IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「会う」の謙譲語は何か・謙譲語を使う状況・使い方の例

更新日:2020年08月07日

言葉の使い方

「会う」という言葉の謙譲語と尊敬語の表現はとてもよく似ています。そのため、間違った使い方をしている人が多くいます。「会う」という言葉の尊敬語と謙譲語と使い方について紹介しています。ビジネスで「会う」という言葉を敬語にする場面が多いので、参考にしてください。

「会う」の謙譲語は?

謙譲語とは、相手に対して自分をへりくだった表現にするときに使う言葉です。では、「会う」という言葉を謙譲語に変えるとどんな表現の言葉になるのでしょうか。 会うという言葉を謙譲語に変えると、「お目にかかる」「お会いする」となります。「お目にかかる」「お会いする」の使い方や使い分け方についてご紹介します。

お目にかかる

「会うことができて光栄です」という言葉を謙譲語に変えると、「お目にかかれて光栄です」となります。 「お目にかかる」も「お会いする」も会うという言葉の謙譲語なのですが、例えば、上司などに対して「課長も○○さんにお目にかかりましたか」という使い方は間違いです。自分の行動に対して謙譲語を使うことは正しいのですが、他の人が別の人の対して会ったときは、尊敬語にしなければならないため「お目にかかる」という言葉は使いません。 この場合は、「課長も○○さんにお会いになりましたか」という言葉を使うのが正しい使い方です。自分の行動に対しては謙譲語に、他の人の行動に対しては「お会いになる」という尊敬語に変換しましょう。

お会いする

例えば上記の例で使った「お目にかかれて光栄です」という言葉は、お会いできて光栄ですと言い換えることができます。「お目にかかる」は「お会いする」よりも、よりへりくだった表現だと言われています。 お目にかかるという表現が仰々しいと感じる人もいるため、使い方に悩んだ時は、「お目にかかる」よりも「お会いする」を使った方が間違いがないでしょう。

「会う」の謙譲語の使う状況

「会う」という言葉を謙譲語にして使う状況には、どのような場面があるのでしょうか。また、どんな謙譲語の表現をするのが正しいのでしょうか。

自分が目上の立場の人に会った時

謙譲語を使う時は、自分が目上の人に会った時に、自分の行動をへりくだる表現にする場合に謙譲語を使います。自分の行動を謙譲語にすることで、相手の方へ敬意を表す表現にすることができます。 例えば自分が目上の人の会った時に、「お目にかかれて光栄です」「お会いできて嬉しく思います」のように使います。 また、ビジネスなどで事前に会うことがわかっていて、これから会えることを楽しみにしているという文面をメールなどを送ることがあります。この場合は、「お会いできることを楽しみにしております」といった使い方をすることができます。知人などに送る場合は、「お目にかかれる日を楽しみにしております」といった使い方をすることもあります。

「会う」の謙譲語の例文

ビジネスでアポイントメントなどを取る場合は、行くという意味の謙譲語の「伺う」という言葉を使いますが、相手先の会社に到着し、受付や事務の担当者の方に「○○さんと会いたい」ということを伝えることがあります。 また、営業などの担当が変わり、相手の方と初めて会うときの挨拶など、ビジネスで会うと言う言葉を謙譲語にする場面は意外にあります。このようなときは、どのような表現をするのが適切なのでしょうか。

橋本様にお会いしたいのですが

ビジネスの場合、相手の方のところに約束もせずに直接行くということはありません。事前に先方の予定を伺い、アポイントメントを取った上で伺います。事前に約束をした上で、当日、受付などで相手の方に会いたいということを伝えたい場合、どのような言い方をすれば良いのでしょうか。 【例文】 ・株式会社○○の○○と申します。営業部の橋本様と○時にお約束をしておりまして、橋本様にお会いしたいのですが、いらっしゃいますでしょうか ・株式会社○○の○○と申します。営業部の橋本様と○時にお約束しておりまして、橋本様にお目にかかりたいのですが、いらっしゃいますでしょうか このような受付での挨拶の場合、「お会いしたい」を使っても、「お目にかかりたい」を使っても問題ありません。挨拶の時に、受付で自分の名刺を渡すとより丁寧になります。

初めてお目にかかります

担当者が変わり、相手の方と初めて会う場合の挨拶として、「初めてお目にかかります。営業の○○と申します」といった表現を使うことができます。「初めてお目にかかります」は相手に敬意を表する敬語となり、その言葉の後に自分自身の自己紹介をつけるのが一般的とされています。

「会う」の尊敬語

初回公開日:2018年01月12日

記載されている内容は2018年01月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング