IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「会う」の謙譲語は何か・謙譲語を使う状況・使い方の例

更新日:2020年08月07日

言葉の使い方

「会う」という言葉の謙譲語と尊敬語の表現はとてもよく似ています。そのため、間違った使い方をしている人が多くいます。「会う」という言葉の尊敬語と謙譲語と使い方について紹介しています。ビジネスで「会う」という言葉を敬語にする場面が多いので、参考にしてください。

謙譲語は、自分の行動に対して相手に敬意を表し、へりくだった表現にしたいときに使いますが、相手の行動に敬意を表した表現にする場合は、尊敬語を使います。では、「会う」という言葉を尊敬語にした場合、どのような表現になるのでしょうか。

お会いになる

「会う」という言葉を尊敬語にする場合は、自分が誰かに会う時ではなく、目上の人などが他の人に会ったという行動を表現する時に使う言葉です。例えば、社長は○○さんにお会いになりましたか」と言ったように、自分が会ったということを表現する時ではなく、他の人が誰かに会うという言葉を敬語にする場合に、尊敬語を使います。

会われる

「会う」という言葉を尊敬語に変換する場合、「お会いになる」という言葉の他に「会われる」という表現をすることもできます。例えば、前の項目の例のように「社長は○○さんに会われましたか」という表現にすることもできるということです。

謙譲語の「お会いする」と尊敬語の「お会いになる」の使い分け

「会う」という言葉の謙譲語は「お会いする」です。尊敬語は「お会いになる」です。「会う」という言葉の謙譲語と尊敬語は表現が似ているので、使うときには注意が必要です。 尊敬語は、自分の行動などに対して、相手に敬意を表し自分をへりくだった表現にするときに使いますが、尊敬語は相手の行動に対して、敬意を表し敬語表現にした言葉です。自分が誰かに会ったときに、「お会いになる」という使い方をしてしまいますと、自分の行動に対して自分を敬っている間違った表現になってしまいます。 自分が誰かに会った時は、謙譲語に、相手が誰かに会ったときは尊敬語に変換します。わからなくなった時は、誰が会ったのかを考えるようにすると間違ずに敬語に変換ができるでしょう。 また、謙譲語と尊敬語の表現が似ているため、間違いやすいので注意するようにしましょう。

自分が目上の人に会った場合は「お会いする」

「先日、学校の恩師にお会いになりました」というのは、自分の行動に対して自分を敬う尊敬語の表現になっています。恩師にあったのは自分なので、この場合謙譲語にするためには、「先日、学校の恩師にお会いしました」と表現するのが正解です。

相手が誰かに会った場合は「お会いになる」

「会う」という言葉を尊敬語に変換する場合は、自分以外の人が他の人に会った時です。例えば、「課長は○○会社の橋本さんに会ったことはありますか」と質問したい場合です。「課長は、○○会社の橋本さんにお会いになったことはありますか」のように、橋本さんに会ったのは課長なので、課長に対して尊敬の意を表す尊敬語に変換して使います。 尊敬語と謙譲語の違いは、「になる」か「する」という違いだけなので、間違った使い方をする人が多い言葉です。尊敬語と謙譲語を混同しないように注意しましょう。

謙譲語と尊敬語が似ている場合は、使い分けに注意しましょう

謙譲語と尊敬語は、まったく違う表現になるものもありますが、「会う」のように謙譲語と尊敬語の表現がとても似ているものがあります。誤った使い方をしてしまいますと、自分の行動に対して、自分で自分を尊敬している表現になってしまうことや、相手の行動に対して、目下の人がへりくだった表現にしてしまうことがあります。 本来であれば、尊敬語にしなければならない時に間違えて謙譲語にしてしまいますと、相手に対して、敬うつもりが逆に失礼な表現になってしまうことがあります。 このように謙譲語と尊敬語の表現が似ている場合は、使う時は特に注意するようにしましょう。

初回公開日:2018年01月12日

記載されている内容は2018年01月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング