IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「養生してください」の意味とビジネスでの使い方|メール

メール

「養生してください」とはどのような意味なのでしょうか?また、どう使えば良いのでしょうか?子のページでは、「養生してください」の基本的な意味や使い方などをご紹介しています。また、「養生してください」の敬語表現への言い換えについても考察しています。

更新日時:

意味は?使い方は?「養生してください」というフレーズについて

日常会話やビジネスシーンで時折、「養生してください」というフレーズを目にしたり耳にしたりすることがあるでしょう。体調を崩している人や、病気などの治療をしている人に対して使用されるイメージが多い「養生してください」というフレーズですが、実際にはどのような意味を持っている言い回しなのか、よくわからないという方もいらっしゃると予想できます。 そこで今回は、「養生してください」という言い回しをテーマにして、意味や使い方、敬語表現などについて考察・ご紹介していきます。「養生してください」という言い回しの使い方などに自信がないという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

「養生してください」の意味・使い方

「養生してください」の意味・使い方

まずは、「養生してください」というフレーズの基本的な意味や使い方について考えていきましょう。「養生してください」という言い回しは、比較的使用される頻度が高い言い回しですが、「周囲の人が使っているから、何となく自分も使っている」という方もいらっしゃると予想できます。 この機会にぜひ、「何となく」の理解で放置してしまいがちな、「養生してください」というフレーズについて、見直してみて下さい。

「養生してください」の意味

早速、「養生してください」という言い回しに含まれている、意味やニュアンスについて確認していきましょう。 「養生してください」という言葉の意味について考える際、「養生」という言葉の意味がわからないために、「養生してください」の意味もわからないという方は、少なくないと予想できます。そこで今回は、「養生」という言葉の意味について確認していきます。

「養生」の意味

「養生」の意味について、「goo辞書」では以下の引用のように解説しています。引用の内容から、「養生」には大きくわけて4つの意味があることが読み取れます。 1つ目は、健康促進や健康の向上をはかることです。2つ目の意味は、病気や体調不良の回復につとめることだとされています。3つ目は、コンクリートの硬化を目的にして、衝撃などから保護することを意味しています。そして4つ目は、家具などを運搬する際に、汚れなどから保護するために布を被せることを意味していると言われています。 このうち、日常的に使用されている「養生してください」の「養生」は、1つ目か2つ目の意味で使用されていると予想できます。

1 生活に留意して健康の増進を図ること。摂生 (せっせい) 。 2 病気の回復につとめること。保養。 3 打ち込んだコンクリートやモルタルが十分に硬化するように、低温・乾燥・衝撃などから保護する作業。 4 家具の運搬や塗装作業などの際に、運搬物や周囲の汚損を防ぐために布や板などで保護すること。

「養生してください」の使い方

「養生してください」という言い回しに込められた意味を学んだところで、続いてはどのようにして「養生してください」というフレーズを使用すれば良いのか、考察していきます。 上記でもご紹介しましたが、「養生」という言葉には、大きくわけて4種類の意味が存在しています。その中でも、日常的に使用される機会が多いのは、健康促進としての意味や、病気の回復としての意味だと考えられます。 ですから、一般的には、「お身体をお大事になさって下さい」や「早く良くなって下さい」といった意味・ニュアンスで「養生して下さい」という言葉が使用されると考えられます。

「養生してください」は敬語表現なのか

「養生してください」は敬語表現なのか

ビジネスシーンや年上・目上の人とコミュニケーションを取る場合は、敬語で話すのがマナーだとされています。ですから、ビジネス関係の相手や、年上・目上の人に対して「養生してください」というフレーズを使いたい場合は、敬語などの丁寧な形で表現する必要があります。 そこで続いては、「養生してください」は敬語表現として上司に対して使っても良いのか、また敬語表現としてはどのように言い換えれば良いのかなどについて、考察していきます。

上司に使っても良いのか

上司に使っても良いのか

体調を崩して欠席している上司に連絡を取る際や、上司のお見舞いへ行った際など、上司に対して「表情してください」という言葉を使用する機会が訪れる可能性も、ゼロではありません。そのような際、「養生してください」というフレーズを上司へ使っても良いのかどうか、考察していきます。 結論から言うと、上司に「養生してください」というフレーズを使うのは、おすすめできません。「してください」という表現は、丁寧な形ではあるものの、敬語ではないと考えられます。また、指図するニュアンスが含まれていると受け取る人もいらっしゃるでしょう。そのため、かえって失礼な印象を与えてしまう危険性があります。

「養生してください」の敬語表現

上記では、上司などの目上の立場の人に対して、「養生してください」という言い回しを使用するのは、失礼な印象を与える危険性があることをご紹介しました。そこで続いては、どのような言い回しであれば、上司などに対して使用しても問題ないのか、敬語表現について考えていきます。 「養生してください」という言い回しを敬語表現にしたい場合は、「してください」の部分を敬語に変える方法もあります。その場合は、「養生なさってください」などとなります。また、「養生」に丁寧さを表現する「ご」を付けて、「ご養生ください」などと表現しても、敬語表現として使用することができると言われています。

「養生してください」のビジネスでの使い方

「養生してください」のビジネスでの使い方

続いて、ビジネスシーンにおける「養生してください」の使い方について考察していきます。「養生してください」という言い回しは、ビジネスシーンにおいても、敬語表現へと言い換えて使用される頻度が高いと予想できます。 ビジネスシーンのどのようなシチュエーションで使用されることが多いのか、確認していきましょう。

ビジネスにおける「養生してください」の使い方【1】:メール

ビジネスにおける「養生してください」の使い方【1】:メール

ビジネスにおける連絡手段として、今やメールはなくてはならない連絡手段の1つだと言えるでしょう。そんなビジネスメールにおいて、「養生してください」というフレーズはどのように使われているのか、見ていきましょう。 メールで「養生してください」と伝えるシチュエーションとしては、欠席の連絡や取り引き相手の体調不良のお知らせなどが考えられます。社内における欠席の連絡だった場合は、相手との関係性によっては、「養生なさってください」などと言い換えた方が良いでしょう。 取り引き相手の場合は、敬意を払うべき相手となるため、必ず敬語表現で伝えるようにすることをおすすめします。「ご養生ください」などの表現を使うようにしましょう。

ビジネスにおける「養生してください」の使い方【2】:電話

電話などで、通話している相手に対して「養生してください」というフレーズを使うことになるケースもあると考えられます。その場合は、会社への欠勤の連絡が多いと予想できます。 欠勤の電話をかけてきたのが、本人ではなく家族だった場合は、例え部下の家族であっても、「○○さんにご養生くださいとお伝え願えますでしょうか」といった形で、丁寧に表現するのがマナーだと考えられます。 また、電話の相手が取り引き相手やクライアントだった場合は、メールの場合と同様に、必ず「養生してください」は敬語に直して使うようにしましょう。

「養生してください」を適切に使い気持ちを伝えよう

「養生してください」を適切に使い気持ちを伝えよう

いかがでしたでしょうか?今回は、「養生してください」というフレーズをテーマにピックアップして、基本的な意味や使い方、敬語表現への言い換えやビジネスシーンにおける使用方法などについて考察・ご紹介しました。 「養生」という言葉には、さまざまな意味やニュアンスが込められています。しかし、その中でも特に、「お大事に」「体を大切に」といった意味で使用されることが多く、日常生活やビジネスシーンで使用される「養生してください」という言葉も、上記のような意味で使われることが多いと考えられます。 時には、上司などの目上の人に対して使用する可能性もある言葉です。そのため、いざ使用する時に失礼がないよう、敬語表現への言い換えなどについても、学んでおく必要があります。この機会にぜひ、「養生してください」という言い回しと向き合い、意味や使い方を正しく覚えておくことをおすすめします。

関連タグ

アクセスランキング