IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

性格は遺伝しないのか・性格は環境で変わるのか・遺伝する割合

初回公開日:2017年11月04日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年11月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉・雑学・歴史

遺伝から性格が、作られているのかと言う、皆さんの疑問に付いて説明しています。遺伝から来る事もありますが、遺伝から来る事を詳しく検査して知る事で、その遺伝からの影響より、あなたの遺伝から来る物への対応次第では、生活しやすい明るい性格を手に入れる事が可能です。

怒りやすい性格は遺伝なのか

怒りやすい性格が遺伝するのかと言う部分では、怒りやすい遺伝を持っている人が20人に1人居ると言われています。イライラに繋がる遺伝子を持って居ると、イライラしやすく、怒りやすいなど、遺伝子検査キットでも判断する項目の一つに含まれています。イライラや怒りやすい人は、周りにも迷惑になる場合もあるし、「怒る」という行動で自分の寿命や、病気にも影響を与える事が分かっています。 「もしかして自分は怒りやすい方かな」と身に覚えがある人は、一度、遺伝子検査キットで検査して見る事をします。怒りやすさが遺伝から来ていても、すぐに怒らないように努力する事でキレ無い人に変われるので、トレーニングをするととっても効果があります。

顔や性格の遺伝子との関係性の研究

人間の顔立ちを決めるのに、必要な遺伝子があると、分かって来ています。まだ人種によって、顔立ちを決める遺伝子がいくつあるのかは、判明はされていませんが、遺伝子検査キットで顔の特徴は、調べる事が可能です。その検査項目には「鼻筋の高さ」が入っています。 顔立ちは、両親からの遺伝子からできているので、子供の顔がどちらか一方の顔だけに似る事はありません。子供の顔は、赤ちゃんの頃から成長する毎に、顔が変わります。今はお父さんに似ていても、次の時にはお母さんの親(おばあちゃん)に似ているとか、身内にコロコロと変わり、大人になってからも少しずつですが、変化していきます。 子供の頃は兄弟が似ていなかったのに、おじさんになった頃兄弟が似て来ている事はよく見られます。

遺伝子決定論など

生物学的決定論、または、遺伝子決定論と呼ばれます。これは簡単に説明すると、遺伝子が身体的や行動的形質を決定しているという信念から来たもので、ほとんどの表現型は遺伝の影響を受けている事が事実であると言っています。この表現は、遺伝子疾患、ダウン症など精神的な病気になった時に使われる事が多いです。

遺伝子が全てではない!

遺伝子からは、さまざまな事を受け継いで、赤ちゃんが生まれて来ます。遺伝する事は割合で見ると低い部分が多く見られ、性格の一部分しか影響を受けていない事が分かっています。 「悪い所は遺伝だからしょうがない」という言葉が出ないように、他の性格や努力で補って行ける範囲内です。性格は、あなたが、変えていける部分も多くあるので、楽しい生活が送れるように前向きな性格を手に入れましょう。

関連タグ

アクセスランキング