IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「御礼申し上げます」の意味/類語・ビジネスシーンでの用例

更新日:2020年06月05日

言葉の意味

「御礼申し上げます」は感謝の気持ちを伝えるときに使う便利な敬語です。しかし、意味や使い方を曖昧に理解しているまま、多用している人は要注意です。意味や類語、間違いやすい表現も合わせて確認して、相手に感謝の気持ちをスムーズに伝えられるようになりましょう。

「御礼申し上げます」を使うときの注意点

「御礼申し上げます」の用例や例文を紹介したところで、「御礼申し上げます」を使うときの注意点を紹介します。

要点を短くまとめよう

できるだけ丁寧に伝えたい、たくさんのお礼を言いたいからといって、文章やセリフが長くなってはいけません。ビジネスでは、相手によっては1日に何百件ものメールを受け取る場合もあるため、長々と文で送られると読むのが億劫になってしまいます。スピーチでも、本題に入る前に大勢の人を待たせてはいけません。 たくさんのことを伝えたい気持ちをぐっと抑えて、相手が理解しやすく読みやすい文章はどんな文章かを考慮して、わかりやすくまとめましょう。

同じフレーズを乱用しない

自分のお気に入りのフレーズが見つかったからといって、そのフレーズばかりを使うのはやめましょう。気に入ったフレーズであっても、メールや手紙、スピーチの全体のバランスを見ると、語調や言葉の強さが揃っていないため、ちぐはぐな文になってしまいます。 メールやスピーチが完成しても、それで終わりにせずに再び確認する習慣をつけましょう。不安になったら、他人に内容をチェックしてもらうのも一つの手です。

ときには具体的な一言を添えて印象アップ!

相手に御礼の気持ちを伝えるときに、ネットに載っている文例集の言葉だけで済ますと、「上っ面でしか感謝を伝えていない」と、相手は本当に感謝しているのか不安な気持ちになってしまいます。 例えば、次のように具体的な一言を添えてお礼を伝えると、手紙やメールにいきいき感が生まれて相手は嬉しい気持ちになります。 「このたびは名産品のりんごをたくさんいただき、厚く御礼申し上げます。りんごはチームのみんなで分けておいしくいただきました。帰宅後も家族とりんごをいただきましたが、みな手が止まらないありさまで、美味しいと絶賛していました。」

「御礼申し上げます」を使いこなそう

いかがでしたか。「御礼申し上げます」は、メールや文章で感謝の気持ちを伝えるときによく伝え使われる言葉です。使いこなすためには、多くのメールや文章を作成してたくさんの経験を積むことが必要です。 最初はネットの例文集や、先輩や上司のメールを参考にしながら文を考えることから始めて、徐々にそれらがなくてもすぐに言葉に表せるようになりましょう。 相手に不快な思いをさせずに簡潔で丁寧にお礼を伝えられるように、日々の努力を惜しまないようにしましょう。

初回公開日:2017年12月20日

記載されている内容は2017年12月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング