IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「教えてください」の使い方とは?ビジネスシーンでの例文も紹介

更新日:2022年10月11日

敬語表現

皆さんは「教えてください」という言葉を適切に使えているでしょうか?本記事では「教えてください」という気持ちを伝える様々な表現を、例文を挙げて紹介しています。状況に合わせて言葉を使い分けることで、あなたのビジネススキルをアップしましょう。

人から何かを教えてもらいたい時、どんな言葉でお願いしますか?単純に「教えてください」と言える時もあれば、そうでない時もあり、言い方に迷うことがありますよね。また、お願いした以上は、相手に気持ちよく教えてもらいたいものです。 そのためには、日常生活やビジネスといった場面の違いや、友人や上司のような使う相手に応じた、上手な言葉の使い分けを身につけることが大切です。 この記事では、「教えてください」という気持ちを伝える様々な言い方を、例文を交えてご紹介します。お読みいただければ、生活の中の様々なシーンで活用することができるでしょう。 「教えてください」を上手に使い分けることで、知りたいことをスマートに手に入れられるようになりましょう。

「教えてください」の意味

「教えてください」の意味

「教えてください」という言葉は、分からない点や疑問に思ったことを尋ねる時に使います。 言葉の成り立ちを見ると、「教える+て+ください」となっています。「ください」は「くださる」という尊敬語の命令形で、相手に何かを要望・懇願する意味があります。 つまり「教えてください」は、「教えてほしい」という気持ちを相手に敬意を持って伝える時に使う言葉、と言えます。

「教えてください」の使い方・例文

「教えてください」は敬語表現として、普段の生活の中でごく普通に使われる言葉です。 まず、「教えてください」という言い方がそのまま使われる場面を見ていきます。使い方のマナー、とりわけビジネスの現場における使い方をしっかりとおさえていきましょう。

ビジネスシーンで使う場合

ビジネスシーンで「教えてください」と言うのは、多くの場合、相手が同僚や後輩・部下の時です。近しい関係の人に対しても、上から目線で「教えて」と言うのではなく、「教えてください」と丁寧に声を掛けるのがスマートです。

  • 「○○さんの連絡先を教えてください。」
  • 「明日の午後の予定を教えてください。」
  • 「この事案について、詳細を教えてください。」

普段の会話で使う場合

ビジネスの現場に限らず、普段の会話でも、丁寧な言い回しとして「教えてください」を使えるようにしておくことは大切です。相手を敬う気持ちを持って会話をするといった普段の心がけが、ビジネスの現場でも役に立ちます。

  • 「今日のおすすめメニューを教えてください。」
  • 「アプリでの注文の仕方が分からないので教えてください。」
  • 「来月の予約状況について教えてください。」

メールなどで使う場合

メールや手紙のような顔の見えない形でのやり取りでは、お願いの気持ちだけでなく、より丁寧に、相手を気遣った思いを伝えたいところです。 とりわけビジネスの現場においては、文面によって、その時の印象だけでなくその後の関係性にまで影響する可能性を思えば、社会人として表現に十分な注意を払う必要があります。

  • 「来週のご予定について教えてください。よろしくお願いします。」
  • 「お忙しい中恐縮ですが、ご指摘いただいた点について詳しく教えてください。」
次のページ:「教えてください」使う際の注意点
初回公開日:2018年02月22日

記載されている内容は2018年02月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング