IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

サイドポニーのやり方|結び方/位置・アレンジの仕方|テール

更新日:2022年11月21日

旅行・アウトドア・スポーツ

サイドポニーの魅力にはじまり、サイドポニーの基本、さまざまなアレンジ方法も一挙に紹介していきます。サイドポニーをより華やかにするためにオススメのヘアアクセ、さらにサイドポニーに合う「前髪アリ」スタイルと「前髪ナシ」スタイルもそれぞれを紹介していきます。

シンプルだけじゃない!アレンジ自在なサイドポニー

アクティブな印象が強いポニーテールに比べて、髪の毛を片方に寄せて束ねる「サイドポニー」は華やかな印象だけでなく、アレンジ次第で落ち着いた印象から可愛らしい印象にまで変えていくことができます。 このアレンジ自在のサイドポニーですが、そのアレンジ自体は意外と簡単なものが多いので忙しい朝にうってつけとなっています。 そこで、このサイドポニーの魅力にはじまり、サイドポニーの基本、さまざまなアレンジ方法も一挙に紹介していきます。さらに、せっかくのサイドポニーをより華やかにするためにオススメのヘアアクセもみていきますので参考にしてみてください。 また、サイドポニーのときの前髪スタイルに悩む女性もいるでしょうか。「前髪アリ」スタイルと「前髪ナシ」スタイルのそれぞれを紹介していきます。自分に合ったヘアスタイルを見つけるきっかけにしてください。

サイドポニーの魅力

数多くあるヘアアレンジ方法の中でも、シンプルなアレンジが「サイドポニー」です。このサイドポニーは、ヘアゴム1つあればアレンジできるのが最大の魅力です。 サイドポニーは、頭の後ろで結ぶポニーテールとは異なり、女性らしい華やかさに色っぽさをプラスできるのも魅力といえます。髪を耳後ろ位置で束ねたことで、華奢な首筋やうなじが出て、大人の女性の色気を醸し出すことができます。 さらに、サイドポニーは髪質や髪の量に関係なくボブ以上のレングスがあれば結ぶことができるヘアアレンジとなります。不器用な女性でも必ずできるのも魅力の1つです。

サイドポニーのやり方

サイドポニーは、左右どちらかに髪を束ねるヘアアレンジのことです。最近では、シンプルに片方に結んだポニーテールだけでなく、髪をサイドでアレンジすることも「サイドポニー」と呼ばれるようになっています。 このサイドポニーは、大人の華やかさと女性のフェミニンさをつくるのにとてもオススメのアレンジ方法です。そこで、サイドポニーの基本をみていきましょう。

サイドポニーの結び方

サイドポニーの基本の結び方は、耳後ろで結ぶローポニーテールです。ヘアゴム1つでできるので、忙しい朝にも不器用な女性にもオススメのヘアアレンジです。 さらに、このサイドポニーなら、サイドに髪を寄せたことで、うなじから首筋、デコルテまでがキレイに出るので大人のフェミニンさを醸し出すことができます。 また、結んだヘアゴムを隠すのに髪の毛をロープ編みをする人もいますが、ロープ編みが苦手な場合は、髪をひと束ほど取って結んだヘアゴムに巻きつけるだけでもキレイに隠すことができます。

サイドポニーの位置

後頭部で束ねる、いわゆるポニーテールとは異なり、サイドポニーはその結ぶ位置によって与える印象がガラリと変わるのが特徴といえます。 たとえば、高い位置で結ぶと華やかな印象になり、低い位置で結べば落ち着いた印象になります。また、サイドで束ねた部分を耳下の前から、見える位置にすることで可愛らしく見えます。

サイドポニーとサイドテールの違い

サイドポニーとサイドテールというヘアアレンジの呼び方があります。どちらも「サイドアップスタイル」となり、その違いは髪を束ねる「位置」と束ねて垂れた髪をそのまま(あるいは、アイロンで巻き髪にする)にしておくかです。 サイドポニーの場合は左右どちらかに髪を寄せ、ヘアゴムで1つに束ねるヘアアレンジになります。このとき、結ぶヘアゴムの位置は自由です。 たとえば、耳下の方で結ぶと落ち着いた大人の雰囲気となり、逆に高い位置で結ぶと元気な可愛らしい雰囲気へと変わります。 また、結んだ髪自体をアレンジしていくことができ、「くるりんぱ」や「フィッシュボーン」などのアレンジで華やかな印象をつくるヘアアレンジが「サイドポニー」になります。 一方、髪を横に寄せて「高い」位置で結びあげるヘアアレンジが、「サイドテール」になります。結びあげた髪自体は、尻尾(テール)のようにシンプルに垂らしておきます。

サイドポニーの簡単なアレンジの仕方

落ち着いた大人の印象や華やかな印象、また元気な可愛らしい印象までとアレンジ自在なのが「サイドポニー」スタイルです。 そんな数多くあるアレンジの中から、基本の「テール」や忙しい朝にオススメの「くるりんぱ」だけでなく、デートや大切な日などでちょっと頑張りたいときにオススメの「編み込み」や「おだんご」アレンジに、短めレングスのボブやストレートヘアの女性にもオススメのアレンジを一挙に紹介していきます。

次のページ:基本スタイル「テール」
初回公開日:2018年04月20日

記載されている内容は2018年04月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング