IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「取り急ぎ御礼まで」の意味と使い方・丁寧語・敬語・返信方法

敬語

取り急ぎ御礼まで。というフレーズはよく見かけますが、違和感は感じませんか。その違和感は、「取り急ぎ」と「御礼」の組み合わせによって生まれています。取り急ぎ御礼までは定型文ですが、言葉の意味を考えると、感じる違和感をそのままにしておくのは危険です。

更新日時:

「取り急ぎ御礼まで」の意味と使い方は?

「取り急ぎ御礼まで」の意味と使い方は?

「取り急ぎ御礼まで」と、文章の締めの言葉として使う人も多いでしょう。取り急ぎ御礼までとは「とりあえず、急いで、お礼だけを言います」という意味の言葉です。取り急ぎは、「本来ならば然るべき行動を取らなければいけないが、急ぎの用があるために取ることができない」という意味で、目上の人には、礼を欠く、失礼な言い回しです。 御礼は感謝の気持ちを述べることです。感謝の気持ちは「とりあえず」という上っ面で表すものではありません。取り急ぎ御礼までという表現は、相手をぞんざいに扱っているという印象を与えます。使用は避けるべき表現でしょう。

使い方は?

使い方は、文書やメールで使われることが多く、文章の結びの言葉として使用されます。しかし目上の方やビジネスでは「取り急ぎ御礼まで」という表現は、ふさわしくないために、言い換えて使うことが大切です。 取り急ぎは「急いでいるからとりあえず」という意味ですし、「〜まで」という表現も、ふさわしくありません。また「取り急ぎ御礼まで」だけではお礼の代わりにはならないため、きちんと感謝の言葉を表記しなければいけません。 「〜まで」という表現は、それ以上ない、ということを強調するまでの語で、「礼だけ言っておく」というこちらも失礼と言われてもおかしくない表現です。 そのため、取り急ぎ御礼までということを文章で伝えたいのであれば、「まずはお礼を申し上げます」「略儀ながら手紙にて御礼申し上げます」と言い換えることが必要です。

メールでの使い方は?

メールでお礼の気持ちを伝える際には、当日か、遅くとも翌日にはメールを送るようにします。その場合には、何に対して感謝しているのかをきちんと明記することで、とても丁寧な印象を残すことができます。 メールでも「取り急ぎ御礼まで」はふさわしくない表現です。「取り急ぎ御礼まで」という表現は、定型文として使われていて、気にしない人もいますが、使わないに越したことはないでしょう。 先にお礼を伝えたい、という場合には、「まずは」を使用し、まずはお礼申し上げます。という形にします。この形の文章で注意したいのは、「取り急ぎ御礼まで」は、お礼の代わりにはならないということです。きちんと感謝の言葉を書いて、文末の締めに、「お礼だけですが」という意味で「まずは、お礼を申し上げます」と締めることで、印象の良いお礼のメールになります。

「取り急ぎ」と「御礼まで」は組み合わせない

「取り急ぎ」と「御礼まで」は組み合わせない

取り急ぎは、報告や連絡、お知らせなど、「いまお知らせできる範囲で報告しますよ」というような場合には使うことができますが、やはり目上の人には使うことを避けるべき表現です。取り急ぎは親しい上司や同僚、部下など、「目に届く範囲」に人の限って使います。 また「〜まで」というそれ以上ないという表現も、ビジネスでは使うのを避けるべきです。日本語としては間違いではありませんが、やはり敬意が足りない印象になります。言葉を出し惜しみせずに、申し上げますなど語尾まで丁寧に表します。 本来お礼は、相手の顔を見てします。また、きちんとした形式の手紙で感謝を表します。「取り急ぎ」でと簡単に済ますことではありません。取り急ぎと御礼は組み合わせては使えない言葉だと認識しましょう。

「取り急ぎ御礼まで」の丁寧語・敬語は?

「取り急ぎ御礼まで」の丁寧語・敬語は?

取り急ぎ御礼までは失礼な表現です。そのため、他の言葉に言い換えて使います。よく使われるのは、「まずは」という副詞です。まずは、は「先に」や「最初に」と言った意味で使われます。取り急ぎは「とりあえず」という、急ぐから間に合わせでしておくと言った意味です。 同じような使い方をしますが、意味は全く違います。二つの語句の意味を考えると、特にお礼には「取り急ぎ」はふさわしくない表現です。そのため、「まずは」や「略儀ながら」へ言い換えが必要になります。

敬語での表現

取り急ぎ御礼まではふさわしくない表現ですので、言い換えをします。 ・まずはお礼を申し上げます。 ・略儀ながらお礼申し上げます。 どうしても「取り急ぎ御礼まで」という表現を使いたい場合には、〇〇にてお礼申し上げます、という形にします。 ・取り急ぎメールにて御礼申し上げます。

目上の人に使っても良いでしょうか

目上の人に使っても良いでしょうか

取り急ぎは、「十分に準備ができていないのでできる範囲で」「間に合わせの処置で」という意味です。そのため取り急ぎ御礼までは、「間に合わせで礼を言っておく」と気持ちの全くこもっていないという印象を相手に与えかねません。 そのため使うのは避けたほうがいいフレーズです。特に目上の人には、使うことはNGなワードとして覚えていた方がいいでしょう。取り急ぎは、お礼と組み合わせてはいけないフレーズだと認識しておいた方が無難です。

「取り急ぎ御礼まで」に返信はいる?

相手方から「取り急ぎ御礼まで」というメールが来た場合には、返信は基本的に必要はないと考えた方がいいでしょう。取り急ぎ御礼までということは、文面のとおり、「とりあえず御礼だけ伝えたいから」と言った意味でしょうから、相手も返信を待っていないと考えるのが自然です。 「取り急ぎ御礼まで」ということは、忙しい最中にメールを送っている、ということなので、返信をする場合には、「こちらこそありがとうございました」と短く簡潔にお礼の言葉を述べるのみにした方が良いでしょう。

「取り急ぎ御礼まで」の例文は?

「取り急ぎ御礼まで」は「取り急ぎ」に「御礼」を組み合わせて使わない、という考え方が無難であることから、「まずは」や「略儀ながら」に言い換えた例文をご紹介します。

取り急ぎ御礼までとなりますが

取り急ぎ御礼までとなりますが、は失礼な言い回しですので「まずは」や「略儀ながら」に言い換えます。 ・まずは御礼のみで失礼させていだきますが、後日御礼かたがたご挨拶に伺いたく存じます。 ・略儀ながら、まずはメールにて御礼申し上げます。後日御礼かたがた御挨拶にお伺いいたします。 ・本来ならばお伺いして御礼申し上げるべきではありますが、まずは手紙にて御礼を申し上げます。 お礼を伝える際には、「〜まで」と切らず、語尾まで丁寧に表します。

今後とも宜しくお願いいたします

今後とも宜しくお願いします、と御礼の文章で伝えたい場合には、感謝の念をはじめに表し、結びの挨拶を「今後とも宜しくお願い申し上げます」と締めます。御礼を伝えたいのであれば、文末で「まずは御礼申し上げます」と結びます。 また、「今後とも宜しくお願いいたします」だけだと、何をお願いするのか伝わらないので、「何を」お願いするのか明記することにより、より丁寧な印象になります。 ・本日はお忙しい中、貴重なお時間を割いていただきありがとうございました。有益なご提案は、新商品をさらに良いものにするために参考にさせていただきます。今後とも新商品の開発のためにご助力を宜しくお願い申し上げます。

取り急ぎ御礼までは失礼です

取り急ぎ御礼までは失礼です

取り急ぎ御礼までは、定型文として定着していて、失礼には当たらないとする考え方もあります。しかし言葉の意味を考えてみると、「とりあえずお礼だけ言っておく」です。こんなことを口頭で言われたら、ずいぶんぞんざいな扱いだな、と不快に思いませんか。 確かに取り急ぎ御礼までは、よく見かけるフレーズです。だからと言って失礼ではなくならないし、相手にとっては不快に感じることでしょう。「早くお礼だけでも伝えたい」という気持ちでメールや文書を出したのであれば、その気持ちも全て水の泡になります。 言葉には意味があります。言葉の意味を理解して使わないと、好意も相手を敬う気持ちも全てが無駄になるばかりか、逆に不要な怒りを買ってしまう可能性も否めません。 取り急ぎ御礼までというフレーズは、使ってはいけないフレーズとして認識し、「まずは」や「略儀ながら」などの言い換えのフレーズをうまく活用しましょう。

関連タグ

アクセスランキング