IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

性格は遺伝しないのか・性格は環境で変わるのか・遺伝する割合

初回公開日:2017年11月04日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年11月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉・雑学・歴史

遺伝から性格が、作られているのかと言う、皆さんの疑問に付いて説明しています。遺伝から来る事もありますが、遺伝から来る事を詳しく検査して知る事で、その遺伝からの影響より、あなたの遺伝から来る物への対応次第では、生活しやすい明るい性格を手に入れる事が可能です。

性格は遺伝しないのか

赤ちゃんを授かった時、親になった事を誰もが嬉しく思い、将来の子供の姿を想像して見た時に「あれっ、子供の性格って遺伝しちゃうのかな」と疑問になった人も多いはずです。自分の良い所や、旦那さんの良い所が子供に似ても嬉しいと感じるけど、自分や旦那の「嫌な部分」似て欲しく無い所か似てしまった場合は、直す事は可能なのかと気になる所でしょう。 赤ちゃんが作られる時は、両親の遺伝子を半分ずつですがランダムに伝達され形成され誕生して来ます。この時の伝達されている事と、性格とは、似ていますが違います。

血液型より正確な遺伝子の検査結果で自分の性格を調べる方法

最近は、自分の遺伝子から性格や病気になりやすいリスク、ダイエットを目的とした体質を調べるための、検査キットが販売されています。まだ馴染みが無い商品ですが、ダイエットの検査キットは聞いた事がある人も多いのではないでしょうか。 遺伝子の検査は、とても簡単です。唾液を測定に必要な量を取りキットに入れて送るだけです。だいたい1ヶ月もすると遺伝子検査の結果が出たとメールで連絡が来ます。遺伝子検査キットを販売している会社によって多少の調べる項目に違いがありますが、だいたいの基本となる検査の項目は同じです。 こんな簡単に、自分の遺伝子からの性格が細かく知れるのは、非常に面白いです。分かった自分の性格を分析すると、今より正確に楽しい事や、嫌な性格を変えていくヒントを理解すると言う事になります。今より幸せに、必ずなれます。

性格は環境で変わるのか

性格は遺伝するのかは、性格の50%は両親からの遺伝に左右される所があると言われています。では、残りの50%は、親が作り出している環境によって性格の形成に繋がります。 でも、思春期頃から自分の意思で、こんな自分になりたいと強く感じて行動する事ができる人なら、あなたを取り巻く環境の20%〜30%は自分自身の力で変えていく事ができる部分になります。 その事に付いて、次の項目から細かく説明していきます。

生まれつきの性格①

性格とは、4つの要素で構成されて作られています。 【気質】 これは、生まれた時から持っている生まれつきの性格の部分なので、変える事が不可能な所です。そのため自分がどんな気質の持ち主なのかを詳しく知る事で、どんな気質でも補ってあげる事が可能になるので、自分の性格と付き合いやすくなります。 【狭義の性格・人格】 聞き慣れない言葉ですが、簡単に説明すると「気質」を上から包み込む感じで存在していて、この「性格・人格」は生まれてから幼少期までの周りの人や養育者の影響を受けて形成されます。昔の人が言った「3つ子の魂100まで」と言われていた部分になります。 この部分は、養育者の責任になる所。良くも悪くもなってしまう部分なので、この時期の接し方は後々かなり重要になって来るので、子供の心の動きをよく見てイライラしても尊重するなど傷付けないようにする事が大切になって来ます。

生まれつきの性格②

【習慣的な性格】 先ほどの「狭義の性格」を上から包み込む感じで存在しています。この性格は、自分の置かれている環境、出会う人や物、体験した事に、どう関わって来たのかと言う部分です。一言で分かりやすく言えば「態度」として出てしまう所です。 この性格は、気持ちの持ち方一つで、変われる部分なので、自分がなりたい人をお手本にして行動をして見ると素晴らしい人に変われる性格です。 【役割から作られる性格】 先ほどの「習慣的な性格」をさらに上から包み込む感じで存在しています。この性格は、日常の生活の中で、働く場所や、家庭、友人関係に暮らしている地域やさまざまな場面で、自然と役割を担っているんです。 そしてその役割から作られる性格は、常に変化する環境に合わせ柔軟に対応できる事が求められます。歳を重ねる事で上手に対応する事が可能になり社会に適応する能力が上がります。

遺伝する割合など

両親からの遺伝の影響は、性格の30%〜40% で、知性は60%、自尊心は40%、音楽に芸術的なセンスは50%が、遺伝すると言われています。遺伝はしますが、割合で見ると低い部分もあるので、他の性格で補っていける範囲内であると言えます。知性の部分は、割合が多いですが、勉強に対する努力で補える事が分かっています。

性格が遺伝するのであれば一卵性双生児はなぜ違う性格なのか

一卵性双生児なのに、性格にバラツキがある人達をよく見かけます。同じ遺伝子から作られている子供なのに、なぜこんなに違いが出るのか。答えは、育って来た環境の影響を受けて2人には違いが生まれたと言えます。生まれてから一緒に育てられた子供同士でも、バラツキが当然あります。 また、生まれてから別々に育てられた一卵性双子の子供は、顔や体の骨格、ふいに出る癖や気質に当たる性格は同じでした。後から作られる性格の部分、感情が出る所、女性の好みや趣味には、大きな違いが出ています。 この事から見ても、両親から遺伝している事と、性格の出方には差があり、性格とは、生まれ持った物が影響している部分は少なく、後から作られた環境による性格により2人の性格には違いがあると、言えます。

犬の性格は遺伝するのか

犬も人間と同じで、両親の遺伝を受けている部分は、いくつもあります。両親の遺伝子から、犬の体の骨格や体型に、毛質や、かかりやすい病気は遺伝すると考えられています。 あとの性格は、育てられた環境によって影響を受けた部分なので、赤ちゃんの時からの影響が大きくなり、育った環境により変化する部分なので、犬の飼い主が変わると、犬の性格も変わる事が、大いに見られる事です。

男女別性格の遺伝

性別で遺伝する物に違いがあるのか調べてみましたが、あまり変わりませんでした。 【男性】 男の子の体に起こる色覚異常などの遺伝は悲しいですが、母親から男の子へ遺伝する事が分かっています。性染色体のXに原因があるためです。男の子は染色体がXY、女の子はXXで形成されているので、Xの染色体に異常が出ると男の子はXの染色体が1つしかないので、なりやすいです。 【女性】 オッパイの大きさは遺伝する事が分かっています。

関連タグ

アクセスランキング