IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「下さいませ」の使い方・正しい敬語なのか|目上の人/男性

敬語

上品な印象を与える「くださいませ」は、女性的で細やかな心配りを感じる言葉です。ビジネスでは主に接客業やコールセンターな度で口語で使われることが多いでしょう。しかし「くださいませ」は敬語としてはふさわしくないという考え方もあります。正しい使い方をご紹介します。

更新日時:

「下さいませ」の使い方は?

「下さいませ」の使い方は?

「下さいませ」は、丁寧な気持ちを込めて、相手に動作を要求する際に使われます。「くれ」の尊敬語である「ください」に、丁寧の助動詞「ます」の命令形「ませ」を組み合わせていると考えれば、理解しやすいでしょう。 「お待ちくださいませ」「ご検討くださいませ」と口語で使ったり、「ご自愛くださいませ」「つつがなくお過ごしくださいませ」というように、文章の結びでも使用します。

「〜ませ」の「ませ」って?

「〜ませ」は丁寧の助動詞「ます」の命令形です。「ませ」または「まし」と語尾につけます。「ませ」は尊敬語の命令形に接続して使われます。 「いらっしゃいませ」は「いらっしゃい」という、「いらっしゃる」という尊敬語の命令形です。「〜ください」も「くれ」という尊敬語の命令形です。 「ませ」は命令形ですが、丁寧な気持ちを添えようとして生まれた助動詞です。「尊敬語」の「ください」に「丁寧語」の「ませ」を組み合わせた、とても丁寧な敬意を示す表現だと言えるでしょう。 「下さいませ」は、男性よりも女性の方がより頻繁に使う傾向が多く、また公的より私的な場面でよく耳にします。

素っ気ない文章を丁寧な印象に

ビジネスにおいては、「〜ください」ではどこか素っ気なく感じてしまう場合などに使われます。むしろ「〜下さいませ」の方が、「〜ください」よりも柔らかい印象を残しやすいです。 メールなどで頻繁に使われますが、あまり使いすぎると過度に丁寧になり、「馬鹿にしている のか」と思わぬ不興を買うこともあります。そのため、どこか一カ所に絞って使うのが基本です。 「〜下さいませ」と使うことにより、表現を和らげる効果があります。また上品かつ丁寧な印象が残り、相手を尊重する気持ちも表すことができます。

くださいませんか?

くださいませんか?

「〜くださいませんか」は否定の疑問形での依頼の表現です。否定の形を取っていますが、内容を否定しているわけではなく、「〜してくださいますか」よりもさらに丁寧な依頼を意味します。 「〜してくれますか」は丁寧に依頼する形です。これを否定の形にした「〜くださいませんか」は、「依頼を受けるかどうか相手に尋ねている=相手の都合を確認していること」とみなされます。そのため、「〜くださいますか」よりも丁寧な表現です。 「〜くださいませんか」の言い換えには、「〜していただけませんか」があり、こちらも「くださいませんか」と同じように丁寧です。ビジネスでは「〜くださいませんか」よりも「〜いただけませんか」の方が、よりスマートな表現だと言えるでしょう。

してくださいませんかの例文

「〜してくださいませんか」は、自分が相手にとって欲しい行動を要求(依頼)する際に使います。「〜してくださいますか」よりも丁寧な依頼の表現です。 ・連絡をくださいませんか。 ・恐れ入りますがお手すきの際に連絡をくださいませんか。 ・ご検討くださいませんか。 ・ご検討いただけますか。 いづれの表現も、日常生活では頻繁に使うと言えるでしょう。

下さいませんでしょうか?

下さいませんでしょうか?

これは二重敬語という間違った表現です。「くださいません」と「でしょうか」は二つ重なった敬語表現で、「ます」の否定形である「ません」と「です」の疑問形「でしょうか」の二つの丁寧語が入っています。丁寧にしようとして犯しがちなミスなので、十分に気をつけましょう。 「下さいませんでしょうか」と意識せずに使いがちですが、あまりにも馬鹿丁寧な印象を与えるため、相手によっては不快に感じる可能性があります。そのため、他の言い回しを考えることが必要です。 「連絡くださいませんでしょうか」を正しい形にすると、「ご連絡ください」が最もシンプルでわかりやすいですが、これでは敬意が足りません。 そこで、「ご連絡いただけませんか」という形にしてみましょう。それでも心許ないという時には、クッション言葉などを使って敬意を伝えれば大丈夫です。「恐れ入りますが、ご連絡いただけないでしょうか」とすると、より柔らかく丁寧な印象を与えます。

漢字にはしません

また漢字表記の「下さい」は、「(自分に)何かを下さい」という場合に、下(自分)にさげてくださいという相手を高める意味で使われます。「私に食べ物を(下げて)ください」とすると、自分のことをへりくだっている表現だとわかります。 下げるは、目上の人から下の人にものを渡すという意味があります。そのため、実質的にものを貰う、受け取る際に「それを私に下さい」というように使います。 そのため「ご連絡ください」のように相手に動作を要求する場合には、漢字表記の「下さい」は間違った使い方になります。この使い分けは、辞書などに乗っているわけではありませんが、ビジネスや公的な文書では、意識した使い分けがされているため、注意が必要です。

下さいませんでしょうかの例文

・資料を私に下さいませんでしょうか。 この表現は二重敬語に当たり適切な表現ではないため、ほかの言葉に置き換えます。 ・資料をいただけませんか。 ・お手数ですが、資料をいただけませんか。 ・恐れ入りますが、資料をいただけませんか。 ・資料をいただきたくお願い申し上げます。 一見細かいことでも、意識するだけで印象が大きく変わります。

「下さいませ」は正しい敬語ですか?

「下さいませ」は正しい敬語ですか?

「下さいませ」は漢字表記では間違った表現です。文書にて使う場合には「くださいませ」と「かな表記」にします。「下さいませ」は文章や口頭で「ご自愛くださいませ」のように使うと、女性的な柔らかな印象が生まれますし、細やかな心配りを見せることができます。ただし、使いすぎると「遣り過ぎ」な感じが出てしまうので、ほどほどにしましょう。

目上の人に使っても良いの?

目上の人に使っても良いの?

目上の人にも使えますが、「下さいませ」は敬語というには少々敬意が足りず、丁寧語に分類されます。そのため「〜下さいませ」と使うよりも「〜していただけますか?」と言い換えたほうがスマートです。 文書では敬意が足りない表現ですが、口語では丁寧に接する気持ちから生まれた言葉ですので「〜ませ」はとても丁寧な印象を与えます。しかし「ませ」は命令形であるので、「〜くださいませ」というのは不適切な言葉だ、という意見もあります。使う際には、周りに意見を求めたほうが良いでしょう。 手紙や文書の結びとして使う「ご自愛ください」や「つつがなくお過ごしください」などには、「ませ」をつけることでより丁寧な印象を与えます。こちらの結びの分は、定型化しているため、使っても違和感はありません。「〜くださいませ」は適時適所で使うことが大切です。

文章でも使えるの?

文章でも使えるの?

文書でも使うことができますが、「下さいませ」は女性的な印象が強いため、中には男性が使用すると違和感を感じる人もいます。丁寧な気持ちを込めて使用する言葉なので間違いではありませんが、ビジネス上ではほかの言葉に言い換えたほうが自然です。 言い換えとしては、その文章にもよりますが、「ご検討下さいませ」ならば、「ご検討のほどをよろしくお願いします」や「ご検討いただきたくお願い申し上げます」と言い換えます。「ご了承下さいませ」なら「ご了承いただきたくお願い申し上げます」と、「いただきたい」に言い換えることでスマートな文章に感じるでしょう。 「下さいませ」は公文書など硬い文章では使用しません。「下さいませ」はその柔らかな印象から、私的な手紙や親しい間柄でのメールなどに使用するのが適切です。

行動を勧める際に使います

「くださいませ」は、相手に行動を勧める際に使います。茶菓を遠慮するお客様に「どうぞお召し上がりくださいませ」と食べるように促したり、緊張しているお客様に「どうぞおくつろぎくださいませ」とリラックスするように勧める際に使うのが一般的です。

「下さいませ」は男性も使えますか?

「下さいませ」は女性的な印象が強い言葉です。「〜ませ」は本来「女性語」として定着したものですが、「より丁寧な気持ちを添えたい」という配慮から生まれています。そのため、男性が使用しても間違いではありませんが、中には違和感を感じる人もいます。 「下さいませ」を使うよりも、「いただきます」や「下さい」と言い換えたほうが無難です。「いらっしゃいませ」などのように慣用句化されたものは、使っても特に問題ありません。 親しい取引先宛のメールなどで、文章が硬いと感じる場合などには、「下さいませ」は柔らかな印象を与え、女性的な細やかさを印象付けられる有効な言葉です。 「ご検討ください」とすると素っ気なく感じるところを、「ご検討くださいませ」とすることで、柔らかさや親しみを感じるでしょう。好印象のためには、上手な使い分けが必要です。

サービス業では大活躍の「〜ませ」

サービス業では大活躍の「〜ませ」

「下さいませ」などの「〜ませ」を使用した言葉は、メールや文章では若干の違和感を感じるという人もいます。しかし、接客業では「より丁寧な言葉遣い」とみなされ、「下さいませ」や「〜ませ」は大活躍です。 主にコールセンターや飲食業、小売業などでは、すでに慣用句になっている「いらっしゃいませ」を筆頭に、「少々お待ちくださいませ」「おくつろぎくださいませ」など、男性女性問わず使われます。

「下さいませ」の漢字は正しいですか

「下さいませ」の漢字は正しいですか

相手に動作を要求する場合には、「下さいませ」という漢字表記は正しくありません。漢字表記が適切なのは、「私にものをちょうだい」という場合です。 「くださいませ」は、相手に動作を要求する場合に使います。その場合、漢字表記ではなく、「ご自愛くださいませ」「つつがなくお過ごしくださいませ」などのように、ひらがなで表記することも覚えておきましょう。 「下さいませ」「くださいませ」の使い分けは、辞書などには載っていません。しかし、ビジネスや公文書などでは、意識した使い分けが行われています。意味を理解して、正しい使い方をしましょう。

「下さい」と「ください」の使い分けはあるのでしょうか。

「下さいませ」は相手に柔らかな印象を与えます

「下さいませ」は相手に柔らかな印象を与えます

柔らかな印象を与える「下さいませ」は、「やり過ぎ」と感じる人もいますが、細やかさなどを印象付けるのに有効な言葉です。 「下さいませ」は命令を表す言葉なので、目上の人には使うべきではないと感じる人もいます。とは言え、「ご自愛ください」「つつがなくお過ごしください」だと、素っ気なく感じる場面も往々にしてあります。そんな時、「ご自愛くださいませ」「つつがなくお過ごしくださいませ」のように「くださいませ」をつけることで、より柔らかなで繊細な印象を与えられるでしょう。 どんな言葉でもそうですが、大切なのは「適切に」「適当な」場面で使うことではないでしょうか。確かに「下さいませ」は、表面上は命令の形です。しかし「下さいませ」の「ませ」は、「より丁寧にしたい」という気持ちから生まれています。相手への接し方に配慮を考える目的で生まれた言葉です。 適時適切に使うことで言葉は活きます。状況を鑑みて、「下さいませ」をスマートに使いましょう。

関連タグ

アクセスランキング