IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就職できなかった大学生は卒業後どうなる?末路の一例

初回公開日:2017年04月06日

更新日:2020年05月29日

記載されている内容は2017年04月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活事情

就職できなかった大学生はどうなるのでしょうか。新卒採用で就職できた人達は安心して今後の人生が送れます。しかし今の時代、新卒で就職しても色んな試練があります。新卒で就職できなかったからと言って落ち込む必要はあるのでしょうか。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就職できなかった大学生は卒業後どうなるの?

大学卒業すると同時に働く為に就職活動を頑張っている大学生は多いと思います。しかし、就職できなかったという人もいるでしょう。就職ができなかった大学生はどうなるのでしょうか。少し前だと不景気の煽りを受けて、大学卒業しても就職できなかった人で溢れていました。その影響もあって、ある年齢の層は今でも正社員として働いている人も少ないです。 終身雇用が当たり前だった一昔前と比べると、今は転職を繰り返して自分に合う職業を探す傾向が強いです。そのことを考えると新卒で就職できたからと言って、その会社にずっと勤める訳ではないと考えられます。就職できれば一先ず安心はできます。就職できなかった人はまず、不安な気持ちと戦うことが最初の試練だと言えるでしょう。

就職率

最近の新卒者の就職率は、97%と言われていて、就職氷河期と言われている時代からするととても高いです。景気が回復していると捉えられますが、企業側が積極的に新卒者を雇用している背景があります。 新卒者を雇用することで若い層の社員が増えます。このことによって起業に新しいセンスを取り入れることができるのです。新しい考え方というのはいつの時代にも必要不可欠です。時代に取り残されない為にも若い人達のセンスが必要になってきます。 そして、将来のリーダー格になる人材を育てる為にも、若いうちに教育していく必要もあります。経営の中心となるような人材を中途採用で見つけるよりも、若いときから育てていく方が確実性が高いからです。

就職できなかった人の末路例

大学を卒業して、すぐに就職できなかった人はどうなるのでしょうか。とても不安に感じている人は多いと思います。今では就職率も良いので、就職できなかったという人は少ないかもしれません。自分の希望に合う職が見つからずに、敢えて就職をしなかったという人もいると思います。 新卒で就職できなかったというだけで、そんなに落ち込むことはないでしょう。一人で生活していくには、色んなやり方があります。色んな経験を積んでから、中途採用で正社員として働く方法もあります。 自分がやりたい職種のアルバイトや派遣社員として働いて生活している人もいます。また自分で起業して、自分の実力を試している人もいるのです。

アルバイトや派遣社員

就職できなかった人達の多くは、アルバイトや派遣社員として働いている人が主でしょう。実際、正社員として働くよりも派遣社員として働いた方が稼げるところもあります。しかし、派遣社員だと契約期間が終わると会社を辞めなければいけません。長く働きたい人にとってはあまり良い環境だとは言えません。 派遣社員から正社員を目指す人もいますが、この道も険しく中々正社員としては働けないのが現状です。 しかし、視点を変えれば色んな経験ができるメリットがあります。一つの職場にずっといる訳ではないので人間関係の煩わしさも感じることが少ないでしょう。中途採用で正社員を募集している企業がありますが、実務経験者を採用する傾向があります。即戦力になる為にも派遣社員で経験を積んで、中途採用の企業に応募して正社員になる人もいます。

起業

自分のやりたい職業がない場合、起業するという方法もあります。この方法を選ぶ人は少ないでしょう。この方法はリスクが大きく、成功する保障はどこにもありません。雇われて働くことを嫌い、逃げ道のように起業を考える若者もいます。どんなリスクがあるのか調べてから起業するかどうか考えないといけません。また、ローンが組めなくなる恐れもあります。大きな買い物をするときにはキャッシュで買うくらい稼がないといけません。 起業するには、社会で働いた経験も必要になってきます。参考書だけでは分からないものがあるからです。新卒で起業している人の多くは失敗に終わっているケースが殆どでしょう。社会人として経験を積んでから起業することをお勧めします。

就職できなかったらどうしようという気持への対処法

就職活動を頑張ったけど、就職できなかった人はとても落ち込むことでしょう。自分はダメな人間なんだと自暴自棄になる人もいます。就職できなかったからと言って人間そのものを否定してはいけません。その企業は自分に合っていなかったのだと認識しましょう。そんなところに就職しても自分が苦しむだけです。自分の合っている職業をゆっくり探していきましょう。 就職できなかった理由も見つけていくと良いかもしれません。何故採用されなかったのか、面接のときの受け答えに問題があると分かったら、それを改善できるように努力していきましょう。

就職できなかったという罪悪感

「就職できなかった」というだけで、罪悪感に苛まれてしまう人がいます。社会に必要とされていないと落ち込み、こんな自分が生きていて良いのだろうがと罪悪感が生まれてしまいます。少し立ち止まって考えて欲しいのですが、働かなくても生きている人はいます。専業主婦や専業主夫の人達です。家事をするのも生きていくのに必要な仕事です。社会とは繋がりはありませんが、生きていくのに必要な仕事を家でしています。 一生懸命働いていても結婚という人生の岐路に立った時に、仕事を辞めるという人もいる訳です。そのことを考えると仕事をしていないだけで、生きている価値がないということはないと分かります。

ニート

しかし、そのままニートになってしまう若者もいます。やる気が起きずに自分の部屋に引きこもってしまい、自分の殻に閉じこもってしまいます。 ニートになってしまう原因は、自分に自信をなくしてしまっていることにあります。就職できなかったことに対して、自分は価値がないと思い込んでしまっているのでしょう。 そして、実家に暮らしていて働かなくても生きていける環境も原因のひとつです。ある程度裕福層な家庭であることが想像できます。働かないと生活できないという困窮状況であれば、嫌でも働かないといけません。 人間誰でも挫折を味わうときはあります。それを落ち込んだままにしないでください。落ち込んだままだと生活していけません。遅かれ早かれ、いずれその報いが来るでしょう。生きていくということは、それだけ大変なことなのです。

新卒採用で就職した場合

新卒者で就職した場合、しばらくは安心できるでしょう。しかし、失敗を知らない分、この仕事が自分に合わないと感じていても、辞める勇気や転職する勇気がありません。 最近ニュースにもなりましたが、ブラック企業に勤めていて、過労死や自殺に追い込まれている人達がいます。 周りの人達は口を揃えて「そんな会社辞めればよかったのに」と言いますが、その選択肢がそもそもないのです。 新卒で就職できなかった人だと、転職を繰り返している人が多いので、仕事を辞めることが出来たでしょう。一度も仕事を変えたことがない人にとって、恐怖の域でどうなってしまうのか分からない為、簡単に仕事を辞めることができないのです。

中途採用

就職できなかった人達は、派遣社員やアルバイトをしながら、中途採用の企業を狙う人が多いでしょう。新卒採用と中途採用では、中途採用を重視している企業もあるのです。 上記でも説明しましたが、即戦力になってくれるのが中途採用の企業側にとってのメリットなのです。 新卒者は大学を卒業したばかりで社会経験がありません。社会経験があるのとないのとでは大きな差があります。新卒者は長い目で見て育てていくことも目的として採用されますが、それは長くこの会社にいてもらうことが前提です。 転職が多いこの時代には合っていないやり方だとも考えられます。新卒採用よりも中途採用する方が、すぐに会社にとって大きな利益を生み出してくれる可能性があります。

スキルが身に付くバイト選び

中途採用を狙うなら、スキルが身に付くバイトを選びましょう。専門性が高い程、中途採用される可能性が高くなります。バイトや派遣社員だと未経験でも採用してくれるところが多いです。そこで実務経験を積んだ上で中途採用の正社員になれるように頑張りましょう。派遣社員であれば、主にパソコンの基本的なスキルが身に付く仕事が多いと思います。そこから発展していってWEB制作の仕事をしている人もいます。 また、接客業のバイトの経験が活かせる仕事もあります。接客の基本があると営業するときにも人への気遣いなどが自然とできるようになってくるのです。

色んな経験が出来る

新卒で就職してしまった人は、そこから仕事を変える人は中々いないでしょう。しかし、就職できなかった人は色んな経験ができるのです。新卒で就職できなかった=色んな経験ができると考え直しましょう。 実際に経験をたくさん積んだ方が、色んなものの見方ができる為発想力が豊かです。そして、何かイレギュラーが発生したときも即座に対応することができます。 これは仕事においてもそうですが、日常生活においても役に立ちます。何かあったときにすぐに対応できる人はとても魅力的です。それによって、交友関係も広がっていくでしょう。人との繋がりを大切にしていると、そこでもチャンスが巡ってくる可能性が高いです。いつどこでどんなチャンスが巡ってくるのか分かりません。チャンスが来たときの為にもいつでも動けるように準備をしておく必要があるでしょう。

視野が広くなる

就職できなかったことは、視野を大きく広げるチャンスなのです。世の中には色んなことを経験している人達がたくさんいます。就職できなかったといて嘆いている暇はありません。就職してしまっていたら経験できなかったことにチャレンジしてみましょう。その経験は自分の人生を豊かにしてくれます。仕事に対する考え方が大きく変わるでしょう。 視野が広がるとフットワークも軽くなります。いつでも自分が望む場所に行くことができるようになります。視野が狭いと一つの場所に居続けようとしてしまいます。この仕事が自分に合わなくても、ここしか自分の働ける場所はないと思い込んでしまって無理をしてしまいます。それはとても勿体ないことです。視野を広げて、自分を一番必要としてくれている場所にいきましょう。そうすることで人生はより豊かになるのです。

関連タグ

アクセスランキング