IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

韻を踏むの読み方/意味/英語表記・韻を踏むの使い方と例文

初回公開日:2018年02月08日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2018年02月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の読み方

「韻を踏む」というフレーズを聞いたことはあるけど詳しくは知らない、という人も多いのではないでしょうか。ここでは「韻を踏む」の意味や使い方、そして得られるメリットについて説明していきます。ラッパーの人はもちろん、そうでない人もぜひ参考にしてください。

韻を踏むってどう読むの?

いんをふむ

韻を踏むは、韻は音読み踏むは訓読みで「いんをふむ」と読みます。 韻は、言葉のひびき。また、物の出す音や韻母。などを意味します。

韻を踏むってどういう意味?

同じ音を繰り返すことで強弱をつけたりリズミカルにする

韻を踏むの意味は事典で調べると「同韻の字を詩句の特定の場所に用いること、韻を押すこと」と記されています。簡単に言うと「文章やフレーズの中で同じ音を繰り返すことで強弱をつけたりリズミカルにする」という意味です。同じ音は母音と考えてください。 母音は「あ(a)・い(i)・う(u)・え(e)・お(o)」です。例えばライスで韻を踏むとしたらが「aiu」が母音なので、この「aiu」と同じ母音の言葉を繋げれば韻を踏めます。意味で考えると難しいですが、似たような音の言葉を探して繋げていきましょう。

韻を踏むメリット

韻を踏むことで、文章やフレーズは読み手に読みやすく覚えやすいものになります。人は読みにくいものは無意識に避けがちですが、韻を踏んだものは同じ音でリズミカルに読めるため意味も理解もしやすく好感を持ってもらえます。 あなたが何気なく耳にする身近なフレーズの中にも韻を踏んだものは多くあります。「やめられない、とまらない、かっぱえびせん」「インテル、入ってる」など、いつの間にかあなたは意味を理解し好感を持っているのではないでしょうか。

韻を踏んだ企業フレーズ

韻を踏むと言うことに慣れるため、企業フレーズをいくつか紹介します。大手企業のフレーズに共通していることは、読みやすく意味が理解しやすいこと、リズムが良いことです。意識して読んでみましょう。

「わたしらしくをあたらしく」

LUMINEの企業フレーズ「わたしらしくをあたらしく」は、「わたしらしく」と「あたらしく」を掛けた韻の踏み方をしています。非常にリズム感が良く読みやすいものになっています。

「今日を愛するLION」

ライオン株式会社の企業フレーズ「今日を愛するLION」は、「愛する」の「あい」と、「LION」の「らい」を掛けて韻を踏んでいます。愛という意味を入れることで優しい印象を与えています。

「ひとの時を、想う」

日本たばこ産業株式会社の企業フレーズ「ひとの時を、想う」はCMでもお馴染みのフレーズです。このフレーズは「ひと」と「時」を掛けています。

韻を踏むって英語でなんて言う?

rhyme

関連タグ

アクセスランキング