IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「お忙しい中」の意味と正しい使い方・メール挨拶の例文

初回公開日:2018年02月12日

更新日:2020年05月14日

記載されている内容は2018年02月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

メール

ビジネスシーンで頻繁に使用される「お忙しい中」という表現ですが、これまで正しい使い方を知らないで何となく使用している人もいるのではないでしょうか。そこで今回、「お忙しい中」の正しい使い方や例文を取り上げてご紹介していきます。

「お忙しい中」とは?

「お忙しい中」とは?
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

「お忙しい中」とは、誰かにお願いするときや催促するときなど、さまざまなフレーズの枕詞として、ビジネスシーンの多くの場面で使用することができる言葉です。ビジネスシーンで頻繁に使用されている「お忙しい中」という言葉ですが、中には正しい使い方を知らない人もいるのではないでしょうか。 今回、便利だけど少し使い方が曖昧な言葉である「お忙しい中」について、正しい使い方や意味、表現についてご紹介していきます。

「お忙しい中」の意味

「お忙しい中」の意味とは、文字のとおり「忙しい状態」であり、ビジネスシーン、特にビジネスメールでは大活躍する表現です。本来の言葉の「忙しい状態」という意味とは少しニュアンスが異なり、その時に相手が忙しいかどうかは関係なく、相手への気遣い、心遣いの言葉として使うことができます。 「お忙しい中」とは、多くのビジネスシーンの場面で使用することができ、「お忙しい中とは存じますが」「お忙しい中、申し訳ありませんが」などといった言葉の組み合わせで使用されることが多いです。

「お忙しい中」の類語

「お忙しい中」の類語としては、「お忙しいところ」「ご多用の中」「ご多忙中」などといった言葉が挙げられます。ビジネスシーンでは、そのときの状況や相手にあわせて使い分けると良いでしょう。 例えば、「お忙しい中〜ですが」は話し言葉としては言いやすいですが、メールなど文章にする場合には、「ご多用の中〜ですが」も同じように使うことができます。「お忙しい中、恐れ入りますが」や「お忙しい中すみませんが」などは、柔らかい印象を受けるので、話し言葉で使用する人が多いです。 一方で、メールや書面などの文章では、「ご多用中、お手数をおかけしますが」や「ご多忙の中、誠に恐縮ですが」 などといった表現を使うことで、よりしっかりとした印象を与える文章を作ることができます。 このように、言葉の頭につける枕詞はいくつかのパターンがありますので、把握しておくと大変便利です。

「お忙しい中」とは敬語なのか?

「お忙しい中」とは敬語表現にあたります。社内のメールで上司や先輩に使用しても良いですし、社外の相手とのメールに使用しても良い、丁寧な敬語表現であると言えます。

「お忙しい中」を使う際の注意点とは?

「お忙しい中」という言葉は、相手が実際に忙しいかどうかは関係なく、使うことができるので、使用に際しての注意点としては、時間に余裕があることが明らかな場合など、嫌みに聞こえてしまうことがあります。そのような状況の場合には、あえて「お忙しい中」を使わないという判断も賢明です。 また、その他の注意点として、「お忙しい中」を使用した場合は、相手に要求しすぎないことが大切です。相手のことを考慮した言葉を使って、自分のお願いごとを聞いてもらっているにもかかわらず、納期を決めたり、複数のことを依頼したりすることはやめておきましょう。 そして、「お忙しい中」を使用した際は、相手に「指図」をしないようにしない気を付けましょう。例えば、「早めのご返信お待ちしております」といった書き方は、相手に「早く返信するように」と指図していることになるので、このような書き方はやめましょう。

「お忙しい中」の正しい使い方・挨拶の例文

そもそも、「お忙しい中」とは、どのような時に使用して、どのような場面で登場する言葉なのでしょうか。相手を気遣った枕詞、つまり定型文のような言葉ですが、「使用時の注意点」でもご紹介したとおり、使い方を誤ると逆に相手に不快な思いをさせ兼ねません。 ここでは、「お忙しい中」の正しい使い方と、挨拶の例文をいくつかご紹介します。

正しい使い方1:お願い事をするとき

「お忙しい中」を使用するときの多くは、何か相手にお願い事をしたり、相手に回答を求めたりと、相手側に何かと労力や時間をかけさせてしまいそうな時によく使用します。特に、上司や先輩といった目上の人に使用します。 「お忙しい中」という枕詞をお願い事をする際、冒頭に付け加えるだけで、相手の状況に気を遣っていることが伝わりますし、謙虚な姿勢で自分がお願い事をしているという状況も伝えることができます。 また、「お忙しい中」には、相手に猶予をもって取り組んでもらう、といった意味合いもあります。相手の状況を配慮し、「お忙しい中」を付け加えることで、「もし可能であれば」といった意味合いや、「あなたのタイミングや都合に合わせます」といった意味合いをお願い事に付け足すことができます。 その結果、依頼された相手もそこまで負担感を持つことなく、お願い事を受け入れてもらいやすくなります。

正しい使い方2:感謝の気持ちを込めて

自分のために、誰かが何か時間を割いてしてくれたとき、相手の手間や労力を想像して「お忙しい中〜してくださってありがとうございます」などと使うことができます。相手は、自分自身でもやることがある中、依頼した自分のためにわざわざ時間を割いてくれたことに感謝している気持ちを表しています。 実際に、相手からもし「お忙しい中」と言われた場合、もしかすると流してしまうような定型文でもあるのですが、「お忙しい中」を言われなかったら言われなかったで、なんだか寂しい気持ちになってしまう人もいることでしょう。ただ、「ありがとう」と言われるよりも、プラスアルファで「お忙しい中」と言われた方が何だか嬉しい気持ちになるのではないでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング