IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

切りっぱなしボブの失敗例は?似合う条件やヘアアレンジもあわせて紹介

更新日:2022年11月21日

暮らしの知恵

切りっぱなしボブの失敗例をご存知でしょうか。本記事では、切りっぱなしボブの失敗例と、似合うヘアアレンジ、セルフカットの方法をご紹介しています。切りっぱなしボブについて、失敗しないオーダー方法などを知りたい方は、ぜひ読んでみてください。

「切りっぱなしボブってどんな髪型?」 「切りっぱなしボブの失敗例はどんな感じ?」 「切りっぱなしボブが似合う条件はある?」 トレンドの切りっぱなしボブにチャレンジしてみたいけれど、新しい髪型にするのは不安ではないでしょうか。 本記事では、切りっぱなしボブの失敗例や似合う条件、ヘアアレンジなどを中心にご紹介します。また、失敗例を参考にすることでその対処法も先回りしてチェックすることができます。 今までとは違う髪型にしたい、髪型を変えてイメージチェンジをしてみたいなど、トレンドの切りっぱなしボブにチャレンジしたい人の背中を押すことができるでしょう。 切りっぱなしボブに興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

切りっぱなしボブとは?

毛先のラインがパツッと切り落とされているのが、切りっぱなしボブの特徴です。 ストレートラインをきれいに出したり、アイロンを使ってゆるく巻いたりとヘアアレンジも自由自在にできます。切りっぱなしボブは、アレンジ次第で全く違った雰囲気を出せるので、おしゃれ好きな人にぴったりの髪型です。 また、今までショートやロングでボブに挑戦したことがない方のイメージチェンジにもおすすめの髪型です。 しかし、失敗例としては束感がうまくでなかったり、毛先が広がりやすくなることもあります。バランスが重要な髪型です。

切りっぱなしボブと通常のボブの違いは?

切りっぱなしボブは、毛先のラインがパツッと切り落としているのに対して、通常のボブは毛先に向かって段が入っています。そのため、通常のボブだとシルエットが丸くなるイメージをすると良いでしょう。 通常のボブは、前上がりに短くなるようカットするボブもあれば、襟足を短くするショートボブなど、種類も豊富です。 反対に、切りっぱなしボブはストレートな切り口なので、ショートボブより長めのものが多いでしょう。失敗例として、まっすぐ切りすぎて市松人形状態になることもあります。バランスを見ながら切ることが大事な髪型です。

切りっぱなしボブはなぜ人気?4つの理由

切りっぱなしボブがトレンドになるほど人気が出たのには、4つの理由があります。 お手入れのしやすさや、トレンド感、コテなどのアレンジなど、さまざまな要素がおしゃれに敏感な人にぴったりの髪型です。 ここでは、切りっぱなしボブが人気の理由をそれぞれご紹介します。

1:お手入れがしやすい

切りっぱなしボブは、特別なスタイリングしなくても決まるお手入れのしやすさで人気です。 ロングヘア―に比べて、シャンプーやドライヤーにかける時間が短縮できるのも、切りっぱなしボブのメリットと言えるでしょう。長時間ドライヤーをかけるわずらわしさから解放されたい方にもおすすめです。 また、簡単なお手入れでトレンド感が手に入るため、髪の毛のお手入れに時間をかける余裕がないときにも良いでしょう。

2:旬の髪型でおしゃれ

髪型にも洋服と同じようにトレンドがあり、ナチュラルで旬のおしゃれを楽しめるのが切りっぱなしボブです。 そのままストレートでも、ナチュラルな素髪感を楽しめます。切りっぱなしボブは首を見せることで、夏は涼しく、冬はニットなどの厚手素材の服でも重く見えません。 このように、切りっぱなしボブは季節を問わず、いろんなジャンルのファッションともマッチします。そのため、旬の髪型でおしゃれに見えるのです。

3:内巻きでも外ハネでもかわいい

内巻きや外ハネのどちらのスタイリングもかわいく仕上がるのが、切りっぱなしボブの人気の理由です。 ボブの長さなら、コテが苦手な人でもストレートのヘアアイロンで簡単に巻くことができます。くるっとワンカールさせて柔らかい雰囲気の内巻きにしたり、外ハネで大人っぽい雰囲気を出したりと、簡単にイメージチェンジが楽しめるでしょう。 普段あまりヘアアレンジしない人でも、手軽にアレンジができる良さが、切りっぱなしボブにはあると言えます。コテやアイロンが苦手でも、長さがない分、失敗例も少ないのが魅力です。

4:アレンジもしやすい

巻くだけじゃないヘアアレンジのしやすさも、切りっぱなしボブの人気がある理由の1つです。 切りっぱなしボブは、そのままでもかわいいシルエットが出せますが、ひとつに結ぶだけでも爽やか感がアップします。ラフに手ぐしでスタイリングしたり、リボンやピンでアレンジするだけでも良いでしょう。 また、ロングヘアに比べるとアレンジする手間も省けます。あみこみなど時間がかかるアレンジも簡単にできるので、失敗例もなく、時短でおしゃれがしたい人におすすめです。

次のページ:切りっぱなしボブの3つの失敗例
初回公開日:2022年06月24日

記載されている内容は2022年06月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング