IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「尽力を尽くす」の意味と敬語表現・正しい使い方と例文

敬語

「尽力を尽くす」という言葉をビジネスシーンで上司や取引先で使う機会がありますが、その言葉を正しく使えているでしょうか?ここでは「尽力を尽くす」の正しい使い方と例文について紹介していきます。明日から早速使える言葉をぜひ参考にしてください。

更新日時:

「尽力」の意味を理解して適切に使う

ビジネススキルと会話力が身に付いてくると、必然的に社外とのやり取りが増えるのがビジネスパーソンです。取引先との打ち合わせや営業先など、何かを「お願いする時」や「依頼する場面」で適切に使える表現を持ち合わせることは、非常に重要です。 そこで使い勝手が良い言葉が「尽力」と「力添え」ですが、この2つは同じシチュエーションで使える言葉のようですが、まずは「尽力」についてご紹介します。 【尽力(じんりょく)の意味】 ある目的を実現するために力を尽くすこと。「力を尽くすこと」の敬語表現で、「ご尽力」と表記することで先述のとおり敬語表現となり、目上の人に使うこともできます。

ついつい使ってしまう「尽力を尽くす」の意味とは?

ビジネスシーンにおいて「尽力を尽くす」という言葉を耳にする機会は多いのではないでしょうか?上司から仕事を依頼された時に「尽力を尽くします」と言ったり、取引先との商談がまとまった際に「尽力を尽くさせていただきます」と使った経験がある方もいるでしょう。 しかし、使う機会が多いからこそ「尽力を尽くす」という言葉が正しいのか否かを知っておく必要があります。次の項目では「尽力を尽くす」の意味について詳しくご紹介します。

「尽力を尽くす」を掘り下げる

「尽力を尽くす」という言葉をわかりやすくご説明するため、この言葉を分けて考えてます。「尽力を尽くす」は「尽力」と「尽くす」という言葉の組み合わせにより成り立っていますので、まずはこの2つの言葉の意味についてご説明します。 尽力:ある目的を実現するために力を尽くすこと 尽くす:果たす、力を尽くすこと 当たり前のように「尽力を尽くす」という言い回しを使っている方は、この言葉の異変に気付かれたのではないでしょうか? 結論としては「尽力を尽くす」という言葉の言い回しは間違いですが、なぜ「尽力を尽くす」は間違っているのかについては次項でさらに詳しくご説明していきます。

「尽力を尽くす」という表現はなぜ間違っている?

「尽力を尽くす」の意味について前述しましたが、「尽力を尽くす」の「尽力」は、「力を尽くすこと」で、「尽くす」は「出し切る、尽力する」の意味を持つので、言葉が同じ意味を持っていることをご理解いただけたでしょうか? これは「重複表現」といい、同じ言葉を使うことで意味を強調したり、理解を確実にする効果があります。日本語独特の表現のため、絶対に間違っているとは言い切れませんが、ビジネスシーンで使う場合には誤った使い方に該当するので、「尽力させていただきます」と使うのが正しいと言えます。 「ご尽力」を動詞として使う場合、すでに「尽くす」という意味を持っているので、「ご尽力を尽くす」といった二重表現は誤用になるので、注意しましょう。

「尽力を尽くす」の正しい敬語表現

「尽力を尽くす」の正しい敬語表現

ここまでは「尽力を尽くす」が持つ意味について記述してきましたが、ここからは「尽力を尽くす」の意味を踏まえた上で、ビジネスシーンで使える敬語表現について紹介していきます。

「ご尽力」の正しい使い方と例文

相手に対して敬意を示す(丁寧に表現する)ために、尽力の前に「ご」をつけて、ご尽力とします。たった一語「ご」を付けるだけで、目上の人に対して使える敬語表現になります。ただし、尊敬表現は自身のことには使うことができませんので、そのことに留意した上で実際どのような場面で使えるのかを具体例と合わせて見てみましょう。 ■ご尽力いただきありがとうございます。 相手に助けてもらったり、協力してもらったことに対して謝意を示すことができます。 ■皆様のご尽力に心から感謝申し上げます。 「ご尽力」を動詞ではなく名詞としてそのまま使います。 ほぼ同じ意味を伝えるこの2パターンの使いこなしができれば、表現の幅が広がります。

「ご尽力の賜物」の正しい使い方と例文

【賜物の意味】 1) 恩恵や祝福として与えられたもの。たまわりもの。 2) あることの結果として現れたよいもの、または事柄や成果。 つまり「力を尽くした結果としての成果」が「尽力の賜物」となります。相手の協力を得て何らか成果を出せたことを表現する際のフォーマルな表現が「ご尽力の賜物」です。 誰かに助けてもらった時には最大限の謝意を失礼なく伝えたいものですが、ここで敬語表現に共通する注意点について配慮しなくれはなりません。その注意点とは「書き言葉」と「話し言葉」の違いです。 「ご尽力の賜物」を話し言葉として会話で伝えたい場合は、「ご尽力いただいたおかげです」と伝えることで、失礼なく最大限の謝意を伝えることができます。

「尽力する」の正しい使い方と例文

「尽力する」の正しい使い方と例文

「ご尽力」は相手に対して使う敬語表現とご紹介しましたが、自分が「尽力を尽くす」ことをメールやビジネスシーンで伝えるには、どのようにすればいいのでしょうか?ここでは尽力の正しい使い方について、メールとビジネスの2つについて紹介します。

メールでの使い方

「尽力を尽くす」という言葉は意味を強調することとご紹介しましたが、二重表現に該当するため、基本的にメールでも会話でも使うのは間違いです。 ここで、「ご尽力」を使った表現として、文書やメールで目にする「ご尽力の賜物」という表現について併せて確認しましょう。 「ご尽力の賜物」は、とてもフォーマルな表現ですが「書き言葉」です。会話で使うと、堅苦しく場合によっては慇懃無礼になり得るので、文書やメールでのみ使う表現だと覚えておきましょう。

ビジネスでの使い方

相手に対して使う場合の例文をいくつか紹介します。 ■ご尽力いただき、誠にありがとうございます。 ご尽力いただき、のあとに、「感謝の気持ちを表す言葉」を繋げるといいでしょう。 ■ご尽力いただければ幸いです。 相手がしてくれると嬉しい、助かるという意味を持って使う場合 ■微力ながら尽力させていただきます。 微力ながら(少しの力しかない)というクッション言葉を付けて使うと、目上の人に対して敬意を払うことができます。

「尽力を尽くす」の類語と使い方

「尽力を尽くす」という表現は間違いということをご説明しましたが、ここからは「尽力を尽くす」という言葉ではなく、ビジネスシーンで使える類語と使い方についてご紹介していきます。ビジネスマンとして豊かな表現をしていくために、「尽力を尽くす」の類語についてご紹介してまいります。

「ご尽力」に似ている「お力添え」の意味

「ご尽力」と同じようなタイミングで耳にする「お力添え」には、どのような意味・使い方の違いがあるのでしょうか。 【力添え(ちからぞえ)の意味】 他人の仕事を手助けすること。力を貸すこと。助力。援助。 「力添え」だけだと「援助や手助け」という意味で、目上の人に使えない表現に該当しますが、ここに「お」を付けると謙譲語となり、目上の人に対しても使うことができます。つまり、誰かに助けてもらったり、協力してもらったことについて言及する時に使える言葉です。

「ご尽力」と「お力添え」の使い分け方

ニュアンスの違いこそありますが、実際には置き換え可能でほぼ同じ意味として使われるケースがほとんどです。そこでポイントとなるのが、自分に対して使えるか否かです。「尽力」は自分に対して使うことが可能ですが、「力添え」は相手に対してしか使うことができません。 意味のニュアンスは違いますが、最大のポイントは「誰に対して使う表現か」です。ビジネスマナー以前に言葉はコミュニケーションツールの1つなので、気にして当然の点であり、使い分けが難しくなることはありません。

ビジネスシーンで使える言葉を使いこなす

ビジネスシーンで使える言葉を使いこなす

力を尽くした成果を意味するのが「書き言葉」である「尽力の賜物」で、フォーマルな文書やメールで使える表現です。若干カジュアルではありますが、丁寧な表現として使える言葉に「ご協力・ご支援・お手伝い」もありますので、セットで使えるとビジネスでの表現の幅が広がります。 同じ意味や同じ場面で使える表現は、このようにまとめて意味や違い、使い方を知っておくと、効率的にビジネスマナーを磨くことができます。意味をしっかり知った上で使える言葉遣いは、社会人としてとても大切な要素になるので、この機会に「何となく聞いたことがある」という曖昧さをなくしてはいかがでしょうか?

関連タグ

アクセスランキング