IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「切ない」の意味とは?「悲しい」との違いや類語などを紹介

更新日:2023年09月24日

雑学・歴史

この記事では、「切ない」の意味と使い方や類語を解説しています。また、「悲しい」の違いも例文を紹介しながら説明していきます。似たような言葉が多い中、意味を理解することで正しく使うことができます。「切ない」という言葉をマスターしましょう。

自分の思いと異なる、良くない事態に陥った状況で使うことができます。 「大切にしていたものなのに、自分の過失で無くしてしまい悲しい」という例文を用いると、より理解することができます。予測していなかった事態に陥るとつらく悲しいことが多いです。そんな状況のとき使えばうまく感情表現ができます。

一言で違いを言うと

「切ない」と「悲しい」の言葉の意味や使い方について紹介してきました。どちらもネガティブで気持ちが落ち込んでいるときに使う言葉ですが、使い分けはなかなか難しいです。 使い方や例文を参考に、正しく使うようにしましょう。

悲しいという気持ちの先が切ない

一言で違いを言うと「切ない」は「悲しい」よりも胸が苦しく、締め付けられるようにつらいことをいいます。 つまり、泣くほど悲しいという気持ちの先に「切ない」という気持ちが存在します。悲しさが原因で、胸が締め付けられる気持ちになります。

切ないの類語3つ

ここからは、「切ない」の類義語を紹介していきます。「悲しい」以外にも「切ない」という言葉の類似語があります。 ここで取り上げる類義語は、「やるせない」、「もの悲しい」、「悩ましい」の3つです。どれも聞いたことはあるけれど、正しい使い方は理解できていないという方も多いのではないでしょうか。それぞれ説明していきますので違いを理解しましょう。

切ないの類語1:やるせない

「やるせない」は、思いを晴らす方法が無いことをいいます。気持ちのやり場がなく、解決したい事柄があるにもかかわらず、どうしようもできないという感情を表す時に使います。 自分では解消できない、晴らせない気持ちを「やるせない」といいます。「やるせない」という言葉も自分の思い通りにいかず、気持ちが落ち込んでいる表現ができます。どうしようもないときに使うと、しっかり意味を理解しているなと思われます。

切ないの類語2:もの悲しい

次のページ:切ないとは感情表現の方法の一つ!しっかりと理解して思いを伝えていこう!

記載されている内容は2022年11月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング