IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

飛行機内でのスマホ使用時やバッテリー持ち込みの際の注意点

おでかけ

旅行や出張で飛行機を利用する時、機内でのスマホの使い方やマナーについて悩んだことはありませんか。飛行機内でスマホを使って良いのか、充電をしても良いのかなどさまざまな疑問が出てきます。今回は、飛行機内でスマホを使用する時の注意点についてご紹介します。

更新日時:

飛行機内でのスマホ使用時の注意点

「飛行機の中でもスマホが使いたい」と思う人は多いことでしょう。しかし、飛行機に乗る以上は、その飛行機の安全な飛行のためにいくつか守らなくてはいけないこともあります。 それはどのようなことなのでしょうか。

飛行機内で使用できる電子機器類

2014年9月1日から、国土交通省の定める告示によって、飛行機内で使用できる電子機器類が定められました。 飛行機内で使用できる電子機器類としては、「携帯電話、PHS、無線操縦玩具、トランシーバー、パーソナルコンピューター、ワイヤレスマイク、電子ゲーム端末、携帯情報端末、無線式ヘッドホン・イヤホンおよび、他の電子機器との無線通信を行う機能を有するもの(Bluetoothなど)」が挙げられます。 こうして見ると、実に多くの種類の電子機器の使用が可能であることがわかります。この中でスマホは「携帯電話」に属すので使用することが可能です。 それでは、スマホを飛行機内で使うときにはどのように使えば良いのでしょうか。

スマホは機内モードで使う!

スマホを飛行機内で使用する時は、離着陸時のみならず、常に電波を発さない状態にしておきましょう。このように設定しておくには、飛行機に搭乗する前に、スマホを機内モードに設定しておくのが良いといえます。 それでは、機内でスマホをギリギリまで電波を使って使いたい、というときには、何を合図に機内モードに変えれば良いのでしょうか。飛行機内でスマホを電波を発した状態で使うことができない時間帯は、出発時に「飛行機のドアが閉まった時」から着陸後に「滑走が終わる時」までです。 したがって、飛行機のドアがしまったら機内モードにするか、電源を切る必要があるといえます。機内アナウンスも流れるので、それに従ってスマホの設定を変えるようにしましょう。

スマホを使う時はこんなことにも注意しよう

飛行機内でスマホを使う場合には、既にスマホに保存した音楽や動画を楽しみます。機内モードなので、新しくアプリや音楽を入れることはできなくなることや、インターネットや通話ももちろん、飛行機内ではできません。また、スマホにすでに保存したものであっても、起動時に通信が必要なアプリは使用できないことにも注意しましょう。 さらに、スマホを機内モードに設定しても、機長が安全運航に差し障りがあると判断した場合には、スマホを使用できません。ペースメーカーなど、医療機器を使用の搭乗者が近くにいる場合も、電子機器の使用を控える必要があるといえます。

こうした規則を破ってしまうと?

規則を破ってスマホを含む一部電子機器の使用した場合、50万円以下の罰金が科せられることがあります(航空法施行規則第164条15による)。楽しく快適なフライトのためにも、アナウンスをよく確認してから、スマホを利用するようにしましょう。

飛行機にスマホのバッテリーの持ち込みの際の注意点

旅先では写真を撮ったり、動画を撮ったりするから、スマホの電池が切れないようにしたい、と考える人は非常に多いことでしょう。 それでは、飛行機にスマホのバッテリーを持って行くことはできるのでしょうか。持っていけるとして、どの種類のバッテリーの持ち込みは可能なのでしょうか。 この項では、飛行機内にスマホのバッテリーを持って行くときに、注意するべきことについてご紹介します。

リチウムを含まない電池はいくつでも持っていける!

電池を飛行機内に持ち込む場合は、リチウムを含まない、乾電池やニッケル水素電池、ニカド電池は個数や容量に制限なく、機内に持ち込むことができます。飛行機の荷物として制限があるのは、リチウム電池とリチウムイオン電池です。 リチウム電池とリチウムイオン電池の違いは、使い捨てのものが「リチウム電池」で、一度使った後、再度充電して使うことができるものが「リチウムイオン電池」です。

スマホの充電器は?

実は、スマホの充電器のほとんどはリチウムイオン電池です。リチウムイオン電池の充電器には本体に「Li-ion」の記載があるので、自分が飛行機内に持って行こうとしている充電器がリチウムイオン電池かどうか調べたいときには、「Li-ion」の記載があるか確認しましょう。 では、スマホの充電器は全く持って行くことができないということなのかというと、その取り扱いについては航空各社で制限がされているものの、全く持っていけないということではありません。

リチウム電池を持ち込む際の注意点

リチウムイオン電池が飛行機に持ち込むことができない最大の理由は、衝撃や温度などにより発火したり爆発したりする恐れがあるからです。 スマホの充電器に使われているリチウムイオン電池やリチウム電池が、飛行中の揺れや離着陸による衝撃などにより、貨物室で発火したり爆発したりした場合には、火を消し止めるのはとても難しくなります。このため、リチウム電池を預け入れることはできなくなっているといえます。 一方、手荷物としてリチウムイオン電池やリチウム電池を持ち込むことは可能です。この場合には、「100Wh-160Wh」以下のリチウムイオン電池ならば、飛行機内に持ち込むことができます。また、リチウム電池の場合はリチウムの含有量が2g以下であれば、機内への持ち込みが可能です。どちらも2個まで持ち込みできます。

飛行機内でも使用可能なおすすめゲーム・アプリ

この項では、飛行機内でオフラインで遊ぶことができるオススメのスマホゲーム・アプリについてご紹介します。「飛行機の中で時間をつぶしたいけど、どんなゲームなら機内モードで遊べるのか知らない」という方や、「オフラインで面白いゲームが知りたい」という方は、ぜひ参考にしてください。

パズルゲーム「SLAAAASH!」

ブロックをなぞって切り、その破片をモンスターにぶつけて、押しつぶし、消していくゲームです。パズルゲームの中でも物理系パズルゲームといえるでしょう。世界観がとてもスチームパンクな雰囲気でおしゃれです。モンスターがうまくつぶせたときの爽快感はやみつきです。

アクションゲーム「シャドウファイト3」

こちらは人気格ゲーの第3弾となるアプリゲームです。1対1で戦うゲームで、相手との間合いを見つつ、技を出していきます。グラフィックのなめらかさが素晴らしく、思わず「スマホゲームなの?」と疑ってしまうほど、アクションゲームとして完成度が高い作品です。戦闘する楽しさの他に、使用キャラクターをカスタマイズする楽しさなどもあります。

RPG「どうして勇者様はそんなに弱いのですか?」

「彼女は最後にそう言った」や「終わらない夕暮れに消えた君」などの感動的なストーリーを持つゲームを出してきた、SYUPRO-DXが生み出したRPGです。正義感は強いものの弱い女勇者が、魔王城に入る前に強い力を持つ少年に会うところから物語は始まります。鳥肌が立つこと必須の感動作です。

シミュレーションゲーム「にゃんこ大戦争」

にゃんこ軍団が日本をゆる〜く襲撃していく、タワーディフェンス系の趣味レーションゲームです。長崎県から戦闘を開始し、どんどん北へ侵略していきます。ゲームを進めるうちに、どんどん個性的なにゃんこが登場するようになり、夢中になります。 ゲーム操作もにゃんこを生産すれば、あとは勝手ににゃんこが戦ってくれるので簡単です。ゲームが苦手な方にもおすすめのゲームといえます。

音ゲー「ピアノタイル 2」

黒いタイルをタップして、音楽を奏でるゲームです。黒いタイルをぎこちなくタップすれば、メロディもぎこちなく、上手にタップすればメロディも滑らかに美しく流れます。まるで本当にピアノを引いているような感覚を味わうことができるゲームといえるでしょう。世界中で遊ばれているこのゲームはBEST GAME 2015を受賞しました。

国内線と国際線の飛行機内での使用ルールの違い

同じ飛行機でも国内線と国際線では、スマホの扱いも変わるのでしょうか。この項では、国際線と国内線では、どのようなスマホの使用ルールの違いがあるのかについてご紹介します。

国内線ではWi-fiが使える?!

JAL/ANAでは国内線でのみ、離陸してから約5分後から着陸する5分前までの間、Wi-Fiを使ってスマホを使うことができます。 JAL国内線では、2017年6月から無料のWi-Fiサービスがあり、これを利用するためには、事前にGogoユーザーアカウントの登録が必要です。また、利用できる路線とそうでない路線があるので、そこにも注意が必要です。 一方ANAでも、2018年4月1日から機内で、Wi-Fiを無料で使用できるようになりました。ANAのWi-Fiサービスを利用するには、搭乗前までに専用のアプリをダウンロードする必要があり、このアプリはiOS、Androidどちらでもダウンロードできます。 どちらも飛行機内で登録/ダウンロードすることが可能ですが、通信環境によっては時間がかかる場合があるので、飛行機に乗る前に済ませておくと良いでしょう。

充電器や電池の扱いは一緒!

モバイルバッテリーや電池は、国際線・国内線の区別はなく、同じルールで取り扱われています。おさらいすると、リチウムイオン電池のモバイルバッテリーは2個まで持ち込みが可能で、その中でも、100Wh-160Wh以下のもののみが対象です。預ける荷物に入れておくことはできないので、手荷物として機内に持ち込みましょう。

コンセントは持ち込み大丈夫?

同じ充電器であっても、コンセント式の充電器はかばんの中に入れたまま、持ち込みが可能です。こちらも国内線・国際線の両方とも制限はありません。スマートフォンや携帯電話だけではなく、パソコンやタブレットなどのものも含め、全ての充電器の持ち込みが可能となっています。 飛行機の中には各座席にコンセントやUSB電源が付いている場合もあり、飛行機に乗っている間に充電もできるので、手荷物として持ち込むととても便利です。

飛行機の荷物検査の際のスマホはトレーに出すべき?

飛行機の荷物検査のときに、スマホをトレーに出すかどうかは、国内線と国際線で違います。国内線は出さなくて良いことが多いです。 これに対して国際線は必ず出すように明示されています。検査中にカバンの中に入っているのが見つかると戻されて再検査となり、カバンの中からスマホを取り出してトレイに乗せてもう一度受ける必要があります。 荷物検査で引っかかりたくない、時間を取りたくない場合には、面倒臭くても一度トレイに出しておくべきであるといえます。

規則を守って快適なフライトを!

飛行機内でのスマホの使い方についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。一見厳しくて面倒臭く感じることでしょうが、安全で快適な運航のためには大切な規則です。きちんと守ってトラブルのないようにしましょう。

関連タグ

アクセスランキング