IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「就活」と「起業」を選ぶために考えること

更新日:2022年08月06日

就活事情

大学卒業後、または専門学校、高等学校を卒業したあと、就職活動を行うというスタイルが一般的です。ですが、必ずしも就職活動をして企業などに就職しなければいけない。というわけではありません。独立するために大学や専門学校へ通い、努力されている方もいると思います。

上記ポイントを意識することでわかり易く伝えることができます。ます、独立願望がない場合は「ありません」と回答するだけで終わります。独立願望が「ある」場合はきっかけとなる出来事や自身の想いをはっきりと伝えます。些細なことでも良いので、なぜ「ある」なのかが分かる理由を考えておく必要があります。

次に、明確な目標を具体的に話す。例えば、何歳までにどの業種でこうなりたい。独立したい。などの思いや考えを伝えます。

独立願望のある応募者には「何歳でそうしたいですか?何で独立するのですか?」と確認されるケースが多いようですので、事前に自分のプランをしっかりと考えておきすぐに答えられるよう対策をしておきましょう。

すぐに答えられない。や回答があいまいだと「うそをついているのではないか」「本当は器の小さい人間なんじゃないか」と勝手に憶測、判断される可能性があります。また、明確な目標はあるけれど、まだ詳細が決まっていない場合は、そのまま素直に回答しても特には問題ありません。

起業したいですか?を回答する場合の注意点

「御社で勉強した後にいずれは独立したい」などと回答すると「会社は勉強する場ではない!」と印象が悪くなる可能性がありますので、伝え方のニュアンスに注意が必要です。また、「近い将来、起業を考えています」という回答もタブーです。採用してもすぐに辞めてしまうのではないかと判断されることがあるので、控えましょう。

アクセスランキング