IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

間違いも多い「ご高配」の意味と読み方・使い方と例文

言葉の読み方

「ご高配」という言葉は、主に手紙やメールで使われるものとして知られており、ビジネスの場においてもぜひ知っておきたい言葉の一つです。一見しただけでは意味が分かりにくい言葉ですが、ここで「ご高配」の正しい意味や使い方について見ていきましょう。

更新日時:

「ご高配」の読み方と意味

まずは「ご高配」の基本的な読み方と意味について確認しておきましょう。 [ご高配] 読み方:ごこうはい 相手の配慮や気遣いなどを敬って言う言い方。高配。

意外と「ご高配」の読み方を初めて知った人もいるのではないでしょうか。よく「ごこうばい」と間違えて覚えられることもあるため、知らずにいると恥をかいてしまうかもしれません。 「ご高配」は、相手がこちらにしてくれた心遣いに対して感謝する意味の「高配」の尊敬語です。意味を知れば、「ご高配」が高く配ると言う字でできているのにも頷けます。

「ご高配」を使った例文

では実際に「ご高配」は文章の中でどのような使われ方をするのでしょうか。いくつか例文があります。 ・「これもひとえに、御社のご高配の賜物と大変ありがたく、感謝しております」 ・「平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます」 ・「内容をご検討いただき、ご高配を賜りますよう、何卒お願い申し上げます」

これらの例文からも分かる通り、主に目上の立場の人、会社に対して使われます。基本的に下の立場には使わない言葉です。 一番上の文は手紙やメールの文頭に用いられる言葉としてはとてもポピュラーな決まり文句です。拝啓~の後に続ける枕詞として使うのが一般的であり、ビジネスマナーの例文としてよく様々なところで目にする機会が多いと思います。どこかに文書を送るときや、お礼状などを貰う時などには高頻度で使用されているので、ぜひ覚えておきたいところです。 真ん中や一番下の文についても、終わりの挨拶などで使われることが多いです。 「ご高配」は言葉の後に「賜る」という言葉とセットでよく使います。もし、「ご高配賜ります」という文章がへりくだり過ぎと感じた時は、「ご高配下さります」と、少し柔かい感じにすると丁度良いでしょう。敬う程度によって使い分けもできます。

正しい使い方とNGなパターン

「ご高配」の基本的な意味と例文だけでなく、具体的にどのように使っていけばよいのかの細かいルールもいくつかあります。せっかく相手を敬う意味が込められた言葉でも、正しい使い方をしないと逆に失礼に当たってしまいます。つい手紙やメールでやってしまいがちな、文法上NGな使い方も抑えておくと完璧です。 「ご高配」に限らず日本語は微妙な使い分けと配慮が必要です。特にビジネスであればより一層留意する必要があります。尊敬語の扱いに慣れていない場合は今一度正しい使い方を知っておくと良いでしょう。

誰に使うのが良いか

「ご高配」は、目上の人になら誰でも使って良い訳ではありません。目上の人の中でも使うべき人と遠慮すべき人がいます。 「ご高配」はどちらかというと、日頃から相手に貰っている心遣いに対して感謝する意味合いが強い言葉です。なので関係の浅い人ではなく、常習的にお世話になっている上司、取引先、また顧客に対して使うのが適切でしょう。また、どうしても文章が固くなりがちな為あまり社内向けに使われることはなく、社外に対して使うことが多いです。 初対面などまだお互いに馴染みがない関係の人にいきなり「ご高配賜り」などを使うのは距離感を詰め過ぎて相手を戸惑わせてしまうことになり、好ましくありません。

使うシチュエーション

使うシチュエーションにも留意しておかなければなりません。一般的に「ご高配」という言葉は、挨拶文としてお礼状、年賀状、また自社の情報についての変更や更新など外部へお知らせする時などに使われます。感謝を表す部分がある内容の時に使うと良いでしょう。 逆に使うのに不適切とされるのは、場合によりますが何かを依頼する場面などです。例えば取引先に仕事の依頼をするメールにおいて「ご高配賜りますようお願い致します」というような文末の挨拶は、少々不自然な感じがします。内容に伴わないのにとりあえず文章を入れる、ということのないようにしましょう。

「高配する」とは表現しない

「高配」という言葉自体に敬う意味があるとしても、「高配賜ります」とは一般的な文としては不自然です。「高配」と名詞としての言葉は存在するものの、動詞で人に対して使うならきちんと「ご高配賜ります」と、「ご」を付けて使いましょう。

自分に対しては使わない

尊敬語なので、例え相手を敬う意があったとしても自分に「ご高配」とは使わないようにしましょう。これでは相手ではなく自分の行動を尊敬している文になってしまいます。 謙譲語で「高配」と似た意味では「寸志」や「薄謝」などがあるので、相手を立てた上で自分に使う言葉としてはこちらが適切です。

「ご高配」?それとも「御高配」?

いざ手紙やメールで書く際に、「ご高配」か「御高配」かで迷うこともあるかと思います。一般的にどちらを使っても問題はありません。 公文では、後の言葉が平仮名であれば「ご」、漢字であれば「御」を使うとされていますが、新聞や報道では尊敬語の表記は漢字が相応しい場合を除いて大体が「ご」で統一されています。 「御」の方がとても丁寧なイメージがありますが、文章が固くなるのとあまり漢字ばかりが続くと読みづらい、といったこともあります。それぞれの特徴を考えて、「ご」か「御」かは雰囲気や相手により判断すると良いでしょう。

変換ミスには注意

変換する際に、似た漢字が使われている「交配」や「好配」などと誤ってしまうことがあるようです。特に後者は漢字の意味からしても勘違いして使ってしまいそうです。ちょっとしたことではありますが、こうした凡ミスには十分に気を付けましょう。 手紙ではあまり間違うことがないものの、メールでは意外とミスを連発する可能性があるようです。「ご高配」はビジネスなどの限定的な場面でのみ使い、ほとんどの人が日常生活で誰かに使うといったことがありません。油断していると、普段使わない言葉で記憶違いも発生します。

他にも使える「ご高配」の類義語

最後に、たくさんある「ご高配」と似た意味を持つ言葉を紹介します。 ご厚志 ご芳志 ご情 ご高配 お心遣い ご配慮 お気持ち <気配りの敬った表現> お気遣い ・ お心遣い ・ ご高配 ・ 配慮 ・ お計らい ・ 配意 ・ ご配意 <相手の気遣いをうやまっていう語> ご心配 ・ ご配慮 ・ ご深慮 ・ ご高配 ・ お心遣い ・ お気遣い

「ご厚志」「ご配慮」また「お心遣い」「お気遣い」の表現は馴染みがある人も多いでしょう。上の例の中では「ご厚志」が意味、尊敬の程度共に最も近い言葉として存在しています。「ご配慮」など以下は目上というよりはもう少し広い様々な立場の人に使われるイメージです。一つの言い回しに頼ってパターン化したくない時に役立ちます。 様々な類義語がありますが、どれも全く同じ意味ではなくそれぞれ微妙に言葉の持つ意味が違ってきます。状況、立場に応じて使い分けができると一目置かれるかもしれません。相手により良い印象を与えることができるでしょう。

とても便利な言葉

いかがでしたでしょうか。「ご高配」という言葉を覚えておくだけでビジネスにおいてはかなり手紙やメールを書きやすくなります。言葉自体は知ればそれほど難しいものではありませんので、比較的使いやすくて便利な言葉となっています。 文章で使うことも、使われることも多い「ご高配」。ぜひこの機会にマスターして素敵なビジネスマンになりましょう。

敬語を正しく学んでみよう

こちらの本は、敬語について非常にわかりやすくまとまっています。 新社会人の方にもオススメの一冊ですので、まずはこちらで学んでみましょう。

関連タグ

アクセスランキング