IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就職試験の作文の書き方・起承転結と書き始め・よく出るテーマ

初回公開日:2017年10月16日

更新日:2020年03月05日

記載されている内容は2017年10月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書類選考・ES

就職試験において「作文」が出題されることがあります。社会人としてスタートを切るための試験のひとつですから、作文の書き方・起承転結と書き始め、よく出るテーマについては対策を練っておく必要があります。どのように書き進めていけば良いのか、ご紹介することにします。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就職試験の作文の書き方

就職試験の作文のテーマと文字数は当日に発表されます。事前に準備されてしまうと就職試験の目的である貴方の人柄を伺うことができません。また自由なテーマでの出題もありません。ところで、作文にはどんな定義があるのでしょうか。 作文と似たものに論文があります。まず、作文と論文の違いを説明します。この違いが分からないと就職試験に支障をきたしてしまいます。 作文は、自分の経験に基づいて感じた事、考えを述べる文章です。それに対し論文は、ある意見・見解に対し自分の判断を下し、そう判断した根拠・理由を述べる文章です。 です・ます調、だ・である調の区別も頭に入れておきましょう。~だ、~である、~だろう、は論文形式になります。文末を、~です、~ます、で終わらせる方が、より作文らしくなります。

就職試験の作文を上手く書くコツ

起承転結

起承転結は四文字熟語として学習しました。分かり易くいうと四コマ漫画です。けれど正しく説明するのはなかなか難しい言葉です。起承転結は、物語の構成の仕方を表します。 起:物語の前提の説明です 承:事件が発生します 転:事件が解決されます 結:そして、どうなったか、結末です ここで注意しなければいけないのは、起承転結の配分は1/4ではないということです。就職試験の作文は起承転結に従って書き進めていきますが、起と結が長すぎると意味が伝わりにくくなってしまいます。配分としては、起:10%、承:40%、転:40%、結:10%が好ましいとされます。

書き始め

就職試験の作文の書き始めは、起承転結の起の部分にあたります。たとえば、就職試験の作文のテーマが「10年後の自分」だった場合、90%以上の人が「10年後の自分は」と与えられたテーマの結論から書き始めてしまいます。 こう書き出してしまうと、あとは理由を述べるしかなくなり、人を引き付ける魅力に欠けた文章になってしまいます。就職試験の作文の起の部分を工夫することが合格のポイントになります。

語彙力

就職試験の作文の書き出し部分は、セリフ(会話)やエピソードから入ると読み手にインパクトを与えます。知らず知らずの内に読み手を作文に引きずり込んでいきます。作文の冒頭部分に必要なものは語彙力です。上手に言葉を使うと読み手にも考える余地を与えます。 単純な言葉を並べただけの文章には人を引き付ける魅力がありません。嬉しい、楽しい、悲しいという形容詞での表現を避け、別の言葉で言い換えましょう。たとえば「楽しかった」は「ワクワクして眠れなかった」と表現できます。 形容詞の 羅列は陳腐な印象しか与えません。就職試験の作文で合格を得るためには、書き始め部分に工夫をこらし、作文全体を生き生きとさせる必要があります。

作文を書く時に必ず確認すること

時間

就職試験の作文は制限時間内に書き上げなければなりません。会社側が作文を書かせる意図は、制限時間内に制限文字数で与えられたテーマに対し的確に答えられているかを判断するためです。 事実と意見を区別しているか、理論的な表現ができているか、文章力、漢字の知識、正しい送り仮名、文末などから貴方の一般常識が問われます。同時に人柄を判断する意味も込められています。

関連タグ

アクセスランキング