IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

シンママが恋愛するときに知っておきたいこと|相手の見極め方も解説

更新日:2022年07月22日

コミュニケーション

シンママが恋愛するとき、どういった点に気をつければ良いのか気になる方も多いのではないでしょうか。本記事では、シンママが恋愛するときの注意点や、相手の見極め方などについて紹介していきます。これから恋愛をしたいと考えているシンママは、ぜひ参考にしてみてください。

シンママという立場にいる限り、どういう相手と交際した方が良いのか、子供への影響や不安など、考えることは多いでしょう。 恋愛を楽しんで、再婚するというのが難しく感じる方もいるのではないでしょうか。ここでは、シンママが恋愛を楽しんで再婚するにはという点について、紹介していきます。再婚を検討している方はぜひ参考にしてください。

素のままの自分でいることを心掛ける

「相手に好かれたい」という強い気持ちから、自分の良い面ばかり見せていると、いざ交際して同棲や再婚したときにボロが出ることがあるでしょう。 相手への思いやりなどは付き合っていく以上大切ですが、素の自分との差が激しいと、相手も驚いてしまい別れにつながる可能性があります。できるだけ、素のままの自分でいることを心掛けてください。

引け目を感じずぎない

「1度結婚を失敗しているから」「子供がいるから」など、自分に引け目を感じる必要はありません。自分の価値を小さく見積もってしまうと、あまり良い相手とは言えない人間を引き寄せてしまうことがあります。 また、自分に自信がなくネガティブ思考を持つ女性の場合、女性を下に見た考え方をする男性を引き寄せてしまうこともあるでしょう。

友達や周囲の人を大切にする

友達や周囲の人を大切にすることで、自分の味方についてくれる人を増やすことにもつながります。味方になってくれる人たちは、精神的な支えになってくれるでしょう。 恋愛や子供のことなどで悩んだ多ときに、相談できる人がいるというのは心強いものです。そういった相手に恵まれるためにも、まずあなたが周囲の人間を大切にすることから始めてみてください。

仕事や育児を頑張り過ぎない

仕事や育児に力を入れ過ぎてしまうと、せっかく良い相手と出会っても、恋愛に割く力が残っていない可能性が高いでしょう。毎日忙しいシンママは、疲れて何もしたくないときは「○○しなければ」とは思わず、手抜きをすることを考えてみてください。 自分を追い詰め過ぎず、身体を休めて、ゆったりした気持ちを持てるようにしましょう。余裕が出てくれば、また恋愛に力を入れようとする元気も湧いてくるでしょう。

シンママが子供の気持ちに配慮するには

再婚を考える場合や相手と一緒に暮らすことを考えると、子供に配慮できるかという問題が浮上してきます。シンママの恋愛は、2人だけの問題ではありません。子供のことを第一に考える必要があるでしょう。 最後に、シンママが子供の気持ちに配慮するにはという点について解説していきます。ただし、子供の年齢によって受け止め方は変わってくるため、注意が必要です。

3歳頃までの幼児の場合

3歳頃までの幼児はまだ幼いこともあり、相手のことを「パパ」と認識してくれて、一緒に住む場合も上手くいきやすいでしょう。子供も小さいうちは、パパがいないことを寂しく思って「パパが欲しい」と純粋に思っていることもあります。 そのような気持ちが相手にも伝わると、「この子の父親になろう」という意識も芽生えます。血のつながりがなくても、子供を可愛いと思うようになりやすいでしょう。

小学校低学年頃の場合

次のページ:子供の気持ちに配慮してシンママの恋愛を楽しみましょう
初回公開日:2022年07月22日

記載されている内容は2022年07月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング