IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活に資格は必要?持っている人の割り当い・ない場合の資格欄の書き方

更新日:2020年08月14日

就活事情

就活において資格は重要になります。しかし、資格がなければ就活が成功しないというわけではありません。資格の中には業務に必要になるものもありますが、業務と全く関係のないものも存在します。そのため、資格をむやみやたらに取れば就活が有利になるというわけではありません。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就活において資格は必要なのか

就活において資格は重要になります。しかし、資格がなければ就活が成功しないというわけではありません。資格の中には業務に必要になるものもありますが、業務と全く関係のないものも存在します。そのため、資格をむやみやたらに取れば就活が有利になるというわけではありません。

自分が希望する業界において役に立つ資格を持っていることが大切になります。また、面接などの選考においては資格の内容だけでなくその資格を取ろうと思った動機や経緯などについても聞かれることがあるので、細かなことまで事前に考えておくことが大切になります。

資格を持っていない場合の履歴書の資格欄の書き方

資格を持っていない場合の履歴書の資格欄は特に書く必要はありません。もしくは自動車の免許など一般的な資格について書く程度で問題ありません。稀に資格を持っていないにもかかわらず、履歴書の資格欄に見栄を張って書いている就活生が存在します。しかしそれでは面接の際に話をすることができませんし、面接を行う面接官は採用のプロであるため悪い印象を持たれてしまいます。

就活の資格において大切なことはその資格を取ろうと思った動機や経緯です。資格欄にただ資格を書かばいいというものではないので、資格を持っていない場合、履歴書の資格欄には何も書く必要がありません。嘘の情報を見栄を張って書いてしまうことが就活の失敗につながるため注意が必要になります。

資格を取得するべき就活生のタイプ

資格を取得するべき就活生は学生時代にアルバイトや留学などを行なっていない学生についてです。多くの企業の面接では就活生の人間性や性格を知るために学問以外のことについてもかなり詳しく質問します。その中でも学生時代の経験について問うことが多くあり、アルバイトに関することや留学に関することは必ず聞かれます。

そのため、学生時代にアルバイトや留学など経験がない就活生は面接の際に質問されても回答に困ることがあります。アルバイトや留学をしていればいいというものではありませんが、話の話題としてよく取り上げられることが多いため、多くの就活生はアルバイトや留学の話題を面接では利用します。

もし、学生時代にアルバイトや留学などの経験がない就活生は資格を取得するべきであると考えられます。資格を取る際は取ろうと思った動機や資格を取るまでの経緯を整理しておくと就活を有利にすすめることができます。

また、業界によっては持っているとかなり有利に就活を進められる場合や、資格を持っていないと選考を進められない企業なども存在します。そういった業界や企業に就職を希望する就活生は必ず取ることが大切です。

資格を取得しなくても良い就活生のタイプ

資格を取得しなくても良い就活生は学生時代にアルバイトや留学、部活動などの課外活動に多く取り組んでいた就活生です。上述した通り、面接などの選考ではほとんどの場合はアルバイトや留学、部活動などについて質問することで就活生の人間性や性格を確かめます。

そのため、たとえ資格がなくても就活生の内面がわかるので特別資格が必要にることはありません。また、入社後に企業の通信教育などで資格を取ることが可能なところもあります。そうした企業を希望する就活生は特別に資格を取得する必要はありません。

また、業界によっては業務の中で資格を取得していくこともあります。資格の内容や業界によって様々であるため事前に自分で調べておくことが大切です。

資格

もし資格を取るなら、英語に関する資格が役に立ちます。その中でもTOEICという英語の資格はとても役に立ちます。近年の日本は人口の減少ととに経済規模も縮小に向かうと予想されています。しかし、世界全体の人口は増加していて世界経済は今後も緩やかながら上向きであると言われています。

アクセスランキング