IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

寸志の意味・寸志の金額の相場・のし袋の名前と金額の書き方

言葉の意味

金品を贈るものの一つに「寸志」というものがありますが、贈ったことのない人、贈られたことのない人もいるでしょう。今回は寸志について意味や贈り方のマナーについて解説していきます。また寸志を贈る際の封筒選びや封筒の書き方なども紹介しています。

更新日時:

寸志とはどういうもの?相場や封筒の書き方は?

寸志とはどういうもの?相場や封筒の書き方は?

金品で感謝を表すものの一つに「寸志」というものがあります。使われる場面が限定されることもあってか、贈ったことがない、または贈られたことのない人もいることでしょう。寸志が必要となった時に、意味やマナーを理解していないと困ってしまいます。 今回のは、寸志とは一体どういうものなのか、寸志はどのような場面で貰ったり贈ったりするものなのかをご紹介していきます。またケース別の寸志の相場金額や、贈る時の封筒の選び方や書き方のマナーなども紹介しています。

寸志の意味とは?

まずは「寸志」とはどういう意味なのでしょうか。「寸志」とは元々は「少しばかりの志」という言葉です。「寸」は少し、「志」はそれ一文字だけで「好意や謝意を表す金品」を意味しています。その二つが組み合わさることにより、現在主流となっている「心ばかりの贈り物」という意味を持つようになりました。

心ばかりの贈り物

現代における「寸志」はこの心ばかりの贈り物という意味合いで使われることが大半です。使い方としてはお世話になった人へのお礼や感謝の気持ちを金品で表したい時に用いられます。ビジネスシーンにおいては、歓送迎会で上司から幹事がいただくことがあったり、簡易的なボーナスとして贈るといったケースがあります。

目上の人から目下の人に差し出す金品

「寸志」の重要なポイントとして、寸志は目上の人から目下の人に差し出す金品であるということがあります。上司から寸志を受け取った際のマナーなど詳細は後述しますが、上司に対するお礼の場で寸志を使わないように注意しましょう。

寸志の金額の相場は?

寸志の金額の相場は?

寸志を使う場面は色々あります。ビジネスの場面以外でも、生活の中で起こることや冠婚葬祭の場などで寸志が広く使われます。どのような場でどのぐらいの金額が適切なのか、それぞれの相場金額を見ていきましょう。

歓送迎会の相場金額

歓送迎会で寸志を贈るケースとしては、上司から歓送迎会の幹事に対してのねぎらいとして渡すといったものがあります。相場金額としては会費よりも多くなるように包むのが適切で、会費が3000円であれば8000円~1万円程度の寸志を贈ると良いでしょう。

ボーナス品の相場金額

規定のボーナス以外の報奨や、既定のボーナスが設定されていない会社において少額のボーナスを出す場合に寸志が使われます。こちらは寸志の使われ方により金額が大きく変動するため、決まった相場はありません。ただし寸志自体の平均相場金額が5000円~1万円ほどであることから、この範囲内の金額を贈る際に寸志を用いるとよいでしょう。

旅館の仲居さんなどへの相場金額

待遇が良い旅館や、何度も利用している旅館で懇意にしている仲居さんに対して、お礼の気持ちを金品で差し上げたい時にも寸志が適しています。渡す相手が恐縮し過ぎない金額がよく、相場金額としては1000円~5000円ぐらいとなっています。

結婚式のスタッフなどへの相場金額

結婚式は寸志を贈るケースの中でも特におめでたいことになります。そのため、お世話になった式場のスタッフや式の運営に関わった人などに対し寸志を贈る慣習があります。相場金額については3000円~1万円となっており、お世話になった程度に応じて金額を変えるのが良いでしょう。

葬儀場のスタッフなどへの相場金額

弔辞に対して使われるのは「志」となりますが、葬儀場のスタッフや火葬場の担当者、霊柩車の運転手やそのほか葬儀のお手伝いをしていただいた人に対してのお礼には寸志が使われます。相場金額としては1000円~5000円ほどで、葬儀に対する負担に応じてお渡しするのが適しています。ただし、最近では寸志も葬儀代に含まれているケースもあり、葬儀場から「寸志は結構です」と言われることがあります。

引っ越しのドライバーなどへの相場金額

引っ越す際には荷物を運ぶドライバーや、家の中に家具を運び設置してくれるスタッフにお世話になります。その時のお礼として寸志をお贈りすると良いでしょう。相場金額としては一人につき1000円が妥当ですが、一人で配送から設置まで担当する人に対してはもう少し多い金額を包んでも良いでしょう。

寸志を贈る時の封筒は?

寸志を贈る時の封筒は?

寸志を贈る時の封筒の種類は、ケース別で分かれます。ご祝儀の場での封筒については、水引が付いていない花結びののし袋を使いましょう。それ以外で控えめに贈りたいケースに関しては赤棒ののし袋が適しています。葬儀スタッフへのお礼には無地の白封筒がおすすめです。どの封筒も文房具店で寸志専用のものを取り扱っている場合があります。急ぎの際はコンビニなどで売っているのし袋を利用しましょう。 「寸志」があらかじめ記載されていない封筒を使う場合は、封筒の中央線の上、その中心部分に自分で「寸志」と記入しましょう。記入の際は毛筆・筆ペンを利用するのがおすすめです。

封筒の名前の書き方は?

封筒の名前の書き方は?

次に封筒の名前の書き方について解説します。個人で送る場合や、会社名と個人名が両方必要な場合など、ケース別に書き方があります。失敗しないよう、しっかり書き方を覚えておきましょう。

個人名

個人名を書くときは、寸志の真下、中央線の下部の中央位置に記入します。肩書を書く必要のある場合は名前の右下に小さめに書き入れましょう。

会社名と個人名

会社名と個人名、両方を書く必要がある時は、まず個人名を上と同じように寸志の真下、下部の中央に記入しましょう。会社名については個人名の右上に小さく書きます。

会社名

会社名のみを記入する場合は、氏名と同じ位置に記入します。「株式会社」が必要な場合は、会社名は中央に書き、株式会社はその右上に書くようにしましょう。

連名

複数人の連名を記入する場合、まずは順序があります。右側が上位になるので、役職や年齢が上の人が一番右になるように書きましょう。書く位置としては最上位の人を中央にして、その他の人を左に連ねる方法と、連名全体をバランスよく中央に配置する方法があり、最近では後者の方がよく使われています。 夫婦での連名の場合は、男性上位となるため右側が男性、左側に女性の名前を書きましょう。友人・知人での連名の際には、年齢や地位の差が特になければ五十音順で書くのがおすすめです。

金額はのし袋の裏側に書く

金額はのし袋の裏側に書く

寸志を贈る場合は、のし袋に金額を明記します。金額を書く位置は、のし袋の裏面の左下です。金額の書き方のルールは特にありませんが、小さめかつ読める大きさで書くのがよいでしょう。おすすめは「金○○円」という書き方です。

目上の人に寸志を送るのはNG

寸志の解説でも触れましたが、寸志は「目上の人から目下の人に贈るもの」となっています。そのため目上の人に寸志を贈るのはNGです。「寸志」という言葉自体を上司に向かって使うのも失礼にあたります。 また歓送迎会など公の場で上司から寸志を贈られたら、寸志をいただいたことを参加者に向けて報告するのがマナーです。その際は「○○さんよりご厚志をいただきましたので、ご披露させていただきます」や「お心遣いを頂戴しましたので、ご報告いたします」といった言い方が良いでしょう。 上司からの寸志に対するお礼の言葉にも「寸志」を使うのは厳禁です。「お心遣いありがとうございます」や「御志ありがとうございます」と言うのが適切です。

寸志を受け取った後は?お礼は必要?

寸志を受け取った後は?お礼は必要?

寸志は「心ばかりの贈り物」であり、金額も高額にならないことからお礼が必要かどうか悩んでしまうこともあるでしょう。贈った側も返礼を特に求めないものとして「寸志」を利用するため、大げさなお返しは必要ありません。ですが最低限のマナーとしてお礼の言葉の述べたりお礼状を送ったりして、寸志に対する感謝の気持ちを伝えておくと良いでしょう。 また貰った寸志の金額が高額であった場合は、お礼状に菓子折りを付けて送るのがおすすめです。その際の菓子折りの金額はいただいた寸志の金額の半分以下程度で、相手に気を使わせないよう注意しましょう。

意味とマナーに注意して、寸志で感謝を伝えよう

意味とマナーに注意して、寸志で感謝を伝えよう

今回は寸志の意味やマナーについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?寸志を使う機会はそれほど多くはありませんが、いざという時に失敗しないよう意味やマナーをしっかり把握して、感謝の意を表せるようにしておきましょう。

アクセスランキング