IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

シンママが恋愛するときに知っておきたいこと|相手の見極め方も解説

更新日:2022年07月22日

コミュニケーション

シンママが恋愛するとき、どういった点に気をつければ良いのか気になる方も多いのではないでしょうか。本記事では、シンママが恋愛するときの注意点や、相手の見極め方などについて紹介していきます。これから恋愛をしたいと考えているシンママは、ぜひ参考にしてみてください。

小学校低学年頃の場合は、「相手は赤の他人だ」という意識もしっかりしてくるため、父親として受け入れることは難しくなる場合があります。 もしも、そのように子供が感じている状態で相手と一緒に住んだり、再婚したりすれば「母親を取られた」「居場所がない」と感じて、寂しい思いをする可能性があるでしょう。子供が寂しい思いをしないためにも、まずは子供の気持ちを優先してあげてください。

思春期を迎える頃の場合

思春期を迎える頃は、反抗期を迎えていることも多いため、一緒に住んだり再婚したりするタイミングとしては、難しい時期になるでしょう。 血のつながった親子でさえ、衝突することが増えていきます。そこに赤の他人が一緒に住むことになれば、子供にとってストレスになり、さらに不満を持つ可能性が高いです。

子供の気持ちに配慮してシンママの恋愛を楽しみましょう

子供が高校生以上になってくると、大人の考え方もできるようになってくるでしょう。「お母さんにとっての幸せ」という見方ができるため、再婚相手に対しても嫌な態度を取らなくなる可能性があります。 ただ、子供が小さいうちは、シンママの恋愛が子供にとって心の傷になってしまうこともあります。子供に辛い思いをさせないことを念頭に置いて、恋愛を楽しんでください。

初回公開日:2022年07月22日

記載されている内容は2022年07月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング