IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「切ない」の意味とは?「悲しい」との違いや類語などを紹介

更新日:2022年11月17日

雑学・歴史

この記事では、「切ない」の意味と使い方や類語を解説しています。また、「悲しい」の違いも例文を紹介しながら説明していきます。似たような言葉が多い中、意味を理解することで正しく使うことができます。「切ない」という言葉をマスターしましょう。

切ないの意味とは

切ないの意味とは

「切ない」という言葉を聞いてどういった印象を持たれるでしょうか。とても複雑で説明しにくい感情を表現する言葉のひとつです。日常でよく使う言葉ですがはっきりした意味が分からないという方もいらっしゃるでしょう。 切ないの意味とは、「寂しさや苦しさなどで胸が締め付けられるような気持ち」であることです。この記事では、「切ない」という言葉の意味から使い方や例文を紹介していきます。また、類語の紹介や細かい違いも解説しているので、一つひとつ理解していきましょう。

悲しいとは違うのか

似ている言葉のひとつとして「悲しい」が挙げられます。切ないと悲しいは一緒に使われることが多い言葉ですが、少し意味合いが違います。「悲しい」とは、心が苦しくて泣きたくなるような気持ちであることをいいます。 どちらもネガティブな意味ではありますが、胸が締め付けれられる様子が「切ない」という言葉には当てはまります。逆に「悲しい」とは、泣きたいときやショックなことが起きたときに使われる場合が多いです。どちらも感情を表現する際に使います。

切ないの意味と使い方2つ

ここからは、「切ない」の意味と代表的な使い方について紹介します。日本語は使い方によって意味合いや、ニュアンスが変わってきます。「切ない」は基本的にはネガティブな気持ちを表現するものですが、状況に応じて使い分けることができると良いです。 時には、肉体的に苦しい場合に使うことがあります。肉体的につらい、しんどいときも「切ない」という言葉が使えるので、表現の一つとして覚えておくと良いです。その他、正しい使い方ができるよう意味も理解しておきましょう。

切ないの意味と使い方!意味1:寂しさや苦しさなどで胸が締め付けられる思いで辛いこと

「切ない」の意味は1つ目は、自分ではどうしようもできない事象に対して、あまりにもつらく涙が出てきそうになることです。友人や恋人と会いたいのに会えない寂しさや苦しさが募り、つらい状況で「切ない」という言葉を使うことができます。 「切ない」の主な意味は胸が締め付けられることなので、恋愛の場や夕焼けの情景の場面で使われます。苦しさや寂しさ以外にも、異性とうまくいかない場面で出てきます。

切ないの意味と使い方!意味2:異性とうまくいかない時にこみ上げる思いのこと

次のページ:悲しいの意味と使い方

記載されている内容は2022年11月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング