IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「めんそーれ」ってどんな意味?知っておきたい沖縄の挨拶7選!

初回公開日:2020年04月30日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2020年04月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉・雑学・歴史

沖縄方言の「めんそーれ」という言葉の意味をご存じでしょうか。本記事では、沖縄で交わされるいろいろな挨拶の仕方や、方言の意味をご紹介すると共に、実際に沖縄へ旅行に行った時などに役立つ情報を記載しています。沖縄の言葉や文化に興味のある方はぜひ参考にしてください。

「めんそーれ」とは?

「めんそーれ」という言葉は沖縄県の方言で、人への挨拶の意味合いで使われます。その言葉の意味は状況によって変化します。 本来の「めんそーれ」は「いらっしゃい」というような歓迎を意味するの言葉です。 しかし「めんそーれ」は「いらっしゃい」の他に、「こんにちは」や、場合によっては「おはよう」といったニュアンスも含み、状況によって柔軟に使うことのできる言葉です。

「めんそーれ」の意味は?

先述したように、「めんそーれ」の意味は「いらっしゃい」や「こんにちは」「おはよう」などといった挨拶時に使われ、相手や状況によって使い分けられることがあります。 沖縄に旅行に行った際は「めんそーれ沖縄」と声をかけられることがあるかもしれません。相手を歓迎する時や挨拶に使われる言葉なのです。

「めんそーれ」の由来は?

「めんそーれ」の由来は?
※画像はイメージです
出典: https://pixabay.com

「めんそーれ」の由来については諸説ありますが、日本の古語にまでその語源がさかのぼると言われています。 「参り召(め)しおはれ」、「参り候(そうら)へ」といった日本の古語から変化した言葉で、「めんそーれ」の「めん」というのは「召す」となり、「そーれ」の部分は「候(そうら)へ」が訛った形だという説があります。 沖縄が琉球王国だった時代に使われていた言葉の名残が、現在も使用されている方言だと言われています。

場面によって意味が違う「めんそーれ」の使い方3つ

さてここからは、「めんそーれ」が場面や状況によってどのようにその使われ方が変わっていくのか、実践を踏まえて確認していきましょう。 沖縄の言葉(琉球表現)というのは、他の地方では使われていない独特の言い回しがほとんどなので、実際に使って覚えるとよいでしょう。

「めんそーれ」の使い方1:家などにお客人が来た時

まず自分の家にお客様を迎え入れる時に使われる「めんそーれ」の意味は「いらっしゃい」です。 相手を歓迎する意味で使われる「めんそーれ」は、相手との関係性を問わず「ようこそ来られました」という意味で使用されることが多いそうです。

「めんそーれ」の使い方2:待ち合わせなどで先に待っていた時

沖縄観光などでレジャー施設へ行ったり、またバス停や喫茶店などで待ち合わせをする場合に使われる「めんそーれ」の意味も、基本は「よく来たね」という意味になります。 この場合は「いらっしゃい」とは少しニュアンスが違い、「こんにちは」や「どうも」「元気だった?」や「久しぶり」などの意味合いで使われることが多くなるでしょう。主に友人・知人同士の間で使われる「めんそーれ」の表現だそうです。

「めんそーれ」の使い方3:空港などでお客さんを迎え入れる時

アクセスランキング