IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

津の読み方/意味/類義語・浦との違い・使い方|地名/名前

更新日:2020年08月07日

言葉の読み方

「津」という語は、地名や苗字(名字)にみかけます。「津」という語には、どのような意味や使い方がされてきたのでしょうか。「津」の語は源氏の時代から使われています。「津」の意味や地名にみる「津」、苗字(名字)でみる「津」などに関するものを紹介します。

津のつく「女の子」の名前の意味は?

・亜津(あつ)=「亜」には、親や先人を敬い、伝統文化を大事にする人になってほしい。そして「津」の語意から多くの友人に囲まれ喜びの多い人生を送ってほしいという願いが込められています。 ・有津(あづ)=「有」には、存在感があり、上昇志向の人になってほしい。そして「津」のもつ、人から信頼され、多くの友人に囲まれ幸せな人生を送れるようにとの願いが込められています。 ・和津(かづ)=「和」には、人の和を大切にする人になってほしい。そして「津」のもつ、多くの友人に囲まれて充実した人生を送ることができますようにという願いが込められています。

津や浦のように地名には意味があります

日本の地名には、いくつかの共通点が見られます。沿岸地域には、「海」、「河」、「湖」があります。これらの地域の湾(港)になったところの地名には、「〇〇津」などの地名が多く、海辺に近い地域では「〇〇浦」などの地名が見られます。 とくに日本は、島国ですから「漁港」を含め4000以上の「港」があります。それに関連する、「津」、「湊」、「浦」、「泊」のつく地名には意味があり、これらの語を用いた地名がほとんどを占めています。 内陸部の地名の歴史は古いところが多く、その土地の成り立ちから付名されたものが多くあります。昔、「川」だった所は、「服部川」、「郡川」などの地名になっています。 昔からの地名には、その土地の持つ歴史的な意味が色濃くのこっています。興味のある地名を見つけたらほりさげて見てみるのも楽しいでしょう。

初回公開日:2018年03月14日

記載されている内容は2018年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング