IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「就活」と「起業」を選ぶために考えること

更新日:2020年08月14日

就活事情

大学卒業後、または専門学校、高等学校を卒業したあと、就職活動を行うというスタイルが一般的です。ですが、必ずしも就職活動をして企業などに就職しなければいけない。というわけではありません。独立するために大学や専門学校へ通い、努力されている方もいると思います。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就活するか起業するかを選ぶ時のポイント

大学卒業後、または専門学校、高等学校を卒業したあと、就職活動を行うというスタイルが一般的です。ですが、必ずしも就職活動をして企業などに就職しなければいけない。というわけではありません。独立するために大学や専門学校へ通い、努力されている方もいると思います。

就職か独立か、何に引っかかり、何に迷っているのかによって、どちらを選択するかの答えは変わってくるのではなでしょうか。ただ単純に安定した生活が送りたいのであれば就活です。人生に何が正解で何が不正解なのか歩んでみなければ分かりません。最終的に決めるのは自分自身です。どちらを選んだら良いか迷った時には、将来の自分の姿を細かく書き出してみるのも良いでしょう。

  • 数年後の自分はどうしていたいか、どうなっていたいのか
  • 目標を達成するために何をすれば良いか
  • 優先順位を考える
  • 独立、企業した場合にかかる費用はいくらかかるのか(個人か法人か)
  • 固定取引先の一覧
  • 顧客、見込み客のリスト作成

起業、独立するためには、労力の他に費用や人脈など事前に考えておかなければならないことが山のようにあります。実家が何かを経営しているなど基盤があればまた話は変わってきますが、そうでないのであれば、就職して経験を積むことも将来、独立、企業するためへの第一歩になるのではないかと思います。

就活に失敗した時の対処法

就職は出来たものの、

  • 希望通りの企業に入社することができなかった。
  • 第一志望の企業に入社することはできたものの思っていたのと違う
  • やりたい仕事ではなかった

などなど、実際、入社してから就活に失敗したと思う社会人は多いと思います。ですが、失敗は成功のもとです。ポジティブに考えていくことが大切です。

就活に失敗した時の対処方は3つ

入社仕立ては、まだ会社に慣れていないこともあって、不安も多いでしょう。ですが、長く勤めていくうちに、居心地の良い職場になるかもしれません。我慢する。というより社会勉強をしにきている。という気持ちで仕事をし、ある程度の経験や実績ができたら転職する方が転職活動も有利になると思います。

どうしても、このままこの会社では働き続けられない。働きたくない。場合は、第二新卒枠を利用して就活を行うことも選択肢の一つでしょう。ですが、第二新卒枠の採用はリスクが多いことを覚悟して下さい。転職する理由に明確な目的が必要です。

ようは、学生に戻るということです。自分のためにスキルや知識を身に付けることで就活でも必ず生きてきます。また、専門学校は、そもそも専門の分野を極める学校です。ですので、専門学校で学習、実践した経験がちゃんと将来につながる形で就職先などを考慮して情報提供もしてくれます。

当然のことですが、明確な目標がある。目標ができた。のであればその目標により近づくためにも専門学校に通うことをお薦めします。また、やりたいことは決まっているけれど、専門学校に行く程のお金と時間の余裕はないという方は資格取得をします。

1:起業

起業するためには、一体なにから初めればよいのか、資金がある程度必要な起業例と資金の負担が少ない起業方法をざっくりと説明したいと思います。起業と言う言葉を聞いて思い浮かぶのは、まずは資金ではないでしょうか。そうです。資金は必要なことは確かです。

例えば飲食店を経営する場合

アクセスランキング