IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「お越しください」の例文・正しい敬語か・使い方・類語

更新日:2020年05月17日

敬語

ビジネスでもよく使われている敬語の「お越しください」ですが、あなたは正しい使い方を知っていますか?この記事では、「お越しください」の意味や使い方、類語についてご説明しています。働いてる方にとっては絶対に身につけておきたい内容ですので、ぜひ最後までご覧ください。

「来た」という意味の「お見えになる」

「行く」と「来る」の両方の意味を持つ「お越しください」ですが、「来る」という意味で使われる別の表現は「お見えになる」があります。「お越し」が「来る」の意味で使われてるのに対し、「お見え」は「(人を)見る=会う」から意訳して「来る」として使われます。 以上のことから、たとえば「○○さまがお見えになりました」や「担当者の○○さまは何時ごろお見えになるでしょうか?」は「○○さまが来ました」「担当者○○さまは何時ぐらいに来ますか?」という意味になります。

二重敬語にならないように気をつけよう!

「お越しください」について説明しました。それではこの記事の内容をまとめます。 「行ってください」「来てください」の敬語「お越しください」は、目上の方に対してのみ使われます。特にビジネスにおいては、取引先企業やお客さま、顧客に対して用いる敬語です。 「お越しください」以外にも「お越しになってください」や「いらっしゃってください」「おいでになりませんか?」など、同じ意味を持った別の敬語表現ができます。もし、もっと丁寧な言い方をしたいのなら、「お越しいただけませんか?」などと疑問形を用いてください。 ただし、二重敬語には十分に注意して下さい。「お越しになられる」「おいでになられる」などは二重敬語になるため、不適切な表現です。二重敬語は人によっては良くない印象を持ってしまいますので、二重敬語にならないよう普段から適切な使い方を心がけてください。

初回公開日:2018年03月08日

記載されている内容は2018年03月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング