IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「何卒よろしくお願い申し上げます」の使い方・返事の例文

更新日:2020年05月16日

言葉の使い方

みなさんは、「よろしくお願い申し上げます」という言葉をよく使いますか。仕事で上司や取引先に物事をお願いするときや、年賀状などの挨拶文で使う人がほとんどです。身近な言葉ですが、正しい場面で使わないと恥ずかしい思いをしてしまうので、今回で使い方を学習しましょう。

「よろしくお願い申し上げます」は敬語としてOK?

「よろしくお願い申し上げます」を細かく分解して見ると、「よろしく(副詞)」、「申す(言うの謙譲語)」、「上げる(敬意を添える補助動詞の丁寧語)」、「ます(丁寧語)」から成り立った言葉です。 つまり、「よろしくお願い申し上げます」は4つの単語から成り立っているので、複雑そうな感じがします。なお、「よろしく」は「申す」にかかる副詞で、謙譲語は「申す」の1つだけなので文法的に誤りはなく、正しい敬語です。 それでは、正しい使い方を確認していきましょう。

「よろしくお願い申し上げます」の正しい使い方を確認しよう

「よろしくお願い申し上げます」が文法的に正しいことが分かったところで、どのように使えばよいのかシーン別に解説します。

目上の人に対して使うとき

上司など目上の人に直接会って会話で「よろしくお願い申し上げます」を使うと、丁寧すぎる印象を与えてしまいがちです。「よろしくお願い申し上げます」はメールなどの書面でみられる定型文として定着しているため、使うときはメールのときだけで問題ありません。会話でお願いしたいときは、「よろしくお願いします」だけで十分なことがほとんどです。

社内で使うとき

同僚や後輩など、自分と同等か目下の人に対して使う必要はなく、「よろしくお願いします」で十分です。この言葉であれば、口頭でもメールでも使うことができます。 しかし、メールの宛先が複数いて、その中に上司がいる場合は要注意です。宛先の中に一人でも上司がいれば、その人が一番上になるのでその人に向けて「よろしくお願い申し上げます」を使いましょう。その人に「自分のことをちゃんと考えてくれている」と思わせることができます。 しかし、宛先が自分と同等または目下で、CCに上司を入れてメールを送る際は、「よろしくお願いします」で十分です。あくまでもCCはメールの内容を共有したいときに使います。上司に自分がどんなメールを送っているかを知らせるだけなので、無理に使わなくてもOKです。

ビジネスで使うとき

社外の場合は、自分は会社の代表として出向くので、相手に対して「よろしくお願い申し上げます」を使うとよいでしょう。ただし、ずっと使い続けているとぎこちなくなり、相手に気を遣わせていると感じられてしまいます。最初の挨拶や、ここぞという勝負時に使うと信頼感を得られます。

会話で使うとき

「よろしくお願い申し上げます」は、メールで文章を締めくくるときに使われることが多いです。それと同様に、会話でも最後の言葉としてよく使われています。よって、まだ話したいことがあるのに、「よろしくお願い申し上げます」と言った後に話を続けてしまうと、相手は「あれ?話は終わったんじゃないの?」と感じてしまいます。 最後に言いたいことが決まったら、そのときまで「よろしくお願い申し上げます」という言葉をとっておきましょう。

フレーズ別の「よろしくお願い申し上げます」の使い方

使う場面やタイミングがわかったところで、フレーズ別に「よろしくお願い申し上げます」の使い方を確認しましょう。

何卒よろしくお願い申し上げます

メールで「何卒」が前について締めくくられることがあります。そもそも「何卒」は副詞で、相手に強く願う気持ちを表すときに使われる言葉です。「何卒よろしくお願い申し上げます」は、お願い事をするとき以外でも、ビジネスメールの文末に締めくくりとして使われることも多いです。挨拶のように書くこともあり、特にこの言葉に意味を持たせないときもあります。

初回公開日:2017年12月08日

記載されている内容は2017年12月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング