IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

癖が強いとはどういう意味?言われる人の特徴や性格を詳しく紹介

更新日:2023年01月04日

言葉の意味・例文

「癖が強い」は漫才のフレーズとしても有名になりましたが、具体的にどのような状態を表現しているのかご存知でしょうか。本記事では「癖が強い」といわれる人の性格や行動に見られる特徴を解説しています。癖が強い人とも仲良く付き合えるように、ぜひ把握しておいてください。

一般的な考え方を持たない

「癖が強い」人は、常人とは異なる発想力を持っています。一般的な人にとって「この状況ではこうする」とセオリーが決まっている場合でも、癖が強い人は独自の考えで行動するため、一般の人から見ると行動が読めない、理解できないということになります。

ひねくれている一面がある

「癖が強い」人の中には、他の人に迎合せず、ひねくれた一面を見せる人もいます。皆とはいつでも違うルートを進みたがったり、会話の中に皮肉をはさんで、相手を不快にさせたり、相手が面食らうのを楽しんだりする人は「癖が強い」といえるでしょう。

刺激を求める

「癖が強い」といわれる人の中には、刺激を求めるあまり、他人とは異なる独自路線ばかりを行っている、という人も見受けられます。 他の人と同じ平坦な道を歩くのでは刺激を感じられないため、山や谷を求めて常人と異なるルートを選ぶためです。

マイペース

マイペース過ぎるあまり「癖が強い」といわれている人もいます。周囲におかまいなしで自分のペースを守ることで、結果的に周囲の者を振り回してしまうためです。 もちろん、普通の「マイペースな人」がすべて「癖が強い」と称されるわけではありません。マイペースの度が過ぎており、自分のペースに周囲を引きずり込んでしまうような極端なケースを指しています。

こだわりが強い

こだわりが強すぎることも、周囲の人を振り回すことが多いため、「癖が多い」といわれる性格のひとつです。 他の人にとっては、まったく気にならないような部分に対して強いこだわりを主張されても、当人以外は予測して対処することも難しく、主張に納得もできません。

感受性が豊か

感受性が豊かな人の中には、普通の人よりアンテナの感度が良すぎて、感情の起伏が激しい人も見受けられます。あまりにも感情の起伏が激しすぎると、周囲の人からは「癖が強い」とか「気分屋」などと呼ばれます。 感情の起伏が激しい人の浮き沈みに、他の人はついていくことができません。不快な思いをすることも、扱いにくい人だと感じることもあり、「癖が強い」という評価に行き着くのでしょう。

自己主張が強い

自分の主張ばかり通そうとする人も「癖が強い」人と呼ばれます。自己主張の激しい人は、付き合いづらい人とみなされて敬遠されがちです。自己主張の強い人を含め、付き合いづらい性格の持ち主は「癖が強い」といわれる傾向にあります。

人との距離感が近い

「癖が強い」人の中には、パーソナルスペースを必要以上に詰めてくる人もいます。まだそれほど親しいわけではないのに、馴れ馴れしく接してくる人も癖が強い人といえるでしょう。 物理的にも心理的にも、適度な距離を保って付き合うのが一般的です。こうした暗黙のルールを守れず、独特な距離感を持って接してくる人は、「癖が強い」というカテゴリにあてはまります。

癖が強い人の外見の特徴

「癖が強い」といわれる人は、内面を評価していわれることもありますが、外観のみで判断されていることもあります。 ここでは、「癖が強い」と評価される見た目の特徴について解説していきます。「癖が強い」と周囲から評価されていないか、自分の見た目についても確認してみましょう。

次のページ:癖が強い人の行動的特徴
初回公開日:2022年08月15日

記載されている内容は2022年08月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング