IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内定承諾書の封筒の書き方や例|縦書き/横書き/表/裏・注意点

更新日:2020年08月28日

内定後

内定承諾書を企業へ返送する場合、どんなことに気を付けたらいいのでしょうか?企業に失礼のないよう、ビジネスマナーに沿って、内定承諾書を入れるための、封筒の色やサイズの選び方、ペンの選び方、宛名の書き方、敬称のつけ方などをお伝えします。

封のしかた

すべての書類を入れた後は、封部分をのりづけし、「〆」「封」「緘」など書き入れるようにします。これらのしるしは、差出人が封をした後、誰も開封されていない状態で、受取人に渡ったという証明となります。 この際、セロハンテープやステープラーで封をしてはいけません。簡単に開封ができ、元のように戻すことができてしまうので、封印の意味がなくなってしまいます。かならずのりで封をした後に、封印を記入するようにしてください。 封印として「〆」を使用する際は、交差している部分が、封のフタ部分の、境目に来るように書きます。この際、「×」に見えないよう、気を付けて書きましょう。 「〆」「封」「緘」の使い分けとしては、「〆」はすべての場面で使用できる正式な封字ですが、より丁寧な印象を与えたい場合に、「封」「緘」を使うことが、昨今の風潮では一般的です。なかでも特に改まった場面では、「緘」を使用します。

内定承諾書の封筒への入れ方

書類を入れる向きと注意点

折りたたまずに入れる場合

書類を入れる向きは、まずは上下が逆さまにならないよう、注意が必要です。また、表裏については、封筒の表と中身の表が、同じ向きになるように入れます。

三つ折り・四つ折りの場合

三つ折りや四つ折りのように、折りたたんで入れる場合は、書類の書き出し部分が、封筒の表側に来るように入れます。折りたたむ場合も、そうでない場合も、封筒の表から見て、中身を出した際に、書き出し部分が目に入るという想定で入れる、ということになります。

気持ちをこめて内定承諾書を送りましょう

いかがでしたか?最後になりますが、何よりも、きれいな字で丁寧に書くことが、受取人である企業に良い印象を与える一番の秘訣です。気持ちを込めて作成したあとは、誤字・脱字のないよう、見返してから送りましょう。 これから入社する会社への、意思表明である内定承諾書。自分の決意を新たにするとともに、企業へもきちんとした印象を与え、新しい環境への第一歩を踏み出しましょう。

初回公開日:2018年02月08日

記載されている内容は2018年02月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング