IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

お嬢様言葉の使い方と上品に話すテクニックを解説!挨拶・悪口一覧も

更新日:2022年03月07日

言葉の使い方

お嬢様言葉の起源や使い方、挨拶や悪口などの特徴的な言葉一覧や変換方法、注意点などを紹介します。また、お嬢様言葉を使わなくても上品に話せる会話のテクニックも記載しています。お嬢様言葉を知り、使い方をマスターしてみましょう。

お嬢様言葉の使い方をマスターしよう

「ごきげんよう」などのお嬢様言葉を聞くと、「育ちの良い人なのかな」と思うこともあるでしょう。お嬢様言葉は、普段の生活ではなかなか聞かず、使いづらい言葉でもあります。 しかし、お嬢様言葉は丁寧で、例え悪口であっても上品に聞こえます。「お嬢様ではない」という人も、お嬢様言葉を使うと上品な印象を与える可能性が高いです。魅力的なお嬢様言葉を知り、使い方をマスターしましょう。

お嬢様言葉とは?

お嬢様言葉とは、言葉どおりに「お嬢様が使う言葉」と思っている人が多いです。まずは、お嬢様言葉の起源と定義について紹介します。いつから使われているのか、どのような言葉をお嬢様言葉というのか、見ていきましょう。

お嬢様言葉の起源

お嬢様言葉の起源は、明治時代の「女学生言葉」(あるいは「てよだわ言葉」)が起源とされています。 「女学生言葉」は「芸者の下品な言葉遣い」として、マスコミから非難を浴びることもありましたが、次第に文学の中にも登場しはじめ、世間に浸透していきました。

お嬢様言葉の定義

お嬢様言葉は、言葉を省略しない、相手が誰であれ敬語、相手を立てる話し方などの特徴があります。また、特徴的な語尾や挨拶があり、スピードもゆっくりで一定です。否定的な感情もオブラートに包み、汚い言葉は使いません。

お嬢様言葉の使い方のポイント

お嬢様言葉を使うポイントを8つ紹介します。お嬢様言葉のポイントについて順番に見ていき、良いなと感じたポイントを自分の話し方に取り入れましょう。一人称や言葉の語尾を気を付けるだけでも上品な言葉になります。

ポイント①相手を立てる

お嬢様言葉を使うポイントで大事なのは、相手を立てることです。相手への敬意をあらわす「尊敬語」や自分をへりくだり相手を高くする「謙譲語」を使用します。例えば、「言う」の尊敬語は「おっしゃる」や「言われる」、謙譲語は「申し上げる」「申す」です。 学校で習った「尊敬語」や「謙譲語」ですが、使い慣れていないととっさには出てきません。また、使い方に迷う人もいるでしょう。よく使う言葉については、一度確認することをおすすめします。 そして、相手を立てる話し方をするためには、謙虚な気持ち、相手を尊敬する気持ちを持つと言葉や態度に表れやすいです。もちろん、相手をけなす言い方はしません。

ポイント②言葉を省略しない

次のページ:ポイント③家族や友人にも敬語を使う
初回公開日:2022年03月07日

記載されている内容は2022年03月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング