IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ご不明な点がございましたら」の使い方は?使用場面や例文を紹介

更新日:2022年09月26日

言葉の使い方

本記事は「ご不明な点がございましたら」の意味や具体的な使い方を解説します。主にビジネスシーンで使われる言い回しで、ここでは会話やメールで使うときの注意点を紹介しています。また、「ご不明な点がございましたら」の英語表現なども紹介していますので、是非ご覧ください。

「ご不明な点がございましたら」とメールに書かれていたら、必ず返信するべきなのでしょうか?もし、疑問がなかった場合、ある場合、それぞれどう対応するべきなのか解説します。

疑問点がなければ返信しなくても良い

「ご不明な点がございましたら、ご連絡ください」と言われたり、メールに書かれていたりすることがあります。もし疑問や質問が無ければ、基本的に返信は不要です。 「不明な点は今のところございません」と返信しても構いません。しかし、ビジネスシーンでは、無駄なやりとりを嫌うクライアントも多いです。他に何か挨拶や回答を返す必要があれば、返信する程度で良いでしょう。

気になる点は明確に伝える

逆に、質問や疑問があるときは、不明点を整理し、明確に伝えましょう。複数の問い合わせがある場合は、付番して箇条書きで書いてみるのもオススメです。相手が返事をする場合にも回答しやすくなります。また、後々疑問が出てきた場合の問い合わせ先も聞いておくと安心です。

「ご不明な点がございましたら」をビジネスに活用しよう

「ご不明な点がございましたら」の意味や使い方を紹介してきました。ビジネスシーンでは、関わる人達と、少しずつ距離を縮めて信頼関係を築いていく必要があります。 「ご不明な点がございましたら」は、相手に配慮しながら説明の理解度も図ることができる便利な言葉です。こうした丁寧な言葉が自然に使えるようになると「一般常識をわかっている社会人」というワンランク上の印象となります。正しい使い方で、積極的に活用していきましょう。

初回公開日:2022年01月05日

記載されている内容は2022年01月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング