IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

職業選択の自由の意味と制限|憲法/判例・転職/副業禁止の可否

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

職業選択の自由とはなんなのでしょうか。職業選択の自由というものの、違法で好きな場所にお店を誰でも出していいということではありません。それは条件つきの職業選択の自由です。まず、一番最初に考えるべきことは、私達の暮らしにどう安泰がもたらされるかということです。

いろいろと、みなさんは、プロ野球の事例がわかりやすいので、ここから職業選択の自由について考えるのもいいのではないでしょうか。確かに、巨人に集中してしまうから、野球が面白くなくなるという意見も正しいでしょう。

プロ野球を運営する権利はない

しかし、それをそのまま放置しておいても、自分は、巨人でないチームへ行って、巨人を倒すことによって評価されようと思う選手は必ず登場し、さらに高いレベルで、ドラフトなどしないでも、バランスが取れるようになる可能性はあります。 しかし、お金のない企業には、なかなかいい選手は行こうと思わない可能性はあります。そもそも、極貧企業は、プロ野球を運営する権利はないとも考えることができ、プロ野球を運営をしている企業は、資金を管理するというのも大事なことです。 お金という問題は、契約金以外にも、いい球場の設備を整えて、有能なOBや監督、ゼネラルマネージャーをつけることができ、さまざまな優位をもたらすことになります。ドラフトで問題を解決するよりも、もっと根底部分で、積極的に働きかけていくことはあるはずではないでしょうか。

職業選択の自由とは

職業選択の自由とは、そのまま職業選択の自由という意味ではないということをわかったのではないでしょうか。職業選択の自由は、私達の日常生活がスムーズに過ごせるために、制限つきの職業選択の自由ということになります。今後も私達が語っていかなければならないのは、職業選択の自由ではなく、制限つき職業選択の自由についてです。

初回公開日:2018年02月05日

記載されている内容は2018年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング