IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

宥めるの意味とは?使い方がわかる例文や対義語・英語表現も紹介

更新日:2022年07月04日

言葉の意味

「宥める」という言葉についての読み方や意味はご存知でしょうか。本記事では、目的や場合に合った「宥める」の使い方から、英語表現をした場合の解説などを紹介します。「宥める」の意味について理解し、使いこなしたい方は、是非チェックしてみて下さい。

「『宥める』の意味・読み方が分からない」 「『宥める』と似た言葉に『和ます』や『鎮静』があるけど、違いが知りたい」 「どういう場面で『鎮める』が使えるのか知りたい」 このように、普段「宥める」という言葉を使うことがある方でも基礎知識について沢山の疑問があるのではないでしょうか。 本記事では「宥める」の語源や字義といった基礎知識に加え、似た言葉との違いや例文を用いた使い方を紹介します。 この記事を読むことで、「宥める」を使う際に必要な知識について把握できます。その知識をもとに適切な場面で「宥める」を使えるようになるため、使い所に不安を抱えている方でも自信を持って使えるようになるでしょう。 「宥める」について詳しく知りたいと思っている方は、是非この記事をチェックしてみて下さい。

宥めるの意味・読み方

「宥める」には「抽象的・精神的になだらかにする」「物事を和らげて整える」といった意味があり、誰かの行動について憤慨している人を平穏な気持ちになるよう仲裁したり、慰めたりすることを表します。 読み方の「なだめる」は、一度は聞いたことのある言葉ではないでしょうか。

宥めるの語源や字義

日本語に古くからある「なだむ」を語源とし、「人の心を穏やかになるようにすること」といった意味があります。 漢字の「宥」は、音読みで「ユウ(イウ)」、訓読みで「ゆる(す)」「なだ(める)」と読み、「大目に見る」「なだめる」といった意味があります。

宥めると似た言葉との違い

「宥める」を辞書で調べてみると類語として様々な言葉が紹介されていますが、それぞれが持つ意味は微妙に異なるため、場合や場面によって適した使い方が選択できるように知っておくといいでしょう。 ここでは、宥めると似た言葉との違いについて紹介します。

「宥める」と「和ます」

「和(なご)ます」には、「すさんだ気持ちなどを落ち着いた状態にすること」という意味があり、場の雰囲気を穏やかにしたり、心理状況をやわらげたりすることを表します。 気持ちが高ぶっている相手に使う「宥める」よりも、緊迫度が緩い状況で使われる違いがあります。

「宥める」と「鎮静」

「鎮静(ちんせい)」には、「騒ぎを平穏または安静に落ち着かせること」という意味があり、物価の高騰が落ち着くことや暴動を静めることを表します。 精神的に落ち着かせる「宥める」と比較すると、動きのあるイメージを持つものを押さえつける違いがあります。

「宥める」と「慰撫」

「慰撫(いぶ)」には、「病人や弱い立場にある人などに気を配って親切に接すること」という意味があり、労をねぎらったり、養生したりすることを表します。 相手の気持ちを落ち着かせる「宥める」と比較すると、相手の気持ちに寄り添って行動する違いがあります。

宥めるの使い方

次のページ:宥めるの例文
初回公開日:2022年07月04日

記載されている内容は2022年07月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング