IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

身元保証人|誰に頼むべき・必要なのはどんな時?・無職の場合

社会人常識

身元保証人ときいて「保証人」というワードにドキッ、借金の連帯保証人とはちがいます。身元保証人は就職の際に必要になりますが、いったい誰に頼んだらいいのでしょう。ここでは身元保証人は誰に頼むべきか身元保証人の責任や種類についてまとめました。

更新日時:

身元保証人は誰に頼むべき

企業で人を採用する際、特に正規雇用社員の入社に際して身元保証書の提出を義務付けている会社は少なくありません。特に大手企業は必須と考えて良いでしょう。 身元保証人ときいて「保証人」というワードに思わずドキッと、ローンや借金の保証人のイメージで身構えてしまいます。身元保証人はローンや借金に必要な連帯保証人とは全く別なものですので安心してください。 身元保証人は就職の際に必要になりますが、いったい誰に頼んだらいいのでしょう。ここでは身元保証人は誰に頼むべきかについてとりあげます。

親に身元保証人を頼む

最も頼みやすいのが、同一世帯の親に身元保証人になってもらうことが自然といえます。両親のどちらかが仕事をしていている場合は仕事をしている方の親、どちらとも仕事をしている場合は収入の高い方になってもらうのが望ましいです。しかし両親が無職状態、現在入院中といった場合には身元保証人として不適格と評価される場合があります。 会社によっては「収入のある親以外の人物」や「2名」「本人と別世帯」「二親等以内の親族を除くこと」「関東圏に住居がある人物」と条件つきのケースもありますのでその場合は親に相談すると良いです。親しか知らない大人同士の人間関係もあるので、あなた自身で決めるよりは良い方法といえます。 また、身元保証人の印鑑証明を提出する場合や住民票、所得証明を求める会社もあります。まれに本人や身元保証人の本籍地や戸籍を要求される場合があります。これは昔、徴兵のために設けられた制度で最近では不要な個人情報の取り扱いとして廃除する企業が増えています。

入社時の印鑑証明

身元保証人の印鑑証明も提出書類として要求されることもありますが、印鑑証明は身元保証人の本人確認のために必要とします。 また入社時には入社する本人確認のために印鑑証明の提出が必要となります。実印を購入して市区町村役場に登録しておくという準備をしておきましょう。印鑑証明書は本人確認書類としては、最も機能する書類のひとつです。 今までは学生なので実印はない、親の印鑑を使用していたというケースがあります。入社の身元保証契約の場合、身元保証人と本人が同じ実印を使用するのは好ましくありません。就職が内定したら、本人個人の印鑑証明が必要ですので押さえておきましょう。

親が年金受給者

年金も収入ですので身元保証人になれないわけではありません。しかし身元保証人にどこまで求めるかは会社によって異なるので会社の条件をしっかり確認し、不明な点は担当者に聞くとよいでしょう。

配偶者に身元保証人を頼む

配偶者に身元保証人を頼む

配偶者が仕事をしており、収入がある場合は身元保証人になってもらえます。しかし専業主婦の配偶者の場合は収入がないので残念ながら身元保証人としては適任ではありません。 しかし会社によっては、身元の正確さを重視するための身元保証人と位置付ける場合があり、そういった会社にとっては配偶者の存在は収入がなくとも身元保証人として最も望ましいとされます。身元保証人にはどういった人が好ましいのか会社の担当者に聞いてみると良いでしょう。

兄弟に身元保証人を頼む

仕事をしており収入がある兄弟に身元保証人になってもらうことは可能です。その場合20才未満は認められないので注意が必要です。また高齢すぎるのも好ましくないとされるのが一般的ですが、資産を持ってる高齢者なら可能という会社もあります。これは祖父母の身元保証人をお願いするときも同じといえます。

親族に身元保証人を頼む

義父、義母、叔父、叔母、祖父、祖母、従妹で仕事をしており、収入があるなら身元保証人になることは可能です。優先順位としては収入の安定性、年齢が若い順で適任と考えるのが良いでしょう。お願いをするには仲が良い親族でしたら電話でも構いませんが、何年も会っていない親族なら親からも依頼をしてもらうと良いでしょう。また、手紙で依頼をすると信用がもてます。

叔父さんに身元保証人を依頼する文 例

〇〇〇叔父様 お元気ですか。お変わりなくお過ごしでしょうか。 今年は、晴れて大学卒業し就職を迎える年になりました。先月、就職試験で東京へ行って参りました結果、自分で言うのも何ですが、見事試験に合格し就職の内定を頂きました。これも、いつもお世話になりっぱなしの〇〇〇おじさんの応援のお蔭と、感謝の気持ちで一杯で御座います。 本日は折り入てお願いがございましてお手紙いたしました。就職の際、身元保証人が必要との知らせがあり、身元保証人のお願いを頼めるのは○○叔父さんしかいないと思いペンを執りました。出来ましたら保証人を引き受けて頂けないかとのお願いでございます。 就職したからには一生懸命に働くつもりですし○○叔父さんには一切ご迷惑をお掛け致しませんことをお約束いたします。どうか御承諾いただけますようお願い申し上げます。なお、受けて頂けるのであれば、提出の期日もありますので、書類を持って伺いたいと思います。 本来、直接のお願い申し上げるところですが、まずは書中にてお願い申し上げます。近いうちにご連絡させて頂きます。末筆ながら皆様のご健康を心からお祈り申し上げます。今後も、よろしくお願いいたします。 敬具 平成Ο年Ο月Ο日 ОΟОΟ 〒000-0000東京都ΟΟ区Ο丁目Ο番 TEL03-0000-0000

婚約者に身元保証人を頼む

身元保証人の条件や資格の指定がなければ、誰でも身元保証人になることができるので婚約者でもなれます。仕事していて収入があり、成人していて犯罪者でなければ適任です。会社によって条件が違う場合もあるので確認をしましょう。

友人に身元保証人を頼む

友人に身元保証人を頼む

友人に身元保証人になってもらうことは可能です。その場合、身元保証人の条件である・仕事をしている・収入がある・成人である・犯罪者でないの他に会社によっての条件がある場合もあるので会社の担当者に友人でも可能かどうか確認をする事をおすすめします。

恩師に身元保証人を頼む

恩師に身元保証人を頼む

恩師である先生に身元保証人をなってもらうことは可能ですし適任といえます。しかし、何年も連絡をしていない、一度担任になってもらった程度の先生を恩師として突然お願いをするのは非常識にあたります。関係性の深い恩師であれば喜んで引き受けてくれることもありますが、そうでない場合は失礼にあたるので気をつけましょう。 関係性の深い恩師に身元保証人をお願いし承諾してもらうには直接会ってお願いする。お手紙を書く。といった方法があります。決してメールやlineでお願いするようなことはやめましょう。

恩師の身元保証人依頼状 例文

拝啓  初春の候、○○先生におかれましては、その後お健やかにお過ごしのことと拝察いたしております。 さて、本日は折り入てお願いがございましてお手紙いたしました。この度、私はΟΟ大学を卒業し、東京のΟΟ株式会社に入社することとなりました。入社に際し、会社から身元保証人となる人を書面で提出するよう指示されておりますが、その条件が関東近辺にお住まいの人と限られているため、大変苦慮しております。 私の親戚縁者は、地元に集中しておりましてこの様なことをお願いできる方が見当たりません。そのため、ぶしつけとは思いましたが、ワラにもすがる思いでΟΟ先生にお手紙した次第です。 就職しましたら、仕事に全身全霊を傾けΟΟ先生にご迷惑は一切おかけしないことをお誓い申しますので、何卒、身元保証人をお引き受けいただけますようお願いいたします。できましたら近日中にご意向をお聞かせくださいますようお願い申し上げます。ご受諾いただけますのあれば早急に書類を持って、ご指定の場所にお伺いいたします 。 略儀ながら、まずは書中をもちましてお願い申し上げます。 敬具 平成Ο年Ο月Ο日 ОΟОΟ 〒000-0000東京都ΟΟ区Ο丁目Ο番 TEL03-0000-0000

代行「身元保証代行サービス」

両親がいない、頼んでみたが断られた、頼める人がいない。こんな時はどうしたらよいのか頭が真っ白になってしまいます。そんな時は民間の会社で身元保証人となってくれるサービスを利用しましょう。 「保証人代行サービス」を提供している会社には、「賃貸不動産物件の保証人」と「就職時における身元保証人」のふたつの領域があります。就職時における身元保証人サービスを行っている代行サービスを確認して依頼すると良いでしょう。代行サービスは有料です。

「就職時における身元保証人」代行サービス料金の例

〔A社 就職時の身元保証人料金〕 保証人代行料男性9,000円・女性7,000円 主に金銭を扱う職種 25,000円  多少金銭を扱う職種 20,000円 一般的な職種 15,000円 有効期限は五年間です。 保証人承諾書に署名捺印して返送時のお支払です(来社契約も可能) 〔B社 就職時の身元保証人保証料金〕 就職一般15,000円 多少金銭を扱う職種20,000円 主に金銭を扱う職種25,000円 就職(その他)30,000円 アルバイト(週3以下)10,000円 保証人一人追加15,000円 登録料10,000円別途・消費税別途 有効期限は5年間 最近はネットでの申し込みに対応している代行サービスもあります。利用を考えている場合はホームページでサービスの内容をよく確認しましょう。就職して給与をもらうので支払えない金額ではありませんので利用するのも選択肢のひとつでしょう。

身元保証人は誰でもなれる?

身元保証人は誰でもなれる?

身元保証人は誰でもなれます。身元保証人の条件は ・仕事をしている ・収入がある ・成人である ・犯罪者でない の条件と契約する相手側、例えば入社する会社が指定する条件をクリアしていれば可能です。

身元保証契約書に続柄をかく

身元保証契約書に続柄を書く欄があり、なんて書いたらよいのだろうと困ります。身元保証契約書は身元保証人と会社が交わす契約でので身元保証人からみた続柄になります。 また、雇用契約書に身元保証人と本人の続柄とある場合は、本人から見ら続柄になります。

続柄

続柄は「ぞくがら」と一般的に読まれてますが、正式には「つづきがら」と読みます。就職、転職、アルバイトの際の身元保証人からみた続柄をあげてみました。

身元保証人から見た続柄

身元保証人本人との続柄
両親
姉・兄弟・妹
祖父母
叔父・叔母甥・姪
いとこ従兄(年上の男のいとこ) 従弟(年下の男のいとこ) 従姉(年上の女のいとこ) 従妹(年下の女のいとこ)
友達知人・友人
彼氏・彼女知人
同性相手知人・同居人
先輩・元上司知人・元部下
恩師教え子

続柄は身元保証人からみた続柄か、本人からからみた続柄で違ってきますので注意しましょう。

身元保証契約書の書式

身元保証契約書は、会社によって全く違い、正しい例も存在しません。大手企業でも雇用契約書に身元保証人のサインと捺印だけで良い場合、小規模企業なのに法的効力のある書類を求められたりとパターンはさまざまです。入社の際に身元保証契約を結ぶのは特別ではなく当然のことです。入社トラブルを避けるためにも会社が提出してくださいと要求されたら期限を守って提出するのが賢明です。

身元保証人が必要なケース

身元保証人が必要なケース

「身元保証人」は就職時、学校入学時、奨学金、入院などに必要になります。身元保証人という言葉に初めて出会うのは会社に入社するときという人がほとんどでしょう。ここでは就職、転職、アルバイト、永住権の身元保証人について紹介します。

就職

就職の内定決定の連絡が来た時点では、まだ社員ではありません。入社を承諾して雇用契約、および身元保証契約を結び、はれて社員となります。多くの人は入社したいので、契約するのは当然として身元保証契約を結びます。身元保証契約は雇用契約の一部と理解してよいでしょう。

就職での身元保証契約の内容

多くの会社の身元保証の契約には ・被保証人が会社の就業規則を守り、忠実に勤務すること ・被保証人が会社に損害をかけた場合、その賠償責任を負うこと を「身元保証人」に約束してもらうといった旨が記載されています。 入社したあなたが故意に不祥事をおこし会社に損害を及ぼした場合、損害を賠償しなければならなくなった事態に、身元保証人は債務を肩代わりする責任があります。 入社後、その人が会社に損害を及ぼす危険がある、たとえばお金を使い込む可能性がないとも限らない、商品を壊す、嘘の契約をでっちあげ逃亡する可能性もなくはない、そういったことの備えとして会社側は身元保証契約を結びます。 もちろん、そんな不祥事を起こしたいと願って入社する人はいませんが、信用をしてくださいという意味も込められます。「この人は素性や経歴がちゃんとしています」といった身元保証人からの推薦状でもあります。 会社側にとって身元保証人とは、万が一の備えのための保険であり、入社時に契約書を提出させることにより、社員の働く意識を高めるために提出させるものだと理解しましょう。

身元保証契約を結ばないとどうなる?

身元保証人をたてて契約を交わす身元保証契約は雇用契約の一部です。何らかの事情で契約を結べない、結びたくないと考える人もいることでしょう。 この場合、会社の対応は2とおりあり「内定の取り消し」 「身元保証契約なしでも入社」と会社の考え方で開きがあります。会社の規模が大きいほど「内定取り消し」の確率が高いといえます。断固と契約を結ばないと決断する前に担当者や人生経験の豊富な先輩などに相談することをおすすめします。

万が一不祥事をおこしたら

入社内定者が会社に損害をかけた場合、代わりに責任を負う人のことを「身元保証人」といいます。万が一の時は会社から損害の全額を請求されるのでしょうか。心配になりますが法律上ではこうなっています。 裁判所は、身元保証人の損害賠償の責任およびその金額を定めるとき、被用者の監督に関する使用者の過失の有無、身元保証人が身元保証をするに至った事由、およびそれをするときにした注意の程度、被用者の任務または身上の変化その他一切の事情をあれこれ照らし合わせて取捨する とされているので実際には身元保証法で負担すべき責任の範囲が限定されています。

身元保証契約の有効期限は

身元保証の期間は5年を上限としており、5年を超えた部分は無効となります。もし契約に期間の定めがない場合には、保証期間は3年です。契約内容に更新の必要性について明記されていなければ自動更新はありません。

身元保証人は途中で辞退できる

責任や負担が重いといった何らかな事情が発生した場合身元保証人は解除を申し出ることができます。その場合、別の身元保証人を用意することが必要となります。

転職

転職

身元保証は会社との雇用契約の一部ですので転職の場合、会社からの要求どおり契約をする必要があります。会社によっては身元保証契約を求めないところもあります。また身元保証人の条件や内容もちがってくるので確認が必要です。

転職での身元保証契約の内容

多くの会社の身元保証の契約には ・被保証人が会社の就業規則を守り、忠実に勤務すること ・被保証人が会社に損害をかけた場合、その賠償責任を負うこと を「身元保証人」に約束してもらうといった旨が記載されています。 書式は会社によってさまざまです。法的効力の高いものもあれば、サインと印鑑だけの場合もあります。

身元保証契約書の提出を拒んだら

前の会社では提出義務がなかったから提出しないと会社に掛け合っても解決はされません。雇用契約制度のとらえかたはは会社によって全く違うからです。あなたが入社したいと決めた会社との雇用契約の一部ですので、提出を求められたら応じることが良いでしょう。

身元保証人の有効期限と解除

身元保証契約の有効期間は、期間を定めていない場合は3年間、期間を定めてる場合の上限は5年間とされており、どちらも自動更新はされません。また、身元保証人は何らかの事情が発生した場合、途中で解除を申し出ることができます。その場合は別の身元保証人を用意する必要があります。

アルバイト

アルバイト

アルバイト先が身元保証人を求めてくるのには、相当の理由があります。最近は、SNSによるたったひとつの投稿が原因で飲食店などの店舗が閉鎖に追い込まれる被害が発生しています。履歴書だけでは経歴詐称をする人もいます。雇う側としては身元のしっかりした人を雇用したいと願うので身元保証人の提出要求は当然といえます。 また現金の取り扱いがある、高額な商品を取り扱う場合、何らかの保証をかけておきたいのが雇用主の心情といえます。責任の大きいアルバイトほど身元保証人を求められる確率が高いといえます。

アルバイトの身元保証人は誰に頼む

両親のどちらかにお願いするのが一番理想的でしょう。両親のうちで、経済力の高い方にお願いしましょう。身元保証人はアルバイトをする本人に過失がなければ責任を負う必要がないので、親や兄弟だけでなく、先輩や友人などが身元保証人になるケースも珍しくありません。

注意

近年、身元保証契約を利用した悪質なブラック企業もあります。アルバイト業務の中に折り込みずみのものとして考えられる些細なミスを業務上の過失とされ責任を負わされ、給与から天引き、辞職すると弁償金として身元保証人に請求するといったケースです。こういったケースにあわないためにもアルバイトをする会社をよく見極めることが必要です。

永住権

外国人の人が日本で永住権を申請しようと考えている場合、永住許可申請をする前に身元保証人を確保することが必要です。この場合の身元保証人は、外国人の人が日本で安定的、継続的に日本で生活できるよう、外国人の経済的保証や法令の遵守などの生活指導を行う人のことです。 身元保証人という理由だけで損害賠償を請求されることもありませんし、外国人の人が何かの罪を犯しても身元保証人が法的責任を問われることはありません。

永住許可申請の身元保証人になれる人

・日本人または永住者である人物 ・日本で安定した収入の証明ができる人 日本で安定した収入があることを証明できる書類の提出が必要 ・配偶者(日本人または永住者) 配偶者ビザ(日本人の配偶者か永住者の配偶者)から永住ビザ申請をする人で、申請人本人の収入で生活を行っている場合は配偶者が仕事をしていなくても身元保証人になることができます。 ・中長期在留資格をもった人物 入国管理局によっては中長期在留資格の人物が身元保証人になれることもあります。しかし期限付の在留資格の身元保証人の場合、継続が難しくなるため認められる確率は低いので注意が必要です。 ・代行サービス 永住者・定住者・短期滞在に必要な身元保証人の代行サービスがあります。代行サービスは有料です。HPから相談もできますし、申し込みもできます。

身元保証人に連絡がいくのはこんな時

身元保証人をお願いしたのはいいが、頻繁に連絡をされては身元保証人に迷惑がかかる、負担を増やしては申し訳ないと考える人も多いです。はたして、どんな時に身元保証人に連絡がいくのでしょうか。

故意に起こした不祥事

業務上横領や情報の漏洩、粉飾、株価操作など故意に起こした不祥事の時には身元保証人に連絡がいきます。また、報告をする義務が会社側にもあります。常識的な企業であれば通常起こりうるような些細な過失では連絡は来ません。普通に働いていれば、実際のところ身元保証人に連絡がいくことはほとんどないと考えていいでしょう。

職務不適格

客観的にも社会通念上相当と認められた「職務不適格」の場合に連絡がいきます。たとえば営業職なのに営業をせず毎日パチンコをしているなど就業規則を全く守らない場合です。何度か注意や指導をうけても改善が見られない、労働者の監督が困難となったときに通知がいきます。

協力依頼

最近では労働者のメンタル不調によるトラブルが増加しています。メンタルの不調が原因で業務での安全確保が難しいとされた場合や業務上過失に繋がりかねない場合は身元保証人に協力を求めるケースも想定されます。

身元保証人は無職でもなれる?

身元保証人の条件は会社によって全く違います。親なら無職でも可能という会社もありますし、血縁よりも安定した収入がる人物を条件にしている会社もあります。また年金受給者を収入がある人物ととらえる会社もありますし、年金受給者は不可という場合もあります。 資産があれば可能というケースもあります。契約書の内容をよく読んで、条件が明記されていない場合は直接担当者に聞いて確認をとりましょう。

入社トラブルにならないために

個人が起こした不祥事により会社全体のイメージや業績まで悪化して、それまで真面目に積み上げてきた会社の信用が台なしになるケースがあります。会社に勤めている多くの人が職を失うなど雇用する側のダメージは計り知れません。身元保証契約をとおして素性の知れた人を雇用したいと考える会社側の思いは当然といえます。 入社の際に身元保証書の提出を要求された場合は、速やかに適任者を探すことが大切です。まだ内定が出ていなくても、あらかじめ身元保証人をピックアップしておくことも大事、そしてあらかじめ「入社の際には身元保証人のお願いにあがります」と伝えておくことで、慌てなくてすみます。提出期限に間に合わないと入社トラブルの原因にもなりかねません。 せっかく決まった就職先です。身元保証人の意味と契約の内容をよく理解してスムーズに契約を交わし、気持ちよく社会人ライフをスタートさせましょう。

アクセスランキング