IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「いらっしゃいますでしょうか」は敬語なのか・メールでの使い方

敬語

職場の電話などでは、よく「いらっしゃいますでしょうか」という言葉を耳にします。しかしこの言葉に、なんとなく違和感を持たれる方も少なくありません。その違和感はどこから来ているのでしょうか?この記事ではそんな、「いらっしゃいますでしょうか」についてご説明します。

更新日時:

いらっしゃいますでしょうか

電話口などで聞く「〜いらっしゃいますでしょうか」というフレーズは、なんとなく敬語として違和感を覚えるという方も少なくないフレーズです。丁寧な言葉遣いをしているはずなのに、なぜ、違和感を感じてしまうのでしょうか。 こちらの記事では、「いらっしゃいますでしょうか」について、それが敬語として正しい表現なのか、その正しい使い方についてご説明します。なんとなく日頃使っているけれど、正しい言葉なのか気になる、どういう言い回しをすべきなのか知りたいという方は、ぜひお読みください。

「いらっしゃいますでしょうか」は敬語?

「いらっしゃいますでしょうか」は「いらっしゃる」という「いる」の敬語表現の尊敬語にあたる言葉に、「ます」「でしょうか」という敬語の丁寧語にあたる言葉がついた、敬語です。「いらっしゃる」という敬語に、「ます」、「でしょうか」という二つの敬語がついているので、少しくどい表現ではありますが、敬語であると言えます。

「いらっしゃいますでしょうか」の違和感

「いらっしゃいますでしょうか」の違和感

では、きちんと敬語であるはずの「いらっしゃいますでしょうか」に、どうして違和感を感じるのでしょうか。 それは、「いらっしゃいますでしょうか」言葉の語尾に、「ます」と「でしょうか」という二つの敬語が重なっているからです。 「ますでしょうか」という部分を言い換えると、「ます」が「いる」の丁寧語なので「います」、「でしょうか」は「〜だろうか」の丁寧語なので、「ですか」と言い換えられます。組み合わせると「いますですか」となり、おかしな言葉の並びになります。 このように、「いらっしゃいますでしょうか」という言葉の違和感は、本当なら「いますか」、「ですか」のどちらかの敬語がついていれば十分なところに、二つともついているところにあると言えるでしょう。

「いらっしゃいますでしょうか」は間違いなの?

それでは、「いらっしゃいますでしょうか」という言葉は、正しい敬語なのでしょうか。より詳しくみていきましょう。

「いらっしゃいますでしょうか」をもう一度分解して考える

「いらっしゃいますでしょうか」は「いらっしゃる」という言葉と、上記であげたように、「ます」、「でしょうか」という言葉に分解できます。 「いらっしゃる」は「いる」の敬語表現で、尊敬語(自分より目上の方を敬う表現)にあたる表現です。「ます」、「でしょうか」はそれぞれ、敬語の丁寧語にあたる表現で、「ます」は「いる」を丁寧にするためにつく言葉、「でしょうか」は「だろうか」という意味の言葉です。

「いらっしゃいますでしょうか」は二重敬語

こうして分解してみると、「いらっしゃいますでしょうか」というフレーズは、「いらっしゃる」という敬語の後に、「ます」、「でしょうか」という二つの敬語がついていることがお分かりになるでしょうか。 実は、「いらっしゃいますでしょうか」は二重敬語という、敬語の使い方としては望ましくない敬語の使い方をしているフレーズです。二重敬語は、「一つの単語に二つの敬語がついている言葉」のことを指し、間違いではないものの、かしこまった場面や、ビジネスの場面で使うことは望ましくないとされています。 「いらっしゃいますでしょうか」の場合、「いらっしゃる」のあと「ます」と「でしょうか」のどちらかが続けば敬語として十分な表現です。

正しくは「いらっしゃいますか」

上記でみたように、「いらっしゃいますでしょうか」は二重敬語で、正しい表現は「いらっしゃいますか」です。 では、なぜ「いらっしゃいますか」ではなく、「いらっしゃいますでしょうか」と言いたくなってしまうか、というと、「いらっしゃいますか」が少し高圧的なきつい印象を与える表現だからです。 誰かに何かをお願いする場面を考えてみましょう。「お願いできますか」と言われたのと「お願いできるでしょうか」と言われたのでは後者の方が、こちらの気持ちを汲んでくれそうな雰囲気がします。 このように、「ますか」という表現は、少し強く一方的な印象を与えるので、「でしょうか」という言葉をつけたくなるのでしょう。

正しくないけど問題にはならない

二重敬語が「望ましくない」けれども「間違いではない」のと同じように、「いらっしゃいますでしょうか」も、本来正しい言葉の使い方をしている言葉ではありませんが、必ずしも使って問題になり言葉ではないと言えるでしょう。 その理由に、「よりうやうやしい表現として存在する言葉であること」が挙げられます。先にみたように、なぜ「いますでしょうか」という表現になるかといえば、「〜ますか」という表現がニュアンスとしてキツい表現であるからです。 そうして見ると、「いらっしゃいますでしょうか」という言葉が、より相手の方に失礼がないように配慮するためにできた表現であることがお分かりにあるでしょう。表現を変えて、乱暴になるならまだしも、「よりうやうやしい表現」になるのであれば、問題になることは少ないと言えます。 こうしたことから、日常の範囲で使用するのならば、そこまで気にすることではないと言えるでしょう。

「いらっしゃいますでしょうか」のビジネスでの使い方

「いらっしゃいますでしょうか」のビジネスでの使い方

では、ビジネスの場では「いらっしゃいますでしょうか」とはどのような時に使うのでしょうか。こちらではその使い方にいくつかの項目に分けてご紹介します。

電話をかけたとき

「電話」は一番「いらっしゃいますでしょうか」というフレーズをよく聞く場面と言えるでしょう。 例えば、取引先に電話をかけた時に、会社の電話番号しかいただいていない場合、電話を取ってくれた人かた、電話をしたい相手に代わってもらわなければいけません。このような時に「いらっしゃいますでしょうか」という言葉は、「〇〇様はいらっしゃいますでしょうか」という風に使えます。 また、いただいた電話番号が、電話したい相手の方の個人番号であった時などは、かけ間違いしていないか確かめる必要があります。そんな時も「〇〇さまでいらっしゃいますでしょうか」というように尋ねることができます。

相手の人と初めて会うとき

電話やメールではやり取りをしていたけれど直接会うのは初めてだ、という人と、待ち合わせ場所で会う時にも「〇〇様でいらっしゃいますでしょうか?」というように使うことができます。 この時、似た表現で気をつけたいのが、「〇〇様でございますね」という表現です。こちらは初対面の方に使う言葉ではありません。 理由は、「ございます」が敬語の謙譲語にあたる言葉だからです。謙譲語は「自分に関わるものやことをへりくだって言い表すことで、相手の方を立てる言葉遣い」です。初対面の方は自分の身内の方とは言えませんので、謙譲語を使うのは失礼にあたります。 ですので、声をかけるときは「〇〇様でいらっしゃいますでしょうか」と、尋ねるようにしましょう。

「いらっしゃいますでしょうか」の返事の方法

では「〜いらっしゃいますでしょうか」と尋ねられたら、なんと応えるのが正しいのでしょうか。正しい返事の方法を確認していきしょう。

「いらっしゃいますでしょうか」は尊敬語

「尊敬語」とは先にも少し述べましたが、「目上の方を敬って使う言葉遣い」のことを指します。ですので、「尊敬語」を使う相手は、上司や、失礼がないように敬意を払わなければいけない、取引先の方やお客様になります。 「いらっしゃいますでしょうか」と尋ねられているということは、相手の方が自分や自分に関わる人に対して敬意を払ってくれている、ということを意味していると言えるでしょう。

「いらっしゃいます」とは応えない。

例え電話口で取引先の人に、自分の上司について「〇〇様いらっしゃいますか」と尋ねられても、「いらっしゃいます」とは応えません。 その理由は、尊敬語はその時最も敬意を示さなくてはならない相手に使って使う言葉だからです。電話口で話している時、最も敬意を示さなくてはいけないのは、取引先の方になります。

正しくは「おります/おりません」

では、「いらっしゃいますでしょうか」と「尊敬語」で尋ねられた時には、どのように応えるのが正しいのでしょうか。 答えは「謙譲語」で応えることです。謙譲語は「自分や自分に関わる人や物に対して、あえてへりくだった言い方をすることで相手の方をたてる言葉遣い」です。「いらっしゃいますでしょうか」という言葉で、自分に関わることを尋ねられているので、謙譲語を使います。 先ほどの電話口の例で言えば、「いる」の謙譲語は「おる」なので、例え上司の方について尋ねられていても、「はい、おります/〇〇はあいにく席を外しております」というように応えます。 他に自分のことを尋ねられた場合も、「はい、〇〇でございます」や、「私が〇〇でございます」という風に謙譲語で応えるのが、正しい応対の方法になります。

「いらっしゃいますでしょうか」のメールでの使い方

では、メールでは「いらっしゃいますでしょうか」というフレーズはどのように使うのでしょうか。メールでの使い方も押さえておきましょう。

例えばこんな時に使う

メールで使うときは、電話や直接会う時と違い宛先の相手は明確なので、当然「その人本人かどうか」は尋ねません。では、どのようなことを尋ねるのに使うかというと、相手の予定や相手は知っていて、自分は知らない他者のことについて尋ねるのに使います。 例えば、取引先の方が自分の会社に来てくれるとき、いつ頃着きそうか聞いておきたいと考えることもあるでしょう。そんな時は、「いつ頃いらっしゃいますでしょうか」という風に尋ねることができます。 また、先ほどと同じ例で、何を使って来てくれるのかを把握しておきたい時には、「何でいらっしゃいますでしょうか」と尋ねられますし、どんな方が来てくれるのか知りたい時には、「どのような方がいらっしゃいますでしょうか」といったように、尋ねることができます。

メールで使う時はここに注意しよう!

メールで「いらっしゃいますでしょうか」を使う時には、多用に注意が必要です。どんな言葉にも言えることですが、同じ言葉を使いすぎると読み手にとって、くどく読みづらい文章になってしまいます。 ですので、先ほどの例で例えば、一つのメールの中で、「いつ頃着きそうか」、「どんな交通手段を使ってくるのか」、「どんな人が来てくれるのか」を聞きたい時には、そのどれか一つにだけ、「いらっしゃいますでしょうか」を使いましょう。 具体的に言えば、「いつ頃お越しになるでしょうか」、「何を使っておいでになりますか」など、他二つに関しては別の言い回しをした上で、「どのような方がいらしゃいますでしょうか」と、尋ねるという風に工夫することが必要と言えます。

時と場合によって言葉を使い分けよう!

いかがでしたでしょうか。「いらっしゃいますでしょうか」について、その言葉が正しいものなのかどうかから、詳しい使い方についてまで、ご紹介してきました。 「いらっしゃいますでしょうか」が間違いかどうかのところでお話ししたように、「いらっしゃいますでしょうか」という言葉は、敬語としては正しい言葉ではありません。しかし、同じ項でご紹介したように、大変失礼にあたる言葉というわけでもありません。 言葉を扱う時に特に大切なことの一つは、その言葉を受けとる相手やその場面にとって、言葉が相応しいものであるかです。正しい言葉の意味を理解するとともに、臨機応変にその時々によって、相応しい言葉が選べるようになれると良いと言えるでしょう。

関連タグ

アクセスランキング