IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

何よりですの意味と使い方|類語・例文・英語や使う際の注意点も紹介

更新日:2022年06月23日

言葉の意味

ビジネスシーンでよく耳にする「何よりです」という言葉。ニュアンスは分かるけど・・と曖昧なまま使ってはいませんか?この記事では、「何よりです」に関して意味や例文、注意点をご紹介しています。取引先や上司などに好印象を与える為にも、ぜひ参考にしてください。

目上の方に対し、頻繁に用いられる「何よりです」という言葉。 喜ばしい時に使う便利な言葉ですが、「何よりです」で会話を纏めてしまってはいませんか? 意味を知らず、なんとなく自然な流れで使っている方は多いのではないでしょうか。 本記事では、「何よりです」の意味の他に、状況や相手に合わせた使い方をご紹介します。 多様な類義語も使いこなせるよう、場面ごとの例文や、言葉を使う際の注意点も併せてご紹介しているので、よりスムーズな使い方を知る事ができるでしょう。 場面ごとでの正しい使い方を習得し、ビジネスシーンで相手からの好感度・信頼度アップにも繋がります。 言葉を使いこなし、ワンランク上の会話力を身に付ける参考にしてみてください。

何よりですの意味・読み方

「何より」とは「どんなことより」という意味を持ち、下記のような前向きな気持ちを含んだ汎用性のある言葉です。 ・素晴らしい ・安心した ・嬉しい これらの気持ちを踏まえ、「何よりです」についてご紹介していきます。

何よりの意味

「何よりです」とは、「これ以上良いことはない」という意味があり、相手に対して自分も喜ばしいという共感している時や親近感を持っている時の表現にもなります。 この事から、「何よりです」は相手に対して最良・最上の状況に共感した、自分の嬉しい気持ちを伝える言葉として使う事ができます。

何よりも嬉しいですの省略語

「何よりです」は「何よりも嬉しいです」を省略した、慣用表現の言葉です。 様々なシーンで相手と良好な関係を保ち、自分の主張を伝える為の有効な手段として用いる事ができます。 日常的に使われる慣用表現だからこそ、正しく使いたいものですね。

何よりですは丁寧語にあたる敬語表現

「何よりです」は、「何より」に「です」という丁寧語が文末についた敬語です。 したがってビジネスではもちろん、カジュアルな場でも使う事ができる為、目上の人だけでなく友人など身近な人物に対しても使える表現です。 また、「何よりです」は省略形ですが文法的にも正しい尊敬語である為、取引先の相手や上司に使う場合でも問題はありません。 「です」が付かない場合は敬語ではない為、使用方法には注意が必要です。

何よりでございますがより丁寧な表現

「何よりです」をより丁寧に言うには、「~でございます」と言う丁寧語をつける事により、更に丁寧な表現となります。 例えば、社長や取引先の上司など自分よりもずっと目上の人に使う言葉としては、「何よりでございます」を用いるのに適した場面です。 または「思う」の謙譲語の「存じます」を組み合わせ、「何よりと存じます」を使う事で、へりくだり、礼儀正しい印象を与える事ができるでしょう。

何よりですの由来

「何より」は抽象的な言葉で、何を指している事なのかが曖昧です。 「何より」とは「どんなものより」という意味となる為、結果的に「他より優れていること」また「一番良いもの」という意味の表現となります。 このような意味があり、直接的ではない表現がビジネス用語として活用されてきましたが、日常的に目上の人に使う丁寧な言葉としても頻繁に使われるようになりました。

何よりですの類語・言い換え

同等の相手に対するカジュアルな言葉や、目上の人に対してのみ使用する言葉など、シーンに分けて様々な使い方があります。 状況に応じて使い分けられる、6種類の類語・言い換えの言葉をご紹介します。

次のページ:よかったです
初回公開日:2022年06月23日

記載されている内容は2022年06月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング