IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「御礼申し上げます」の意味/類語・ビジネスシーンでの用例

更新日:2020年06月05日

言葉の意味

「御礼申し上げます」は感謝の気持ちを伝えるときに使う便利な敬語です。しかし、意味や使い方を曖昧に理解しているまま、多用している人は要注意です。意味や類語、間違いやすい表現も合わせて確認して、相手に感謝の気持ちをスムーズに伝えられるようになりましょう。

「御礼申し上げます」の意味は?

ビジネスなどで目上の人や取引相手に対してお礼を伝えるときによく使われる「御礼申し上げます」とは、どのような意味があるか確認しましょう。 まず、「御礼申し上げます」を分解すると、「礼」をさらに丁寧な言い方にした「御礼」、「言う」の謙譲語「申す」、丁寧語の「上げる」、丁寧語の「ます」が合わさった言葉です。 「御礼申し上げます」は、相手に向かって感謝の意を込めて伝えるときの表現です。「お礼を言う」の謙譲表現で、「お礼を言わせていただきます」の意味になります。 また、これに「を」が入った「御礼を申し上げます」もよく使われる表現ですが、「御礼申し上げます」と同じ意味になります。「を」を入れても入れなくても意味に大差はありませんので、自分に合った言葉を使いましょう。

「御礼申し上げます」の類語は?

「御礼申し上げます」と同じ意味を持つ言葉はたくさんあります。同じ意味を持つ言葉を覚えておくことで、同じ言葉ばかり使うことを防げるので、ぎこちなさを解消することができます。今回はその中から3つ紹介しますので、詳しく見ていきましょう。

ありがとうございました

「御礼申し上げます」が目上の人に対して感謝の気持ちを示すときに使われる言葉なので、素直に「ありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えても違和感はありません。 「ありがとうございました」だけでも、目上の人には感謝の気持ちを伝えるにはふさわしい言葉ですが、さらに丁寧な言い方をしたいときは、「誠にありがとございました」のように、感謝の気持ちを強める言葉をつけると良いでしょう。

感謝いたします

相手に感謝していることを伝えるときに、「する」の謙譲語「いたす」を使って、「感謝いたします」と言い換えることができます。ただし、「感謝されます」のように、間違って「する」の尊敬語「される」を「感謝する」につけないようにしましょう。 謙譲語は、自分の動作をへりくだって言うときに使う言葉です。自分の動作に対しては、尊敬語は使えないのでご注意ください。

感謝申し上げます

「御礼申し上げます」の「御礼」を「感謝」に置き換えても、同じような場面で使えます。相手の立場や場面を考えて自分にしっくりくる方を使いましょう。しかし、「ありがとうございました」のように「誠に」を付けた、「誠に感謝申し上げます」という言い方は誤りです。「誠に」は形容詞や形容動詞を修飾する言葉なので、「感謝する」という動詞には使えません。 感謝の気持ちを強めたいときは、「感謝申し上げます」の前に「深く」や「心より」という表現を使いましょう。

「御礼申し上げます」の使い方は?

「御礼申し上げます」はそのままの形で使われることはあまりなく、「御礼申し上げます」の前にさまざまな言葉をつけて一緒に使われることが多いです。具体的にどのような用例があるか紹介します。

重ねて御礼申し上げます

お礼をしたいことがたくさんあるときや、自分だけでなく周りの人の分も合わせてお礼を言いたいときに使う表現です。「重ねて御礼申し上げます」という文章は、たくさんのお礼に対する言葉になるため、とても感謝している気持ちが伝わります。 人生の節目となる結婚や退院、退社など特別な場面において、それまでお世話になったことをお礼する場面に使われます。

重ね重ね御礼申し上げます

「重ね重ね」の本来の意味は、「同じようなことが繰り返される様子、念入りに相手に頼み込む様子」です。先程の「重ねて御礼申し上げます」よりも、感謝の気持ちを強調したいときに使われる定番の表現です。

初回公開日:2017年12月20日

記載されている内容は2017年12月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング