IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

癖が強いとはどういう意味?言われる人の特徴や性格を詳しく紹介

更新日:2022年08月31日

言葉の意味・例文

「癖が強い」は漫才のフレーズとしても有名になりましたが、具体的にどのような状態を表現しているのかご存知でしょうか。本記事では「癖が強い」といわれる人の性格や行動に見られる特徴を解説しています。癖が強い人とも仲良く付き合えるように、ぜひ把握しておいてください。

漫才師の持ちネタで「癖が強い」というフレーズを聞いたことがあるという方も多いでしょう。ここでいう「癖が強い」とは具体的にどのような状態を表現しているのでしょう。「癖が弱い」という表現もあるのでしょうか。 本記事では「癖が強い」という言葉の意味と、具体的にどのような状態を表現しているのかを解説しています。本記事を一読すれば、漫才ギャグのフレーズとしてではなく、「癖が強い」という日本語の意味を理解できます。 「癖が強い」の意味やどのようなときに使われる言葉なのかを知っていれば、再び漫才で聞いたときでも、以前とは異なる印象を受ける可能性もあるでしょう。この機にぜひ、正しい日本語の意味と使い方を理解しておきましょう。

「癖が強い」とは?

「癖が強い」とは?

「癖が強い」とは、食べ物の味に独特の強い風味があることを表現する言葉です。似た系統の言葉には「癖がある」「アクの強い」などがあります。本来は食べ物の特徴を表現する言葉でしたが、人間の特徴を表現するときも使われています。 「普通とは違う」「独特」といった意味があるため、ちょっと変わった人や、人とは違う行動をとりがちな人などを指して「癖が強い」と表現できることを覚えておきましょう。

「癖が強い」の類義語や言い換え

「癖が強い」という表現では、どのような状態を表現しているのか相手に伝わらないときは、伝わりやすい表現に言い換えて伝えてみましょう。ここでは「癖が強い」の言い換えに使える類語を紹介します。 「癖が強い」という表現だけでは伝わらなくても、表現の仕方を変えて何回か伝えれば、どのような状態を伝えようとしているのか相手も推察してくれるでしょう。

アクが強い

「アクが強い」は、山菜や野菜などにある「アク」が強く、独特の風味があることを意味しており、物事や人物の独特な性質が目立つ様子を指して使うこともあります。 意味も使い方もほぼ「癖が強い」と同じであるため、言い換えに使ってもあまり違和感がありません。

ユニーク

「ユニーク」では、物事や人物の独特な性質が目立つ様子を表現できるので、「癖が強い」の言い換えに使うこともできます。 「ユニークな人」というと面白い人をイメージするという人もいますが、「ユニーク」には「面白い」という意味はなく、他者と違って独特な人という意味で使います。

発想力が豊か

「発想力が豊か」とは、思いつく内容の独自性が高く優れている様子を伝えたいときに使われる表現です。「癖が強い」と意味が完全に一致しているわけではありませんが、どちらも「独自性が高い」ことを表現する言葉であるため、類語表現として使えます。 「癖が強い」と表現するよりも、「発想力が豊か」と表現した方が、ポジティブな表現になります。

雰囲気が独特

「雰囲気が独特」とは、個性的であることを伝えたいときに使われる表現です。「独特」という言葉は、いい意味も悪い意味も表現できます。伝える際の言葉の抑揚や調子で、褒め言葉にもけなす言葉にもなる便利な表現です。 「あの人って癖が強いよね」という表現と「あの人って雰囲気が独特だよね」という表現では、どちらも独特であることを伝えようとしているものの、ニュアンスが異なります。

癖が強い人の性格

「あの人は癖が強いよ」という話を聞いたことがある人は多いでしょう。実際に「癖が強い」と評価される人はどのような性格の人なのでしょう。 ここでは「癖が強い」とされる人に見られる8つの性格について解説します。身近な人に「癖が強い」人はいないか、自分自身が「癖が強い」人にあたらないか、チェックしてみましょう。

次のページ:癖が強い人の外見の特徴
初回公開日:2022年08月15日

記載されている内容は2022年08月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング