IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

経験を「活かす」と「生かす」の違い|4つの例文で学ぶ

更新日:2020年05月12日

言葉の使い方

経験を活かすという表現は常用されることが増えたので、一般的な使われ方をされる言葉の一つになりました。しかし、経験を生かすとは何が違うのでしょうか。そこで、今回はこの経験を活かすと経験を生かすの違い、実際に活かす方法などについてご紹介します。

経験というのは、自分の持っている大切な財産です。経験をしていることで、今後に活きることはたくさんあります。 そのときに活かせるように、ぜひ「言語化」できるようになりましょう。伝わらなければ、せっかくの経験を活かすチャンスを与えられません。

経験の他の使い方

「経験を活かす」というフレーズについて述べてきましたが、いかがでしたでしょうか。 「経験」という言葉には、「経験を活かす」以外にもさまざまな使い方があります。まずは次の記事の「経験を積む」から、確認してみてください。

初回公開日:2017年11月30日

記載されている内容は2017年11月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング