IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ご連絡差し上げます」の意味と使い方・敬語として間違いか

更新日:2022年10月20日

敬語表現

ビジネスでもよく使われる「ご連絡差し上げます」。あなたは適切な使い方ができていますか?この記事では「ご連絡差し上げます」の意味や適切な使い方、ベストな表現方法まで詳しく説明しています。特に社会人の方には必須の知識ですので、ぜひ最後まで読んでみてください。

「差し上げます」の元の意味は「与える・あげる・やる」なので、そのまま変換すると「連絡してあげる」になります。このままだと、上から目線の感じがかなり強くなり、いくら相手が部下や同僚であっても、不快な思いをさせる恐れもあるでしょう。 そこで、「~差し上げる」を「~(の動作を)する」という動詞的な役割に置き換えてはいかがでしょうか。「ご連絡差し上げます」を「連絡する」に、そして「連絡する」の部分を丁寧語に変換するだけでOKです。 丁寧語とは、上述したように文末に「です・ます」がついた表現です。そのため、「ご連絡差し上げます」を「連絡します」と言い換えることができます。

頭に「お・ご」がつく美化語

「お返事」「ご挨拶」のように、単語の頭に「ご・お」がついた表現は「美化語」と呼ばれています。この美化語は、誰かに敬意を表したものではなく、単純に言葉を上品に表現しているだけに過ぎません。ただ言葉をキレイにしただけなので、本来の敬語ではないのですが、丁寧語に分類されることもあります。 では本題に戻りまして、この「連絡します」の「連絡」の部分を美化語で表現しましょう。すると、「ご連絡します」になります。 以上のことから、「ご連絡差し上げます」を丁寧語で表現すると、「ご連絡します」が適切です。目上の方と目下の人に対しての言葉の使い分けを、しっかりできるようにしましょう。

「ご連絡いたします(申し上げます)」がベストな表現!

「ご連絡差し上げます」は「連絡します」という意味ですが、「差し上げる」が「与える・やる」の謙譲語であることから、シーンを選ばないと相手に不快感を与えてしまいます。「ご連絡差し上げます」の代わりに、できるだけ「ご連絡いたします(申し上げます)」を使うようにしましょう。この「ご連絡いたします(申し上げます)」は、色々な場で使える万能な敬語表現です。 色々な敬語での表現があるので、日本語はとても難しく感じます。その分、正しい敬語が使える人は相手に好印象を与えるので、上司や取引先企業の人たちから気に入ってもらえるでしょう。あるいは、人によっては、仕事の循環が良くなる大きなチャンスを得られます。 意味と使い方をしっかり理解して、適切な表現ができるよう、普段から心がけてはいかがでしょうか。

初回公開日:2018年03月29日

記載されている内容は2018年03月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング