IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活に資格は必要?持っている人の割り当い・ない場合の資格欄の書き方

更新日:2020年08月14日

就活事情

就活において資格は重要になります。しかし、資格がなければ就活が成功しないというわけではありません。資格の中には業務に必要になるものもありますが、業務と全く関係のないものも存在します。そのため、資格をむやみやたらに取れば就活が有利になるというわけではありません。

そのため、多くの日本の企業は海外に工場を移転させたり支店を海外に設立したりしてグローバル化を進めています。現在大企業のほとんどが海外に支店や工場を保持しており、さらにその勢いは拡大しています。こうした世界的な経済的背景から多くの企業では就活生に英語の能力を求めることがあります。英語の能力だけで採用が決まることはありませんが、有利に働くことは多くあります。

しかし、多くの就活生は日常会話における英語は使えてもビジネスで使える英語は話せないことがあります。TOEICはビジネス英語の内容を含んでいるため、多くの企業ではエントリーの際にTOEICの点数を聞くことがあります。そのため、就活生を比較する際の材料としても多く使われます。

就活生はTOEICなどの英語の資格を取ることで内定が獲得しやすくなります。また、企業によってTOEICの点数によって採用を制限することがあります。自分が希望する企業の採用に資格が必要かどうかはなるべく早いうちに調べておき、必要と判明したら就活までに取得しておかなければなりません。就活が始まってからでは遅いので早いうちから調べておくことが大切です。

さらに、企業によってはTOEICの点数などが昇進に影響することがあります。英語の資格は就活のためだけでなく将来も使うことが多くなると考えられるため取得していると非常に役に立ちます。海外に支店や工場を持っている企業の選考を受けたいと考えている就活生はなるべく取るようにすることが就活を成功させることにつながります。

取ってもあまり役に立たない資格一覧

取得してもあまり役に立たない資格は業界よって異なりますが、英語に関する資格の中では、英検はあまり役に立たない可能性があります。英検は日本国内のみでは通用するものの世界的には通用しません。

グローバル化が進む中、必要となるのはTOEICなどの国際的なものであると言えます。また、業務に役に立たない資格として整理収納アドバイザーなどの資格があげられます。自分が希望する業界で必要になる資格を選択して取得することが就活では大切になります。

合否に資格が関係なくてもその後の人生で役立つ可能性はある

合否に資格が関係なくてもその後の人生で役立つ可能性はあります。特にTOEICなどの英語の資格や情報社会が発達するにつれて情報処理技術者などの資格は将来役に立つと考えられます。

就活生で資格を持っている人の割合

就活生で資格を持っている人の割合はおよそ90パーセント以上におよぶと考えられます。自動車の運転免許などは多くの就活生が持っています。また、大学でTOEICを受けることが必須となっていることもあるため新卒の学生はほとんどTOEICの点数を持っています。

しかし、TOEICは点数によって役に立つかどうかが会社によって異なるため、むやみに受ければいいというものではありません。逆に点数が低いと他の就活生と比較されてしまい悪い印象を与えてしまうこともあるため注意が必要になります。

また、企業によっては入社までに自動車の運転免許の取得を求めることがあるため、新卒の学生は時間に多少余裕のある学生時代に取得することが大切です。また、業界によって必要となる資格は異なるため他の就活生が取得しているからといって自分も必要となることはありません。

多くの資格を持っていれば就活が有利になることはないので自分にあった資格を取得するように心がけることが就活の成功につながります。

アクセスランキング