IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活の作文の書き方・書き出しのコツ|就活時の作文のテーマと対策

初回公開日:2017年05月31日

更新日:2020年06月11日

記載されている内容は2017年05月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書類選考・ES

就活では作文はとても大事だと言われています。就活での作文の書き方をどうすれば良いのか困っている方も多いのではないでしょうか。この記事では、就活の作文でなにをすればいいのかについて紹介します。就活の作文でのコツを知りたいという方は、ぜひ読んでみて下さい。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就活の作文の書き方

就職試験で用いられる作文は自分の考えや意気込みをアピールできる絶好のチャンスです。しかし、苦手意識を持っている人も少なくありません。作文はちょっとしたコツや書き方を身につけてしまえば、苦手意識を減らすことが可能です。

①:「グレーではなく、白黒ハッキリさせると印象アップにつながります」

誰からも好かれるような文章を書こうとして自分の意見があるようでないという内容になってしまいがちです。自分の考えにきちんとした根拠や理由を述べ、白黒ハッキリさせた文章を書くことをおススメします。 自分の意見に賛同してくれる人もいれば、そうでない人もいます。しかし、こだわるべきポイントは、好かれる文章ではなく、自分の考えを持ち、伝えることができる一人の大人ということを分かってもらうことなのです。

②:「どんなテーマでも「仕事」につながる内容にします

どのようなテーマが与えられても、就活試験の作文であることを忘れてはなりません。必ず「働く」「仕事」ということにつながる内容にします。仕事とは一見無縁そうな「家族」や「友達」というテーマであったとしても、彼らとの関係を通して自分の仕事にどう活かしたいのか、社会人としての自分にどのような影響を与えたか、など「仕事」「将来」「目標」といった方向性に持っていくように書くと良いでしょう。

就活の作文の書き出しのコツ

1つは「読みたい」と思わせる文章力、そして、目を引くような興味深い書き出しの2点です。 採用担当者は、限られた時間で大量の作文を読まなければなりません。1枚2分で読んだとしても、100人分読むとなると200分、つまり3時間以上かかってしまうのです。似たような内容であれば、殆どの作文が心を打たれずに埋もれていってしまいます。そこで、重要となるのが、作文の冒頭部分です。この冒頭部分にインパクトを与えるような文章を書くことです。冒頭でインパクトを与えることができれば、その後も興味を持って読んでくれる可能性が高まるからです。綺麗にまとめることも大切ですが、インパクトのある文章の方が引きつけられる可能性はグッと高くなると言えます。

就活の作文のテーマ

就職試験の作文には一つのテーマが与えられます。傾向として、以下2通りの系統のテーマが出されることが多いと言えます。

①:仕事に対する意欲や考えを知るテーマ例えば「自分にとって働くとは」「○年後の自分の姿とは」「私の夢、目標」「これからの企業に必要なこと」「私の理想の社会人」「当社に期待することは」「会社あるいは業界の未来について」「私の職業観」といったテーマが挙げられます。

②:「その人の人間性や価値観を知るテ-マ」例えば「学生時代の思い出、頑張ったこと」「家族、友人について」「最近気になったニュース」「一番感動したこと」「一番深く勉強したことは」「学生時代で得たもの」「これまでに苦労したこと」「最近読んだ本」「最近観た映画」といったテーマが挙げられます。

関連タグ

アクセスランキング