IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ご連絡差し上げます」の意味と使い方・敬語として間違いか

更新日:2022年10月20日

敬語表現

ビジネスでもよく使われる「ご連絡差し上げます」。あなたは適切な使い方ができていますか?この記事では「ご連絡差し上げます」の意味や適切な使い方、ベストな表現方法まで詳しく説明しています。特に社会人の方には必須の知識ですので、ぜひ最後まで読んでみてください。

「ご連絡差し上げます」の言い方は敬語として間違い?

相手に「連絡するね」と伝えたい時に、「ご連絡差し上げます」と表現することがあります。果たしてこれは正しい敬語なのでしょうか。 答えは「YES」です。敬語としての表現は間違っていません。「差し上げます」の部分が、へりくだった表現の謙譲語です。 しかしながら「ご連絡差し上げます」という表現は、「なんだか偉そう」と相手に不快感を感じさせたり、あるいは「その表現おかしくない?」と違和感を感じさせることがあります。 その疑問を解くには、「差し上げます」の部分に着目すると分かりやすいです。

違和感を感じる理由は?

不快感や違和感を感じる要因ですが、まずは「ご連絡差し上げます」の「差し上げます」の部分を見てみましょう。 「差し上げます」は「与える・あげる・やる」の謙譲語です。謙譲語とは、自分を下にしてへりくだることで、間接的に相手を立てる表現と覚えておきましょう。この「差し上げます」の部分ですが、「連絡を与えた」「連絡してあげる」「連絡してやる」などの表現に変換が可能です。 これを見たらわかるように、「〜してやる」「〜してあげる」は上から目線な感じを受けることもあります。そのため、「ご連絡差し上げます」を使うと、相手に不快感や違和感を与えてしまう恐れもあるので、気をつけた方が賢明でしょう。

敬語についてちょっとだけ復習!

敬語には3種類のものがあり、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3つに分類することができます。 「尊敬語」は相手を高めた言い方で、目上の人に対して使われます。「謙譲語」は自分を下にして間接的に相手を立てる言い方で、目上の人以外にも、言葉によっては目下の人に使うこともできる敬語表現です。「丁寧語」は文末が「です・ます」の丁寧な表現です。 前述しましたが、「ご連絡差し上げます」は謙譲語にあたり、これは目上の人に対して使われます。もし同僚や部下などの目下の人に使いたいのであれば、丁寧語の「ご連絡します」を用いるのが適切です。「ご連絡差し上げます」の丁寧語について、詳しくは後述します。

「ご連絡差し上げます」の意味と使い方

上述したように、「差し上げる」は「与える・あげる・やる」の謙譲語です。そのため、「ご連絡差し上げます」と言うと、「連絡してあげる」という意味で伝わる恐れもあります。いかにも上から目線で、不快感を感じる人もいるでしょう。 しかし、謙譲語を使っている上に、文法としても正しい表現なので、適切であることに間違いはありません。場合によっては、この「ご連絡差し上げます」と使っても大丈夫です。

「ご連絡差し上げます」はどんな時に時使っていい?

覚え方としては、「相手に恩恵(メリット)がある場合にだけ使ってOK」と頭に入れておきましょう。 たとえば、「ご希望のお客さまには、個別にお電話にてご連絡差し上げますので、何なりとお申し付けください」という文章があるとします。これは「個別に電話してほしいお客さん」に向けて発する言葉です。 お客さんは電話を希望していることから、電話がかかってくることに対して恩恵(メリット)を受けます。この場合は相手が得をすることは明らかですから、「ご連絡差し上げます」を使ってOKです。

こんな時は使わないで!

上述したように、相手に何かしらの得がある場合は「ご連絡差し上げます」を使っていいですが、そうでない場合は使わないようにしましょう。相手にメリットがない場合とは、自分自身の都合だけで相手に配慮しない使い方をいいます。 例えばですが、「今週は別件で予定が入っていて都合が悪いので、来週ご連絡差し上げます」はいかがでしょうか。予定が入っていることは、相手には関係のないことです。それを一方的に「だから来週電話してあげる」と言っていますが、相手側には何の恩恵もありません。むしろ上から目線な印象を受け、不快感を感じてはかえって本末転倒です。 以上のことから、「ご連絡差し上げる」を使えるのは相手に恩恵がある場合のみ、と覚えておきましょう。自分の都合だけで「ご連絡差し上げる」とするのは、むしろ控えた方が無難です。

「追ってご連絡差し上げます」

これもよく使われる表現ですが、「追ってご連絡差し上げます」という言葉があります。これは「詳しい内容については後ほど(後日)連絡するね」という意味です。 つまり、「要件の概要だけをとりあえず連絡しておいて、詳細などについては後日に改めて連絡する」ということです。これが相手にとって恩恵(メリット)があるかどうかと言われれば、疑問が残ることでしょう。シチュエーションによっては、どこか威圧的な印象を受ける可能性もあります。 このような場合は「追ってご連絡差し上げます」ではなく、「追ってご連絡いたします」など、別の表現にするのが良いでしょう。

電話などでは?

次のページ:「ご連絡差し上げます」のその他の言い方
初回公開日:2018年03月29日

記載されている内容は2018年03月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング