IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ご連絡差し上げます」の意味と使い方・敬語として間違いか

敬語

ビジネスでもよく使われる「ご連絡差し上げます」。あなたは適切な使い方ができていますか?この記事では「ご連絡差し上げます」の意味や適切な使い方、ベストな表現方法まで詳しく説明しています。特に社会人の方には必須の知識ですので、ぜひ最後まで読んでみてください。

更新日時:

「ご連絡差し上げます」の言い方は敬語として間違い?

相手に「連絡するね」と伝えたい時に、「ご連絡差し上げます」と表現することがあります。果たしてこれは正しい敬語なのでしょうか。 答えは「YES」です。敬語としての表現は間違っていません。「差し上げます」の部分が、へりくだった表現の謙譲語です。 しかしながら「ご連絡差し上げます」という表現は、「なんだか偉そう」と相手に不快感を感じさせたり、あるいは「その表現おかしくない?」と違和感を感じさせることがあります。 その疑問を解くには、「差し上げます」の部分に着目すると分かりやすいです。

違和感を感じる理由は?

不快感や違和感を感じる要因ですが、まずは「ご連絡差し上げます」の「差し上げます」の部分を見てみましょう。 「差し上げます」は「与える・あげる・やる」の謙譲語です。謙譲語とは、自分を下にしてへりくだることで、間接的に相手を立てる表現と覚えておきましょう。この「差し上げます」の部分ですが、「連絡を与えた」「連絡してあげる」「連絡してやる」などの表現に変換が可能です。 これを見たらわかるように、「〜してやる」「〜してあげる」は上から目線な感じを受けることもあります。そのため、「ご連絡差し上げます」を使うと、相手に不快感や違和感を与えてしまう恐れもあるので、気をつけた方が賢明でしょう。

敬語についてちょっとだけ復習!

敬語には3種類のものがあり、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3つに分類することができます。 「尊敬語」は相手を高めた言い方で、目上の人に対して使われます。「謙譲語」は自分を下にして間接的に相手を立てる言い方で、目上の人以外にも、言葉によっては目下の人に使うこともできる敬語表現です。「丁寧語」は文末が「です・ます」の丁寧な表現です。 前述しましたが、「ご連絡差し上げます」は謙譲語にあたり、これは目上の人に対して使われます。もし同僚や部下などの目下の人に使いたいのであれば、丁寧語の「ご連絡します」を用いるのが適切です。「ご連絡差し上げます」の丁寧語について、詳しくは後述します。

「ご連絡差し上げます」の意味と使い方

上述したように、「差し上げる」は「与える・あげる・やる」の謙譲語です。そのため、「ご連絡差し上げます」と言うと、「連絡してあげる」という意味で伝わる恐れもあります。いかにも上から目線で、不快感を感じる人もいるでしょう。 しかし、謙譲語を使っている上に、文法としても正しい表現なので、適切であることに間違いはありません。場合によっては、この「ご連絡差し上げます」と使っても大丈夫です。

「ご連絡差し上げます」はどんな時に時使っていい?

覚え方としては、「相手に恩恵(メリット)がある場合にだけ使ってOK」と頭に入れておきましょう。 たとえば、「ご希望のお客さまには、個別にお電話にてご連絡差し上げますので、何なりとお申し付けください」という文章があるとします。これは「個別に電話してほしいお客さん」に向けて発する言葉です。 お客さんは電話を希望していることから、電話がかかってくることに対して恩恵(メリット)を受けます。この場合は相手が得をすることは明らかですから、「ご連絡差し上げます」を使ってOKです。

こんな時は使わないで!

上述したように、相手に何かしらの得がある場合は「ご連絡差し上げます」を使っていいですが、そうでない場合は使わないようにしましょう。相手にメリットがない場合とは、自分自身の都合だけで相手に配慮しない使い方をいいます。 例えばですが、「今週は別件で予定が入っていて都合が悪いので、来週ご連絡差し上げます」はいかがでしょうか。予定が入っていることは、相手には関係のないことです。それを一方的に「だから来週電話してあげる」と言っていますが、相手側には何の恩恵もありません。むしろ上から目線な印象を受け、不快感を感じてはかえって本末転倒です。 以上のことから、「ご連絡差し上げる」を使えるのは相手に恩恵がある場合のみ、と覚えておきましょう。自分の都合だけで「ご連絡差し上げる」とするのは、むしろ控えた方が無難です。

「追ってご連絡差し上げます」

これもよく使われる表現ですが、「追ってご連絡差し上げます」という言葉があります。これは「詳しい内容については後ほど(後日)連絡するね」という意味です。 つまり、「要件の概要だけをとりあえず連絡しておいて、詳細などについては後日に改めて連絡する」ということです。これが相手にとって恩恵(メリット)があるかどうかと言われれば、疑問が残ることでしょう。シチュエーションによっては、どこか威圧的な印象を受ける可能性もあります。 このような場合は「追ってご連絡差し上げます」ではなく、「追ってご連絡いたします」など、別の表現にするのが良いでしょう。

電話などでは?

どこかの会社に電話をした時に、「後ほど担当者よりお電話差し上げます」「こちらからお電話差し上げます」など、一度くらいは聞いたことがあるでしょう。電話応対の際には、「ご連絡差し上げます」の「ご連絡」の部分を「お電話」に言い換えて「お電話差し上げます」と表現します。 「お電話差し上げます」は敬語の使い方としては正しいです。お客さまや取引先企業などが、立てるべき相手に使っても本来は問題ありません。ですが、中には快く思わない人がいるのも事実です。「差し上げる」が「与える・あげる・やる」の謙譲語なので、どうしても「なんだか偉そうに感じる」「上から目線の印象を受ける」と不快に感じてしまう人が出てきます。 文法としては「お電話差し上げます」で良いですが、やはり人を不快にしてしまう恐れもあります。ならば、「お電話いたします」など、表現を変えるのが無難です。

「ご連絡差し上げます」のその他の言い方

前述で「『ご連絡差し上げます』は敬語として間違ってないけど、できるなら別の表現のほうがいい」という話をしました。 では、別の表現にするならどのような言い方が考えられるでしょうか。いくつか例を挙げてみます。

ご連絡いたします

上述で軽く触れていますが、「ご連絡差し上げます」は「ご連絡いたします」と言い換えることができます。「いたします」は、「する」の謙譲語「いたす」に、丁寧語「ます」を付け加えて表現した言葉です。謙譲語を用いる表現という点では、立派な敬語だと言えるでしょう。 つまり、「ご連絡いたします」=「連絡します」という意味です。言い方としては非常にシンプルで、なおかつ使い勝手の良い謙譲語です。「差し上げます」が「与える・あげる・やる」の謙譲語で上から目線の印象を受けるのに対し、「いたします」はシンプルで分かりやすく、かつ丁寧な印象を受けます。 「ご連絡差し上げます」でも、文法としては間違ってはいません。一方「ご連絡いたします」はシーンを選ばずに使える万能な表現です。それならば、できるだけ「ご連絡いたします」を用いるよう心がけましょう。

ご連絡申し上げます

「お(ご)~申し上げます」の形になると、「~」の動作部分が、へりくだった表現に変化します。これは謙譲語のルールなので、覚えておきましょう。 つまり、この「ご連絡申し上げます」も、「連絡する」の部分がへりくだった謙譲語の表現である以上、適切な敬語です。上述した「ご連絡いたします」と同様、多様なシチュエーションで使える表現方法ですので、どんどん活用しましょう。

「ご連絡させていただきます」はあまり使わないほうが無難かも

「ご連絡差し上げます」とよく似た表現に、「ご連絡させていただきます」があります。 「ご連絡」+「させて」+「いただく」に分解することができますが、「ご連絡」と「いただく」の2つの敬語を「(させ)て」で繋いでるだけなので、二重敬語ではありません。二重敬語は不適切とされていますが、これは連結敬語と呼ばれるので、適切な敬語の表現です。 説明したように、この「ご連絡させていただきます」は、文法自体は敬語として間違ってはいません。ですが、あまり多用はしないほうが良いです。その理由として、「させて」の部分に「相手に許可を求める」というニュアンスが含まれているからです。

使ってもいい場面は?

たとえば、以下のような場合には「ご連絡させていただきます」でも問題ありません。 【お客さまから問い合わせがあったが、担当者が不在でお答えできなかった場合】 自分「申し訳ありません。担当の○○はただ今席を外しております。」 お客「1時間後ぐらいには戻ってきてるかな?また改めて電話するね。」 自分「いえ、担当者が戻りましたら、こちらからご連絡させていただきます。」 この例のような場合だと、お客さまに対して許可を求める意味を込めています。そのため、「させていただきます」を使っても問題ありません。ですが、連絡することが最初から決まっていた場合など、相手の許可を必要としない場合には「させていただく」を用いるのは不適切です。 また、この「させていただく」は、人によっては回りくどい印象を持ちます。そのため、過度な多用は避けた方が良いでしょう。「ご連絡いたします(申し上げます)」がベストな敬語です。

「ご連絡差し上げます」に対する返信の仕方

メールなどで「詳細は追ってご連絡差し上げます」「この件につきましては、後日担当の者よりご連絡差し上げます」と言われることがあります。 これは「詳しいことは後で連絡するからね」という意味ですので、「うん、わかったよ。連絡くれるの待ってるね」という内容の返事をするようにしましょう。以下の例文を参考にすると、理解が深まるはずです。 「承知いたしました。ご連絡お待ちしております。」 「かしこまりました。またのご連絡お待ちいたしております。」 「承知しました。またのご連絡、よろしくお願いいたします。」 どの表現も、「ご連絡差し上げます」に対する返事として、適切に機能しています。

「ご連絡差し上げます」の丁寧語で表現するなら?

「ご連絡差し上げます」は謙譲語なので、目上の方に対して使うものだと説明しました。では、部下や同僚など、特別立てる必要のない目下の人に対しては、どのように表現すれば良いのでしょうか。 答えから先に言うと、丁寧語を用います。「ご連絡差し上げます」を丁寧語に言い換える場合、「ご連絡します」が適切です。このような表現になる理由については、「ご連絡」と「差し上げる」の2つの単語について以下で説明します。

「差し上げる」=「~する」

「差し上げます」の元の意味は「与える・あげる・やる」なので、そのまま変換すると「連絡してあげる」になります。このままだと、上から目線の感じがかなり強くなり、いくら相手が部下や同僚であっても、不快な思いをさせる恐れもあるでしょう。 そこで、「~差し上げる」を「~(の動作を)する」という動詞的な役割に置き換えてはいかがでしょうか。「ご連絡差し上げます」を「連絡する」に、そして「連絡する」の部分を丁寧語に変換するだけでOKです。 丁寧語とは、上述したように文末に「です・ます」がついた表現です。そのため、「ご連絡差し上げます」を「連絡します」と言い換えることができます。

頭に「お・ご」がつく美化語

「お返事」「ご挨拶」のように、単語の頭に「ご・お」がついた表現は「美化語」と呼ばれています。この美化語は、誰かに敬意を表したものではなく、単純に言葉を上品に表現しているだけに過ぎません。ただ言葉をキレイにしただけなので、本来の敬語ではないのですが、丁寧語に分類されることもあります。 では本題に戻りまして、この「連絡します」の「連絡」の部分を美化語で表現しましょう。すると、「ご連絡します」になります。 以上のことから、「ご連絡差し上げます」を丁寧語で表現すると、「ご連絡します」が適切です。目上の方と目下の人に対しての言葉の使い分けを、しっかりできるようにしましょう。

「ご連絡いたします(申し上げます)」がベストな表現!

「ご連絡差し上げます」は「連絡します」という意味ですが、「差し上げる」が「与える・やる」の謙譲語であることから、シーンを選ばないと相手に不快感を与えてしまいます。「ご連絡差し上げます」の代わりに、できるだけ「ご連絡いたします(申し上げます)」を使うようにしましょう。この「ご連絡いたします(申し上げます)」は、色々な場で使える万能な敬語表現です。 色々な敬語での表現があるので、日本語はとても難しく感じます。その分、正しい敬語が使える人は相手に好印象を与えるので、上司や取引先企業の人たちから気に入ってもらえるでしょう。あるいは、人によっては、仕事の循環が良くなる大きなチャンスを得られます。 意味と使い方をしっかり理解して、適切な表現ができるよう、普段から心がけてはいかがでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング