走っている人です。 コスプレや原宿ファッションも、ビジネス街で見かければ癖が強いファッションといえますが、イベント会場や原宿ではその場に馴染むファッションと受け止められます。

流行を気にしない

「癖が強い」とは、独自の路線を貫く人に対しても使われる言葉です。流行に左右されず、自分が認めたファッションや髪型を貫く人も癖が強いといえます。 70年代のベルボトムファッションを貫いた人は、同じファッションが名を変えて再流行を迎えているとしても、「流行を追う人」ではなく、「癖が強い人」といった方がよいでしょう。

人を寄せ付けないオーラがある

外観に特別派手とか奇抜といった特徴がないにもかかわらず、なんとも近寄りがたい雰囲気を醸し出している人も「癖が強い」といわれます。 人を寄せ付けないオーラを感じさせるということは、特徴がないようであっても、こだわりの強さを感じさせる外見ということです。

癖が強い人の行動的特徴

性格や見た目は普通の人なのに、行動の「癖が強い」とされる人もいます。ここでは、癖が強いとされる行動に見られる特徴について解説していきます。自分の行動とも照らし合わせてみましょう。

  • 一人行動が得意
  • 目立つ行動が多い
  • 予想できない行動を起こす

一人行動が得意

「癖が強い」人は、一匹狼のように一人で行動するのが得意だという特徴もあります。人と群れることを必要とせず、自分の考えにより一人だけで行動することも苦になりません。 癖が強いといわれる一人行動が得意な人の中にも、団体行動もできるが一人でも行動できるタイプと、団体行動が苦手で一人を好むタイプがあります。

目立つ行動が多い

行動が目立つ人も、「癖が強い」といわれることがあります。癖が強い人は、目立とうとして目立っているわけではなく、他の人と異なる外見や言動により自然と目立ってしまうのが特徴です。 自分では目立とうとしているわけではないのに、目立ってしまうことが多いという人は、「癖が強い」といわれている可能性が高いでしょう。

予想できない行動を起こす

「癖が強い」人は、普通の人からすると突拍子もない考えに基づいて行動するため、予想外の行動を起こすことがあります。癖が強い人の考えを推測するのは難しく、どのような行動に出るのかも常人には予想できません。 思ったより大胆な行動に出たかと思えば、まったく行動を起こさないこともあるなど、行動を予測することは難しいでしょう。

次のページ:癖が強い人との上手な付き合い方
初回公開日:2022年08月15日

記載されている内容は2022年08月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング