IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「祐」の読み方5つ・祐の意味2つ|ユウという響きを持つ漢字

更新日:2022年11月14日

言葉の違い

人名に使われることの多い「祐」という漢字ですが、どのように読むのかご存知ですか。「ゆう」という読み方が一般的ですが、その他にも「すけ」などとも読みます。その意味から幅広い年代に馴染みがあるこの漢字をほんの少しだけ掘り下げてみませんか。

祐とは

「祐」という漢字を見たことはありますか。あなたやあなたの周りの人の名前に、「祐」という漢字が含まれていることもあるでしょう。人名によく使われる漢字ですが、その漢字の意味をご存知でしょうか。今回は「祐」の読み方や意味などについてご紹介していきます。

「しめすへん」に「右」と書く

「祐」は、偏(へん)は「しめすへん」で、読みを受け持つ旁(つくり)は「右」と書きます。「しめすへん」は「ネ」ではなく「示」という漢字が偏になりました。これは「地の神」という意味をもち、神様を表す漢字に用いられます。

祐の読み方5つ

祐筆という言葉に使われる「祐」という文字は、人名でよく使われます。1951年に人名漢字として登録されてから、「ゆう」という優しい響も手伝って、男女問わず、幅広い年代に使われています。この字には他にも読み方があるのをご存知でしょうか。「ゆう」の他にも人名で使うことのできる読み方をご紹介します。

読み方1:ゆう

「祐」とみれば、「ゆう」と一番初めに読むことが多いのがこの漢字です。「ゆう」または「ゆ」とも読めます。男女問わずに使われることの多い読み方となります。男の子であれば一文字だけで「祐」や「祐人」(ゆうと)、女の子であれば「祐子」「祐愛」(ゆうあ・ゆあ)などというように色々な漢字とも相性が良いので使いやすい文字です。

読み方2:たすく

この字は「助ける」という意味もあるため、「たすく」「たすけ」とも読みます。一般的なのは「たすく」でしょう。他に「たすく」と読む漢字は「翼」「資」「亮」など「すけ」という読み方を持つ文字が当てはまります。

読み方3:さち

「さち」「ち」とも読むことができます。この文字の意味から考えると、神様の恵みである「さち」「さ」という読みがあるのも納得です。「祐子」(さちこ)「祐奈」(さな)というように一捻り加えたい時に使うことができます。

読み方4:すけ

「ゆう」の次に多いのは「すけ」として使う場合でしょう。助けるという意味のある漢字はほとんど「すけ」と読むことができます。「助」や「介」よりも一捻りした印象を受け、また漢字も簡単で、描きやすく説明しやすいことから、「友祐」や「圭祐」というようによく用いられます。

読み方5:まさ

「祐」は「まさ」と読むこともできます。「まさ」の響きは、優しいイメージにぴったりです。男の子の名前に「祐」一文字で「まさ」と読むのもいいでしょう。「まさ」の他にも、「ます」「むら」「よし」も読むことができます。組み合わせ次第では素敵な名前が考えられそうです。

祐の意味2つ

次のページ:ユウという響きを持つ漢字
初回公開日:2018年01月05日

記載されている内容は2018年01月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング