IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

バイトリーダーは就活に有利?・自己PRに使える資質と強み

更新日:2020年03月10日

就活ノウハウ

バイトリーダーであることを就活でアピールしたことはありますか?就活では自身をアピールすることが大切であり、その題材としてバイトリーダーを使う人は多いです。バイトリーダーは使い方次第で大きなアピールにもなりますので、その方法を知っておきましょう。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

バイトリーダーの経験は就活に有利?

就活では自身をどれだけアピールできるかが大切であり、どんな題材を使ってアピールするかも大切です。アピールには根拠がなければなりませんので、自身の経験から振り返ってアピールできそうなことを選び、アピールしていく必要があります。 アピールの題材はさまざまありますが、その中の一つにバイトリーダーがあります。バイトリーダーの経験を就活でアピールする人は多く、普通にバイトをしていたとアピールするよりも、バイトリーダーだったことをアピールした方が評価が良いのではないかと考える就活生も多いです。 バイトリーダーの経験は多くの人がアピールする題材ではありますが、これは就活のアピールとしては有効なものなのでしょうか。

男女共通で有効

結論から言えば、バイトリーダーの経験を就活でアピールすることは可能ですし、それは男女ともに同じです。男女に関係なくバイトリーダーの経験は就活のアピールになりますので、アピールの題材として使っていきましょう。 ただ注意が必要なのはバイトリーダーという肩書自体は何のアピールにもならないということです。単にバイトリーダーを任されていたといっても、それだけでは就活でのアピールとしては不十分です。バイトリーダーを任され、そこでどんなこと経験したのか、そこから何を学んだのかなどをアピールすることが大切です。 バイトリーダーを任されていたことはあくまでプラスアルファの要素ですので、肩書だけではなく、経験をしっかりとアピールしていきましょう。

就活の自己PRに使えるバイトリーダーの資質と強みは?

バイトリーダーは肩書だけでは就活のアピールとして使用することは難しいですが、経験を交えて話せば高評価を獲得することができます。またバイトリーダーを任されるということは、その資質があったということであり、バイトリーダーだからこそ経験できるものもあります。 他のバイトとは違った経験を話せば、採用担当者の印象にも残りやすいですし、アピールとしても他の就活生と差別化を図ることができます。バイトリーダーは肩書としては何の意味もないものですが、バイトリーダーならではの資質や強みを踏まえてアピールしていくことで、就活にも役立てることができます。 バイトリーダーを任される資質や強みは何かを知り、それをアピールにつなげていきましょう。

意識高い

バイトリーダーを任される資質としては、他の人よりも意識が高いことが挙げられます。アルバイトであれば適当に済ませて給料をもらうだけという人も少なくありませんが、バイトリーダーを任されるのであれば、アルバイトであっても真剣に取り組み、売り上げなどに貢献しようとした、意識の高さがあることがわかります。 意識の高さはそのまま向上心の高さですので、バイトリーダーの経験から自身の向上心の高さをアピールしていくといいでしょう。向上心は仕事をするには必要不可欠なものではありますが、それが人一倍高いのであれば、アピールすれば高評価を獲得することができます。 新卒の就活の場合は仕事に対する意欲を伝えることが大切ですので、意識の高さも立派なアピールになります。

苦労

バイトリーダーでは他のアルバイトよりもさまざまな仕事をしなければなりませんし、通常よりも忙しくなることが多いです。その苦労の経験は就活でもアピールできますので、バイトリーダーとして働くにあたってどんな苦労があったかを伝えていきましょう。 また単に苦労話をするだけではなく、それをどうやって乗り越えたのかを伝えることも大切です。苦労や起こった問題に対してどうやって対処したのか、解決したのかを伝えることで問題解決能力をアピールすることができます。 仕事はスムーズに進むことだけではなく、ときには壁にぶつかることもあります。そのときに諦めるのではなく、解決していけることが大切ですので、苦労した経験から問題解決能力の高さをアピールしていきましょう。

厳しい

バイトリーダーの資質としては、他人に厳しくなれるということも挙げられます。バイトリーダーはアルバイトのリーダーの存在を任されたものであり、業務に対して甘かったり、他のアルバイトに対して甘いようでは務まるものではありません。 何かに対して厳しくなることができたり、相手のために厳しくすることができるのは、物事や人に対して真剣に向き合っている証拠です。他人に厳しくなれることから物事に向かうひたむきさ、一生懸命さなどをアピールすることができます。 また他人を叱れるというのは立派な資質ですし、将来部下を持ったときなどにも必要な能力です。真剣に向き合うことで真面目さや誠実さをアピールすることができますし、厳しさもアピールしていきましょう。

初回公開日:2017年10月31日

記載されている内容は2017年10月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング