IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

1次~3次までの面接回数の違いとは|採用か見極める方法

転職ノウハウ

転職活動を通じて新しい仕事を得るうえで面接は避けて通れませんが、中には面接の回数について気になるという方も多いでしょう。実は転職活動での面接の回数は企業によってさまざまですが、面接の回数が多いかどうかのパターンは職種などによりある程度決まっています。

更新日時:

転職面接の回数が多い・少ない企業の違い

転職面接の回数が多い・少ない企業の違い

転職活動真っ最中の皆さん、調子はいかがですか。皆さんの転職活動が成功に終わることを心からお祈りしております。 さて転職活動でも、志望先企業で行われる面接は内定を得るためには避けて通ることのできないプロセスです。同時に多くの方が、内定を得るまでに受ける面接の回数について気になるのではないでしょうか。 今回は転職活動で行われる面接の回数が多い企業と少ない企業の違いを、面接のコツも含めて見ていきます。

面接回数が多い企業

転職面接とはいえ、どの程度の回数で内定を出すのかは企業によりさまざまです。このため、面接の回数が多いところもあれば少ないところもあります。 それでは面接回数の多い企業にはどのような特徴があるのしょうか。面接回数が多い企業の特徴として挙げられるのが、職種が金融関係や営業関係であるという点です。どちらも信用に大きく関わる職種であるため、面接する側も慎重に応募者を見極めるべく回数を多めにしています。

面接回数が少ない企業

逆に面接回数の少ない企業の特徴として、志望先が医療系や技術系の企業である場合が挙げられます。理由として、医療系も技術系もスキル重視であるとともに、応募者のスキルについては履歴書を見てすぐに判断することができるためです。 このため応募者の人間性を判断する時間をあまりかけなくて済むため、その分面接の回数も少なくて済みます。中には、いきなり社長による最終面接が行われるというケースもあるでしょう。

1次~3次までの面接回数の違いとは

1次~3次までの面接回数の違いとは

最初に見たように、転職活動をする中で受ける面接の回数は企業によってさまざまです。ただ転職活動については、多くの場合3回までで内定か不採用になるかが決まるとされています。 とはいえ、面接回数によって1次面接で終わる場合もあれば、3次面接で終わる場合もあるでしょう。ここでは面接の段階と回数の関係について詳しく見ていきます。

1次面接

転職活動の場合、書類選考を通過した方が1次面接を受けることができます。ただ1次面接で終わる場合というのは、1次面接が社長などの役員が自ら面接を行うか、または現場レベルで採用の権限があるというパターンです。 1次で内定が出るということは、転職活動で緊張している期間を比較的短くすることができるなどメリットもあります。ただし大量採用する企業に多く、中にはブラック企業の場合もあるため、注意が必要です。

2次面接

2次面接で内定が出るパターンとは、1次面接で現場担当者などが応募者のスキルや経験を確認し、2次面接で役員が最終的に判断するパターンです。後で見るように、2次面接で最終的な合否の判断がされるのはまだ平均的な回数のうちであるため、安心して良いでしょう。 ただし2次面接で終わるような状況であるとはいっても、進み具合によっては2次面接で落ちる可能性も0ではないため、やはり気を引き締めて臨むべきでしょう。

3次面接

3次面接

3次面接で最終的な合否の判断が下されるパターンについても、2次面接で終わる場合と同じように平均的な回数の範囲内であるため、標準的といえるでしょう。主な内容としては、1次面接で現場担当者が、2次面接で人事担当者が、3次面接で役員が面接をするということになります。 このパターンは人事採用に関して人事部門が大きな力を持っているため、現場レベルと役員レベル、人事部門とが調整しながら選考を進めるためです。

面接回数の平均

ちなみに転職活動において面接回数は平均でどのくらい行われるのでしょうか。転職活動での面接回数の平均は2回から3回といわれており、今回見てきたようなパターンがとられる場合も多いです。 ただしこれはあくまでも平均の回数であり、企業や職種によっては比較的少ない回数で終わる場合もあれば、慎重を期して4回以上やるということもあります。このため平均回数については、参考程度に頭に入れておくと良いでしょう。

転職面接の対応で採用か見極める方法

転職面接の対応で採用か見極める方法

今現在で転職活動を行っている方にとっては、先ほど受けた面接が通過したかどうかというのは非常に気になることでしょう。特に面接の日から時間が経つにつれて、不安も大きくなるという方も多いはずです。 実は転職活動の面接の具合によっては、結果をある程度見極める方法があります。ここでは転職面接の結果を見極めるポイントについて見ていきましょう。

面接時間

転職面接の結果が通過であるかどうかを見極めるポイントとしてまず挙げられるのが、面接時間が長かったかどうかという点です。新卒の場合でもいえることですが、面接の時間は企業側によってある程度は決まっています。 もしあらかじめ決まっている面接時間が超過した場合、企業側も応募者に並々ならぬ興味を示していることから、通過の可能性は高いでしょう。しかし逆に面接時間が比較的短い場合は、通過が難しい可能性があります。

リアクション

リアクション

また面接官のリアクションの様子によっても、ある程度は面接に通過できるかどうかを判断することができます。入社可能日を聞かれたり、実際の勤務にまつわる説明などがあったりする場合は、内定を得られる可能性があると期待して良いでしょう。 一方で面接官の質問に丁寧さが見られなかったり、アピールしても反応がいまいちだったりする場合は厳しい結果になる可能性もはらんでいます。その場合は他の志望先も検討しましょう。

不採用にならないためのコツ

不採用にならないためのコツ

転職活動を行うからには、誰もが面接できちんと意気込みや強みをアピールして内定につなげたいでしょう。しかし不採用になった場合は、どんなに面接回数を重ねていても水の泡となってしまいます。 不採用とならないようにするためには、面接がうまく進むようなコツを掴んで活かすことが大切です。ここでは面接でなるべく不採用になることを防ぐための方法をご紹介します。

自己PRを魅力的に仕上げる

自己PRを魅力的に仕上げる

面接で不採用にならないようにするコツとしてまず挙げられるのが、自己PRを魅力的な形に仕上げるという点です。自己PRは面接の中で志望動機とともによく質問される項目ですが、自分自身の強みをアピールすることで企業に採用するメリットを印象付けさせる効果があります。 逆に自己PRが魅力的なものとなっていないと、企業側もその応募者を採用するべきメリットを見出すことができなくなるといえるでしょう。

将来のビジョンを提示

魅力的な自己PRとともに面接で不採用とならないためのポイントといえるのが、将来に対するビジョンをきちんと提示することです。もちろんあまりにも抽象的なものではなく、具体性を伴ったものであることが重要となってきます。 具体的に自分が志望先企業で何がしたいのか、将来的に志望先企業をどのようにしていきたいのかといった青写真を提示するようにしましょう。自分自身の思いや強み、個性ともつなげていくとなお良いです。

転職面接の回数は企業それぞれで異なる

転職面接の回数は企業それぞれで異なる

今回は転職活動の面接回数についていろいろと見てきました。転職活動を進める中で受ける面接の回数は、実のところ企業によっていろいろと異なりますが、平均して2回から3回といって良いでしょう。 もちろん面接の進み具合や志望職種によって、回数が少ない場合や多い場合もありますので、平均回数については参考程度に理解しておくことが大切です。面接を控えている皆さんの転職活動が成功することを心よりお祈りいたします。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

転職活動関係の情報については、他にも以下のような関連記事もおすすめです。どちらも面接にまつわる内容となっているため、転職活動で面接をうまく乗り越えて内定を勝ち取るうえで役立つでしょう。

アクセスランキング